「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノンEF-M32mm F1.4 STMは絞り開放から良好な解像性能【海外の評価】

更新日:

DPReviewがキヤノンの交換レンズ「EF-M32mm F1.4 STM」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

絞り開放から安定した解像性能

  • レンズフードが付属品に入っていないのは残念だ。
  • 他のEF-Mシリーズと同様、全体的に地味だがお洒落なデザインだ。チャコールグレーの仕上がりはEOS Kiss Mとよく似合う。
  • 無駄のない鏡筒はよく考えられたサイズでフォーカスリングには滑り止めが施され、残りの箇所はマットで滑らかな肌触りの仕上がりとなっている。
  • AF/MF切替スイッチが無いのでカメラ側で操作する必要がある。
  • AFリミッターは0.23mの接写性能を考慮すると実装は理に適っている。
  • レンズマウントは金属製だ。
  • EOS Kiss Mのシャッタースピードは1/4000秒までであり、高速電子シャッターを実装していないため明るい屋外で撮影するのが難しい。NDフィルターが解決策となるが不便である。
  • 他のレンズで仕様されているSTMのように静音性と高速性を備えたリードギアタイプのステッピングモーターだ。小型化を意識したスクリュータイプと比べて静音性と高速性に優れている。実際に使ってみると滑らかな動作かどうかは判断できなかったが、明らかに高速だ。
  • 良い光環境の下では、基本的にピント位置までざっくり高速移動し、最後に微調整する。動作音は発生しているが、環境音に隠れてしまい特に目立たない。
  • 近接から無限遠までの移動速度はおよそ1.5秒だが、フォーカスリミッターを活用することで改善する。
  • 動画撮影におけるフォーカス駆動音は聞き取れるが、やはり環境音に隠れてしまい目立つものでは無い。動作はとても滑らかでカメラ側のフォーカス性能に問題は無い。
  • インナーフォーカスでは無いため、内筒は接写時に半インチほど伸びる。
  • α6400と組み合わせたSIGMA 30mm F1.4 DC DNと撮り比べると、EF-M 32mm F1.4 STMのシャープネスが優れていることが分かる。絞り開放の四隅はいくらか甘く、コマ収差が発生しているものの、素晴らしいパフォーマンスである。30mm F1.4 DC DNも素晴らしいレンズだったが、このレンズがシャープネスで優れているのは明らかだ。色収差は僅かに悪いがそれほど大きくない。
  • 開放から良好なパフォーマンスなので絞ってもあまり改善しない。ディテールはF8までシャープさを維持し、それ以降は回折の影響で低下する。F5.6以降はフレーム全域で一貫性のあるシャープさだ。
  • 一般的な使用では逆光耐性は良好だ。
  • 樽型歪曲のため建築物など直線的な被写体を撮影すると問題があると感じるが自動的にプロファイルが適用され収差が低減する。
  • 絞り開放付近では倍率色収差が幾らか見られるがJPEGで効果的に補正される。軸上色収差は高コントラストのボケに色づくことがあるが大きな問題となる可能性は低い。より色収差の目立つレンズは他にもっとある。
  • ボケは絞り開放の四隅で口径食の影響を受けるが、F3.5付近まで絞ると改善する。ボケは滑らかで心地よい。かろうじて非球面レンズの影響が見られるものの、かんり上手に描写されている。
  • 周辺減光は絞り開放で最も目立ち、F2.8まで絞ると大きく改善する。F4まで絞れば見えなくなる。

コンパクトでEOS Kiss Mとバランスの良い大口径レンズだ。最速シャッタースピードの壁に突き当たることが多いと思うが、NDフィルターが助けとなるはずだ。フォーカス性能は良好で光学性能は絞り値全域で安定している。肝心の絞り開放における描写も安定しており、色々な被写体で役立つだろう。軸上色収差はたまに発生するかもしれないが、他の大口径レンズと比べると上手く補正されている。

Like:小型で比較的軽量・とても良好な絞り開放のシャープネス・微調整可能なフォーカスリング・驚くほど低倍率色収差・フード無しでも良好な逆光耐性

Dislike:手振れ補正無し・状況によって軸上色収差が目立つ・絞り開放における周辺減光と四隅で変形する玉ボケ・フードもケースも付属しない

とのこと。

キヤノン純正のF1.4レンズとしてはとても安価なレンズですが、良好なパフォーマンスのようですね。EF-Mらしいコンパクトサイズと価格、パフォーマンスのバランスが絶妙。

小型軽量なF1.4と言うこともあり周辺減光と口径力は大きいみたいですが、作例を確認する限りでは許容範囲内に見えます。

EOS Kiss M+SIGMA 30mm F1.4 DC HSM Art

これまではEF-EOS Mアダプター経由でシグマの30mm F1.4 DC HSM Artを使うしかありませんでしたが、サイズが大きい上にレンズ補正で不具合が発生するのが難点だったのですよね。

EF-M32mm F1.4 STMがある現在なら素直に32mmを買うのがベストのようです。どちらにせよ、DPReviewが指摘している「シャッタースピードの壁」に当たりやすいのでNDフィルターは必須。

EF-M32mm F1.4 STMのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

EF-M32mm F1.4 STM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ES-60
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

サイト案内情報

キヤノン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価