SONYレンズ カメラ 機材レビュー 海外の評価

ソニー E PZ 10-20mm F4 G は小型軽量ながら全体的に見事な性能の凄いレンズ

Digital Camera Worldがソニー「E PZ 10-20mm F4 G」のレビューを公開。小型軽量ながら防塵防滴のしっかりとした作りで、パワーズーム対応の高性能なF4広角ズームに仕上がっていると高く評価しています。

Digital Camera World:Sony E PZ 10-20mm F4 G review

外観・構造:

  • フルサイズ判換算で15-30mmをカバーしている開放F4通しの広角ズームレンズだ。
  • 小型軽量だがビルドクオリティはとても良好だ。
  • 複数の防塵防滴用シールを備えている。

携帯性:

  • 小型軽量だ。

操作性:

  • パワーズームの搭載は間違いなくハイライトの一つだ。動画撮影に適しているが、静止画用としては不適な場合が多い。
  • しかし、ズームリングは驚くほど応答性が高く、リニアレスポンスでシームレスな操作が可能だ。
  • ズームはスイッチ操作にも対応しており、一定速度でズーム操作が可能である。
  • AF/MFスイッチやAFLボタンなどを搭載している。
  • クリックレスに対応した絞りリングがあると良かった。

フォーカス:

  • 二つのステッピングモーター駆動で超高速かつ正確に動作する。
    (訳注:フォーカス駆動はリニアモーターなので誤記だと思われます)

手ぶれ補正:

  • 光学手振れ補正は非搭載だ。
  • APS-Cカメラには手振れ補正を搭載した機種が少なく問題となる可能性がある。

解像性能:

  • 単焦点レンズほどシャープではないが、それに近いパフォーマンスを発揮している。
  • ズーム全域、フレーム全域でとても見事な性能だ。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • フレーム端まで色収差は無視できる程度に抑えられている。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 広角側で樽型歪曲が非常に大きい。
  • 自動補正に依存している。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

まず驚くのは小型軽量であることだ。可変絞りの超小型標準キットズームと似たサイズながら、F4の広角ズームであり、しかもパワーズームに対応している。本当にすごい。

また、画質と全体的なパフォーマンスが非常に良好だ。APS-Cフォーマットのズームレンズとしては高価だが、お金を払う価値は十分にある。

  • 長所
    ・優れた光学性能
    ・優れた操作性
    ・滑らかで静かなAFとズーム
    ・小型軽量
  • 短所
    ・静止画には理想的ではないPZ
    ・絞りリングなし
    ・光学手振れ補正なし

とのこと。
コンパクトなF4広角ズームながら、パワーズームに対応した防塵防滴仕様のレンズですね。DCWでは言及していませんが、これでインナーズームなのだから、さらに凄い。ここまで無理しているのだから光学性能にも妥協が必要かと思いきや、歪曲収差の補正をプロファイルに依存している以外に大きな問題は見当たらない模様。

このレンズに弱点があるとすれば手振れ補正が非搭載であること。APS-Cボディには手振れ補正を搭載したカメラが少なく、現行モデルではα6600のみ。動画撮影では電子IS利用でクロップは避けられず、さらにAPS-C αは4K 30pでそもそもクロップが発生してしまう仕様となっています。2重にクロップが発生してしまうので、これを抑えるにはジンバルを使用するか、α6600を使用するかの2択となるのが悩ましいところ。

フルサイズユーザーならば、ボディ内手振れ補正に対応しているうえ、APS-Cクロップでも2600万画素程度を利用できるα7R IVで面白い選択肢となるはず。私もα7R IVと組み合わせて使用しています。レンズのコンパクトサイズを最大限に活かす組み合わせではありませんが、広角ズームをこのシステムサイズで利用できるのは面白いと感じました。光学性能はDCWが評価しているように、とても良好。

ソニー E PZ 10-20mm F4 G 最新情報まとめ

E PZ 10-20mm F4 G
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連レンズ

関連記事

-SONYレンズ, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価
-