「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SIGMAレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

シグマ56mm F1.4 DC DN | Cは小型軽量ながら堅実な光学性能【海外の評価】

Admiring Lightがシグマの交換レンズ「56mm F1.4 DC DN | C」ソニーE用のレビューを掲載しています。

  • DC DNシリーズで最も長焦点のレンズだが、実際の全長は元も短い。非常にコンパクトなAPS-C用レンズだ。富士フイルムのXF56mm F1.2と比べてかなり小さいレンズでもある。
  • 外装は高品質なプラスチックだ。ガタツキはたなく、とても頑丈に感じれる。
  • プラスチック製レンズフードは1000ドル以下のレンズとしては優れたクオリティだ。
  • オートフォーカスはとても高速だ。AF-Sの精度はとても良好で、30mm F1.4 DC DNよりも一貫している。
  • レンズのサイズと価格を考慮すると非常にシャープなレンズだ。F1.4の絞り開放からとてもシャープな中央領域を持ち、フレーム全体的にシャープだ。四隅は端は開放だと僅かに解像度が低下するものの、非常に良好であることは間違いない。F2まで絞ると中央はさらにシャープとなるが、四隅の伸びしろは僅かだ。
  • 富士フイルムXF56mm F1.2よりもシャープで、大部分の絞り値でリードしている。F5.6以降はほぼ似た性能だ。
  • 絞り値全域で優れたコントラストを発揮する。
  • 色収差補正はとても良好だ。倍率色収差のみならず、軸上色収差も非常に良好な補正である。
  • ボケはとても滑らかで良好だ。
  • 小型軽量ながら優秀なレンズだが、歪曲収差と周辺減光は避けられないようだ。歪曲収差の補正はソフトウェアに依存しており、RAWは目立つ糸巻き型歪曲となる。周辺減光はF1.4で顕著であり、F2.8まで絞ると大きく改善んする。

長所:簡易防塵防滴・F1.4ながら小型軽量・F1.4ながら高速で正確なAF・絞り開放から抜群の中央解像・滑らかで心地よいボケ・良好な色とコントラスト・低色収差・価格

短所:糸巻き型歪曲・周辺減光・絞っても改善しない四隅の解像

全体的にこのレンズには感銘を受けた。F1.4にも関わらず、驚くほど小型軽量だが堅実な光学性能だ。全体的なクオリティは富士フイルムXF56mm F1.2以上だ。APS-C Eマウントユーザーならばおススメのレンズである。拍手喝采

Admiring Light:Review: Sigma 56mm f/1.4 DC DN Contemporary (Sony E-Mount)

とのこと。

実売4万円程度の大口径中望遠ですが、なかなか評価の高いレンズですね。中央と四隅の解像性能差・周辺減光や歪曲収差のデジタル補正依存など妥協すべきポイントがいくつか存在するものの、悪く無い選択肢と言えそうです。私はマイクロフォーサーズ用を手に入れましたが、妥協点が良い感じにスポイルされて非常にコストパフォーマンスの高い一本と感じました。個人的にもおススメの一本です。

56mm F1.4 DC DN | Cのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

56mm F1.4 DC DN Contemporary ソニー Eマウント
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
56mm F1.4 DC DN Contemporary マイクロフォーサーズ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
LH582-01 レンズフード
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SIGMAレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.