「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon関連の情報 カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

キヤノンの回折素子を使った近赤外光撮影用レンズの特許出願が公開される

投稿日:

2019年6月6日付けでキヤノンの気になる特許出願が公開されています。

スポンサーリンク

将来的に近赤外光用レンズが登場する?

  • 【公開番号】特開2019-86707(P2019-86707A)
  • 【公開日】令和1年6月6日(2019.6.6)
  • 【発明の名称】回折光学素子を備えた撮像装置
  • 【出願番号】特願2017-216065(P2017-216065)
  • 【出願日】平成29年11月9日(2017.11.9)
  • 【課題】近赤外帯域の光の回折効率を向上させ、夜間でも光量を効率的に確保することが可能な撮像装置を提供する。

交換レンズ式デジタルカメラ用とは記載しておらず、文献内では「光学系100の断面図は車載カメラや監視カメラなどの撮影光学系」とあります。

ただし、この技術を用いたレンズとデジタルカメラの装着例もあったりします。例はレンズ固定式となっていますが、交換レンズシステムでも可能だそうな。Canon Rumorsが「天体撮影用EOS Rが登場する」と言った噂もありますし気になるところですね。とてもニッチな製品となりそうですが…。

文献を読む限りでは400~900ナノメートルの波長帯域を撮像できるようになる模様。赤外カットフィルターを光路上に配置できる機構を備えているようですね。(図面で言うと「51」)これにより通常の可視光撮影も可能となっています。

スポンサーリンク

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Canonレンズ, Canon関連の情報, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報