Samyangレンズ レンズ 海外の評価

サムヤンAF 135mm F1.8はソニーGMよりも優れた解像性能とコントラスト

Sony Alpha Blogがサムヤン「AF 135mm F1.8」のレビューを公開。FE135mm F1.8 GMよりも少し良好な解像性能とコントラストを備え、追従AFの点で少し劣ると言及。コストパフォーマンスで無敵のレンズと評価。

Sony Alpha Blog:Samyang 135mm F1.8 AF

外観・構造:

  • とても良好な作りだ。
  • Lens Stationでアップグレードが可能だ。
  • レンズフードの先端はゴムカバーが備わっているので、衝撃を気にせずに立てることが出来る。
  • このレンズを装着すると他のレンズよりもバッテリーの消耗が1.5倍になる。ファームウェアアップデートでこの問題が解決することを願っている。

携帯性:

  • レンズサイズを考慮すると非常に軽い。

操作性:

  • フォーカスリングを絞りリングとして利用できる機能を搭載している。

フォーカス:

  • AFは非常に高速、そして静かで正確だ。
  • 被写体が近づいてくる場合の連写ではミスショットがあった。この点でソニーGMに問題は見られなかった。
  • 動画では近距離で予期しない動作がいくらか見られた。
  • フォーカスブリージングはとても抑えられている。

手ぶれ補正:

  • 記載なし。

解像性能:

  • 6100万画素のα7R IVでテストした。
  • 中央はF1.8から抜群の性能だ。
  • 隅のF1.8は優れた結果に留まるが、F2.8まで絞ると抜群の結果となる。
  • 私がテストしたレンズの中ではトップクラスの並外れたシャープネスだ。
  • 遠景でもF1.8から抜群の性能である。
  • ポートレートでは良好なコントラストと肌調だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 玉ボケは絞り開放で良好だ。F4まで絞ると角ばり始める。
  • 玉ねぎボケの兆候は見られない。
  • 後ボケはとても柔らかく良好だ。
  • 発色は良好だ。

色収差:

  • とても少ない。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • とても小さな糸巻き型歪曲である。

周辺減光:

  • 中程度で、F4まで絞ると解消する。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 望遠レンズとしては非常に良好だ。
  • F16まで絞ると素敵な光条が発生する。

競合レンズとの比較(FE135mm)

  • サムヤンは安価で軽量だ。
  • サムヤンのビルドクオリティは良好だが、ソニーのほうが少し良好である。
  • サムヤンは最短撮影距離が僅かに短い。
  • ソニーはAFが良好だ。サムヤンも良好だがスポーツには適していない。
  • ソニーはα1の高速連写にも対応している。
  • 解像性能は等倍の比較でソニーGMよりも少し良好なのは明らかだ。(ストリートでも三脚を使用した場合でも)
  • 後ボケはどちらも良好だ。
  • 玉ボケはF4の時点でソニーが少し良好だ。
  • 発色はどちらも他の選択肢よりはるかに良好だ。
  • ソニーは自然で屋しいポートレート向けで、サムヤンはもう少しパンチの効いた結果が得られる。好みの問題だ。
  • 歪曲収差や周辺減光は同等だ。
  • 逆光耐性・色収差はソニーやシグマよりも遥かに良好だ。

シグマやツアイスBatis、サムヤンMFよりも明らかに良好だ。シャープネス・色収差・逆光耐性の点でベストな選択肢だ。AFも効果的で、ソニーの半値で購入できる。唯一の弱点はスポーツ撮影時に高速連写が使えないことと、バッテリーの消費が高いことだ。ソニーのシャープネスも良好だが、サムヤンほどではない。AFはスポーツの撮影に適している。
コストパフォーマンスを考慮するとサムヤンは無敵のレンズだ。

作例集

総評

非常にリーズナブルで優れたレンズだ。シャープネスとコントラストはソニーよりも少し良好で、逆光耐性や色収差の補正は遥かに良好だ。驚異的なパフォーマンスで強くおススメできる。

  • 長所
    ・F1.8から抜群のシャープネス
    ・優れたコントラスト
    ・とても良好なAF
    ・滑らかな後ボケ
    ・発色が良好
    ・玉ボケがとても良好
    ・クリックレスの絞りリング
    ・とても良好なエルゴノミクス
    ・手ごろな価格
    ・軽量
    ・中程度の周辺減光
    ・最短撮影距離
    ・逆光耐性
    ・色収差補正
    ・低歪曲
  • 平凡
    ・サイズ
    ・シャープネスとコントラストが強すぎるかもしれない
    ・バッテリー消耗
    ・F4以降の玉ボケ
    ・α1やα9の高速連写に非対応
  • 短所
    ・被写体が複雑に動く場合の追従AF

とのこと。
2022年に登場したサムヤンの新しいミラーレス用レンズ。ソニーEマウントレンズは数あれど、135mmのAFレンズはまだまだ選択肢が少ない分野です。これまではソニーGMが無難な選択肢でしたが、サムヤンは同等かそれ以上の光学性能を備え、手ごろな価格を実現しているのは魅力的。サイズを考慮すると確かに軽いので、携帯性の面からも考慮する価値がありそう。国内での取り扱いはまだ始まっていませんが、そのうち代理店であるKenkoTokinaから販売が始まると思われます。

サムヤン AF 135mm F1.8 最新情報まとめ

AF 135mm F1.8 FE
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-Samyangレンズ, レンズ, 海外の評価
-