「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーE 50mm F1.8 OSSは素敵なボケと高速AFを併せ持つレンズ【海外の評価】

投稿日:

Sony Alpha Blogがソニーの交換レンズ「E 50mm F1.8 OSS」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

ボケとAFは強みだが、解像性能はイマイチ

  • オートフォーカスは高速で効果的だ。
  • ビルドクオリティはとても良い。
  • レンズフードはプラスチック製でとても大きい。
  • シャープネス:α6000
    ・中央:F1.8でgood、F2.8でvery good、F4-F8でexcellent、F11でvery good、F16で回折の影響を受ける。
    ・四隅:F1.8でsoft、F2.8でaverage、F4でgood、F5.6-F11でvery good、F16で回折の影響を受ける。
    ・良好なパフォーマンスだがとても良いものでは無い。
  • 周辺減光は大きいがF2.8まで絞ると解消する。
  • 歪曲は極めて小さい糸巻き型だ。
  • 色収差はコントラストが強いとかなりの量が発生し補正が必要だ。
  • 逆光耐性は良好である。
  • 後ボケは柔らかく素敵で本当に良いものだ。
  • 発色は良好である。
  • 素晴らしい後ボケと高速AF、そして手振れ補正は強みとなる。
  • シャープネスは1600万画素カメラなら良かったかもしれないが、2400万画素となった今では力不足となっている。特に絞り開放の四隅がソフトだが、ポートレートでは問題とならない箇所である。風景であればF4-F5.6まで絞る必要がある。
  • 絞り開放の色収差は弱みとなるだろう。

クリエイティブなポートレートのための素晴らしレンズだ。程よい価格設定とオートフォーカスが必要ならばベストな選択肢となるだろう。(シグマの56mm F1.4 DC DN登場までは)

マニュアルレンズが選択肢に入るのであれば、サムヤンの50mm F1.2 ED UMC CSが光学的に最高のレンズとなる。

とのこと。

作例を確認すると確かに四隅の甘さや、絞り開放時に色収差が発生しているようですね。とは言え、このレンズがどのように使われるか?を考えると良い味付けと捉えることが出来そうな描写と感じます。

特に後ボケはこの価格帯のレンズとしてはかなり綺麗に見えます。

E 50mm F1.8 OSSのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

E 50mm F1.8 OSS シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
E 50mm F1.8 OSS ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フロントキャップ ALC-F49S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフトキャリングケース LCS-FEA1
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ソニー関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価