Canonレンズ Canon広角レンズ Canon標準レンズ Canon関連の情報 カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンのアポダイゼーション光学素子を持つレンズの特許情報【海外機材情報】

Canon Rumorsがキヤノンの気になる特許情報をピックアップしています。

キヤノンが幾つかのEFマウント用アポダイゼーションレンズの特許出願中だ。

  • 50mm F1.4
  • 35mm  F1.4
  • 24mm F1.4

US Patent Application 2018-0067333

とのこと。

アポダイゼーション光学エレメントはレンズ内部の特殊なフィルターでボケ味を人工的に綺麗にするためのものですね。光透過が低下する欠点を持つものの、普通のレンズ構成ではまず実現できないようなボケ味を味わうことが出来ます。

現在EFマウントに装着できるAPDレンズはLaowa 105mm F2 STFだけですのでキヤノン純正レンズとして登場すると選択肢の幅が広がりますね。

面白いことに広角~標準レンズの焦点距離で特許出願されている模様。この手のレンズはボケを大きくしやすい中望遠~望遠レンズを採用するケースが多いのですが…。特に35mmや50mmは使いやすい画角で人気が出るかもしれません。

既存のAPDレンズ

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Canonレンズ, Canon広角レンズ, Canon標準レンズ, Canon関連の情報, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~