「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーE 70-350mm F4.5-6.3 G OSSはフルサイズをほぼカバーするイメージサークル【海外の評価】

Sony Alpha Blogが新発売のAPS-C Eマウント対応の交換レンズ「E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS」のレビューを掲載しています。

  • ビルドクオリティはとても良好だ。
  • α6000用としては大きなレンズだが、α7+FE100-400mmほどでは無い。
  • 100mmですでにF5.6を超えるため、レンズ口径は小さい。
  • オートフォーカスは十分な光量があるシーンでは正確で高速だ。
  • シャープネス:α7R IV(APS-Cクロップ 2600万画素)
    ・中央は絞り開放からとても良好だ。そして1段絞ると急速に優れた解像性能まで向上する。
    ・70mm~135mmで最もシャープになる。
    ・四隅は良好だが、中央と比べると全体的にグレードがワンランク低下する。
    ・この価格帯のズームレンズとしては優れたパフォーマンスだ。
  • フルサイズのイメージサークルをカバーしているのには驚いた。重い周辺減光と歪曲収差があるものの、実用的な画質である。唯一ケラレが目立つのは350mmのみである。
  • 全体的に非常に大きな糸巻き型歪曲である。
  • 周辺減光は少ない。
  • RAWで撮影する場合は後処理が必須だ。Lightroomが直ちにこのレンズに対応することを願っている。
  • 色収差はとても少ない。
  • 逆光耐性は問題無いが、非常に良好ではない。
  • 絞ると素敵な光条が発生する。
  • 最短撮影距離は70~100mmで1.1mであり、開放F値を考慮すると大きなボケを得るのは難しい。135mm以上で大きくとても柔らかいボケを得ることが出来る。
  • 玉ボケに問題は無いが、完璧な円形では無く、非球面レンズの影響もある。
  • 発色は良好だが、「E 16-55mm F2.8 G」ほどではない。

ほぼ完全にフルサイズのイメージサークルをカバーしているレンズだ。歪曲と周辺減光は非常に重いが、350mmを除くとケラレが無い。135mm以上はとてもシャープでボケは非常に良好だ。

歪曲収差や350mmに向かって小さくなるレンズ口径、平凡な逆光耐性など…妥協が無いわけでは無い。「E 16-55mm F2.8 G」ほど際立った色やボケでは無いが、コストパフォーマンスが良く汎用性の高い優れた望遠ズームレンズである。

長所:ズームレンジを考慮すると非常に良好なシャープネス・FE70300Gより良好・動物やスポーツに適したズームレンジ・135mm以降で素晴らしいボケ・クオリティを考慮すると価格は適正・高速AF・とても良好なビルドクオリティ・低色収差・低周辺減光

平凡:70~100mmにけるボケ量・玉ボケ・逆光耐性・サイズと重量・開放F値

短所:巨大な歪曲収差・最短撮影距離

Sony Alpha Blog:Sony E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

とのこと。

作例を確認すると確かに酷い歪曲収差ですが、ほぼフルサイズ領域をカバーしているのは凄いですね(四隅はケラレていますが)。ここまでイメージサークルが広いと、APS-C用と周辺減光が少ないのは自明の理と言えるでしょう。解像性能も隅から隅まで安定したパフォーマンスが期待できそうですね。

歪曲収差はデジタル補正に丸投げ状態となっているのでボディ出力か、レンズプロファイルで補正可能な現像ソフトの使用は必須の模様。この点さえ許容できればコストパフォーマンスの高い超望遠ズームレンズとなるようです。

ソニーE 70-350mm F4.5-6.3 G OSS交換レンズデータベース

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.