「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン17-28mm F/2.8 Di III RXDは部分的にソニーGMと同程度の解像性能を発揮する【海外の評価】

Sony Alpha Blogがタムロンのミラーレス用交換レンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」のレビューを掲載しています。

  • タムロン2本となるソニーFE用ズームレンズだ。コストパフォーマンスの良い28-75mm F2.8 RXDをうまく補完している。
  • オートフォーカスは静かで信頼できるものだ。
  • ビルドクオリティは良好である。
  • シャープネス:α7R III
    ・中央:F2.8から非常に良好で、F4-F8まで優れたパフォーマンスを発揮する。F11で少し低下し、F16から回折の影響が見られる。
    ・四隅:F2.8は中央よりシャープネスが低下するものの、F4まで絞ると非常に良好だ。唯一の弱点は24~28mmのよすみくらいだろう。
    ・全体的にとても一貫性のあるシャープネスである。
  • 周辺減光は特に17mmで目に付くが、F2.8で穏やかとなり、F4で解消する。
  • 色収差はテスト中に全く目に付かなかった。
  • 歪曲収差は中程度の樽型だ。
  • 逆光耐性はとても良好である。
  • F16まで絞ると素敵な光条が出来る。
  • 広角レンズとしてはボケが綺麗である。玉ボケは良好な円形で柔らかい描写だ。
  • 発色やコントラストはとても良好だ。
  • FE16-35mm F2.8 GMとの比較
    ・GMは遥かに重くて大きなレンズだ。そして頑丈なレンズである。
    ・ボケはよく似ている。
    ・発色はどちらも非常に良好だが少しGMの方が優れている。
    ・中央シャープネスは全てのズームレンジ・絞り値でとてもよく似ている。
    ・四隅は17~20mmでほぼ同じパフォーマンスだが少しだけGMが良好だ。
    ・四隅24~28mmはF2.8においてGMのほうは1グレード良好である。F8まで絞ると違いは僅かだ。
    ・これらの違いは僅かであり、4200万画素や6100万画素でしか見分けがつかない。2400万画素のα7 IIIでは違いが無い。
    ・高画素機を使わず、16-35mmの古典的なズームレンジでなくても問題なければ、より安価なタムロンで満足できるはずだ。
  • 動画との相性はとても良好だ。

ソニーGMの僅か1/2.5の価格で非常に優れたパフォーマンスを発揮するレンズである。秋からにズームレンジは狭いが、28-75mm F2.8 RXDと組み合わせることで補完関係となるはずだ。

24~28mmにおける絞り開放のシャープネスはGMに敵わないが、α7 IIIのような2400万画素センサーならば少しの違いも分からないだろう。16-35mm F4 ZAより良好なパフォーマンスである。

全体的にコストパフォーマンスが良好で強くおススメできるレンズだ。

長所:価格・小型軽量・とても優れたシャープネス・限定的な歪曲と周辺減光・色収差が見られない・とても良好なボケ・とても良好な発色

短所:ズームレンジが狭い・24~28mmにおける四隅のパフォーマンス

Sony Alpha Blog:Tamron 17-28mm F2.8 Di III RXD

とのこと。

私もこのレンズとα7 IIIでレビュー記事を作成中ですが、確かにシャープネスは2400万画素のカメラだと粗(24~28mmにおける四隅)が目立ちません。コンパクトで手ごろな価格の大口径ズームレンズとしては非常に良好なパフォーマンスだと感じます。

個人的に意外だったのは絞ると綺麗な光条が出来ること。F11まではもやっとした光条ですが、F16以降はとてもシャープな光条となります。広角レンズでこの特性は考慮すべきポイントだと思うのです。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)のレビュー・作例を集めるページはコチラ

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連レンズ

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.