「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン17-35mm F/2.8-4 Di OSDはズーム全域でハイパフォーマンスなレンズ【海外の評価】

投稿日:

ePHOTOzineがタムロンの交換レンズ「17-35mm F/2.8-4 Di OSD」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

ズームレンジ全域で良好な性能

  • 460gと小型軽量なレンズだ。操作性は良好で全ての動作が滑らかに感じる。
  • Nikon D810との組み合わせで操作に問題はない。バランスは良好だ。
  • シャープネス:
    ・17mm:中央はF2.8-F11までexcellent、F16でvery goodだ。四隅F2.8でgood、F4でvery good、F5.6-F8でexcellent、F11-F16でvery goodだ。
    ・20mm:中央はF2.8-F11までexcellent、F16でvery goodだ。四隅はF2.8-F4でvery good、F5.6-F11までexcellentだ。F16でvery goodとなる。
    ・24mm:F3.2-F11までexcellent、F16はvery goodだ。四隅はF2.8-F4でvery good、F5.6-F11までexcellent、F16でvery goodだ。
    ・35mm:F4-F16でexcellent、F22でgood。四隅はF4-F8でvery good、F11でexcellentとなりF16でvery good、F22でfairとなる。
  • 色収差は全ての焦点距離で隅から隅まで見事なパフォーマンスだ。シンプルに問題がないと言える。
  • 歪曲は17mmで-3.74%と目立ち、20mmで-1.61%まで穏やかとなり、24mmでは0.23%の糸巻き型へ変化する。35mmは1.46%だ。
  • フレア耐性はとても良好だが、太陽がフレームインすると小さなゴーストが発生する。
  • 周辺減光は20mm F2.8で-2.2EVとなりF4まで絞ると-1.4EVまで減少する。35mmは最も減光が少ない。

17-35mm f / 2.8-4 Di OSDは手振れ補正など欠けている点がいくつかあるものの、パフォーマンスはとても見事なレンズだ。価格はリーズナブルで魅力的な選択肢となるだろう。機能と仕様がマッチしていれば間違いなくおススメできる。

長所:優れたシャープネス・ズームレンジ全域で維持されたパフォーマンス・低色収差・低フレア・簡易防滴・高速AF・小型軽量

短所:ピント距離指標被写界深度指標無し・手振れ補正無し・AFモードでフルタイムマニュアル非対応

とのこと。

SP 15-30mm F2.8と悩むところですが、圧倒的にコンパクトで軽量なレンズなので機動性重視ならコチラが良さそうですね。価格は純正のF4ズームと比べて安く、F4-5.6ズームと比べて同価格帯に収まっているように見えます。光学性能を考えるとコストパフォーマンスは良さそうです。

17-35mm F/2.8-4 Di OSDのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

17-35mm F/2.8-4 Di OSD キヤノン
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
17-35mm F/2.8-4 Di OSD ニコン用
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価