「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Tamronレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXDは状況によってボケが騒がしいがコスパ良好【海外の評価】

更新日:

Admiring Lightがタムロン「28-75mm F/2.8 Di III RXD」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

Admiring Light

  • このレンズはFE 24-70mm F2.8 GMと比べてサイズがとても小さく軽量だVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSと比べても軽いほどだ(訳注:28-75RXDのほうが重いです)。
  • レンズ外装は金属マウントを除いてプラスチック製である。滑らかで良好な仕上がりだが少し安っぽさを感じる。素材に高級感は無いが良好に構築され、きしみや歪みは無い。レンズ内筒は伸ばしてもアソビが無い。
  • オートフォーカスに関する問題は認知しているが、私は動画機能を使わないのでこの現象は無い。しかし、私がこのレンズは前ピンとなる傾向があった。いくらかの検証後、AF-S/AF-Cの優先設定を変更してから正確性に問題は無くなった。この状況を除けばオートフォーカスは正確で程よく速い。
  • 画質はFE 24-70mm F2.8 GM程では無いがとても良いレンズだ。大きく劣っておらず、安くて小型軽量と考えると優先順序はGMよりも高くなるかもしれない。
  • 28mmはF2.8からフレームの大部分でとてもシャープだ。絞ると四隅や隅のシャープネスが向上し、F8-F11で四隅までとてもシャープである。
  • 中間域のシャープさは広角側と似ているが、望遠側へ行くほど低下する。75mmでもF2.8で良好なシャープネスを維持しているが、四隅は少しソフトである。
  • 例外は近距離での撮影だ。優れた接写性能を有しているが、絞り開放での撮影時は細部がかなりソフトとなる。
  • ボケも評価が難しい。ピント距離・焦点距離・絞り値によってかなり変化する。広角の近接は滑らかだが、望遠端ではかなり騒がしくなる。絞ることで玉ボケの縁取りが緩和するがボケ量が少なくなる。
  • 他の新しいレンズと同じように鮮やかな発色だ。
  • 倍率色収差はマクロ時に目立つ。
  • 歪曲収差はレンズプロファイルを適用しないとかなり目立つ。
  • 逆光耐性はフレアによるコントラスト低下は無い。しかし、ゴーストが発生する。

長所:小型軽量・簡易防滴・F2.8から良好なシャープネス・軸上色収差の補正・優れた色とコントラスト・近接能力・手ごろな価格設定

短所:ボケ・広角側の樽型歪曲と望遠側の糸巻き型歪曲・部分的に倍率色収差・望遠側の接写で球面収差が大きい・レンズ外装の質感・オートフォーカスの問題

FE 24-70mm F2.8 GMと比べてとても軽量でお散歩レンズとして使いやすい。全体的に心地よい描写だが、ボケは時々騒がしくなり、歪曲収差は修正たくなる場合がある。とは言え、価格設定と光学性能、汎用性は多くのソニーユーザーの心をつかむはずだ。

他のレビューサイトや私が確認したのと同様に、ボケ描写は状況によって変化するみたいですね。やはり広角側の接写時は良好で望遠側は少し騒がしいとのこと。

しかし、価格設定やレンズのサイズを考慮すると良好なパフォーマンスを持つレンズに違いなく、コストパフォーマンスの良い標準ズームとなってくれそうですね。

残念ながらオートフォーカスの問題はまだ解決されていません。タムロンには早めに対処して欲しいところ。

28-75mm F/2.8 Di III RXDのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-