「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報

タムロンの4/3センサー用300mm F4・400mm F4.5・500mm・F5.6の特許出願が公開される

投稿日:

4月25日でタムロンの気になる特許出願が公開されています。

スポンサーリンク

タムロンがMFT超望遠を考えている?

  • 【公開番号】特開2019-66676(P2019-66676A)
  • 【公開日】2019年4月25日
  • 【発明の名称】インナーフォーカス式結像光学系及び撮像装置
  • 【出願日】2017年10月2日
焦点距離 F値 像高 全長
実施例1 291.00 4.12 11.15 234.63
実施例2 291.00 4.12 11.15 244.95
実施例3 290.99 4.12 11.15 234.15
実施例4 290.98 4.12 11.15 234.15
実施例5 387.90 4.62 11.15 255.03
実施例6 388.00 4.62 11.15 265.00
実施例7 485.00 5.80 11.15 275.00
実施例8 485.02 5.80 11.15 275.00

ざっと見る限りでは産業用では無く民生用スチルカメラ向けの超望遠単焦点レンズのように見えますね。

文献や像高を確認するとマイクロフォーサーズ用のレンズっぽく見えます。画角は35mm判換算で600mm・800mm・1000mmに相当する超望遠単焦点。マイクロフォーサーズ用レンズをあまりリリースしないタムロンが急にこのカテゴリのレンズを登場させるとは考えにくい。しかし、望遠レンズの小型化はセンサーサイズの影響を大きく受けるため、マイクロフォーサーズシステムの利点であり、価格とサイズ次第で需要は一定数あるかもしれません。

ちなみに300mm F4はオリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」とレンズ構成が全く異なります。

また、タムロンの分割特許として5月9日付けで回折光学素子に関する出願が公開されています。以前にも話題となった特許出願ですが、今回の超望遠レンズの特許出願に採用はされていない模様。

スポンサーリンク

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報