「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコンAF-S 500mm f/5.6E PF ED VRは最も扱いやすい500mm単焦点レンズ【海外の評価】

投稿日:

ePHOTOzineがニコンの交換レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

隅から隅までシャープで小型軽量

  • フード・キャップ無しで1460g、フード付きで1550gと軽量コンパクトで感心した。Nikon D810との組み合わせはとても良好だ。手持ち撮影で何時間も使用することが出来る。
  • オートフォーカスは高速かつ静かで正確だ。ただし、低照度でライブビューを利用するとAFが迷うことがある。
  • フォーカスリミッターは「FULL」「8m~∞」だ。
  • レビュー期間中にリングタイプのフレアは発生しなかったが逆光時にコントラストが低下する傾向がある。
  • シャープネスは隅から隅まで一貫してとても均質だ。中央と四隅は共にF5.6からF16までとても良好で、F16以降はソフトとなってゆく。F22とF32はシャープでは無いが、被写界深度優先なら使うことが出来る。
  • 色収差は中央も端もとても良好に補正されている。
  • 歪曲は0.40%の糸巻き型だ。望遠レンズとしては優れた結果だ。
  • ボケは美しく滑らかだが、後ボケは騒がしい。
  • 周辺減光は絞り開放で-0.7EVと問題無い。
  • 手振れ補正は公称値どおり4段だ。
  • とても優れたレンズだが非常に高価だ。安いわけでは無いが、他社のレンズを考慮すると妥当だろう。

軽量・コンパクト・ハイクオリティとしっかりまとまったレンズだ。おそらく500mmレンズの中では最も扱いやすい一本のはずだ。強くおススメできる超望遠レンズだ。

長所:高いシャープネス・低歪曲・低色収差・程よい周辺減光・小型軽量・効果的な手振れ補正・メモリリコール機能・防塵防滴

短所:高価・フレアは発生するが対応可能・低照度でAFが迷う

とのこと。

光学的な欠点は逆光のみ、それ以上に携帯性や解像性能などが魅力的なレンズのようですね。単純に500mmをカバーするレンズであれば「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」が手頃な選択肢かもしれませんが、光学性能と携帯性に価格差分の価値を見いだせれば良いレンズとなりそうです。

フレアやF5.6の絞り値を考えると日中での動き回るような撮り方の人に向いてそうですね。

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
バヨネットフード HB-84
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズセミソフトケース CL-M5
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ニコン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価