「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY広角レンズ カメラ 機材レビュー 海外の評価

ソニーFE 24mm F1.4 GMは周辺減光が目立つ以外に欠点なし【海外の評価】

IMAGING RESOURCEがソニーの交換レンズ「FE 24mm F1.4 GM」のレビュー・作例記事を公開しています。

スポンサーリンク

小型軽量でハイパフォーマンス

  • 「絞り開放でさえ目覚ましい解像性能」とソニー自身が主張しており、我々はそれに同意する。ピークはF5.6だが、より明るい絞り値でも同様にとても良好だ。
  • 絞り開放では四隅が僅かに甘いと言うくらいで、実際には影響が見えない程だ。F8で回折が発生し始め、F11はF1.4と同等のシャープネスとなる。
  • 絞り値に関係なく、色収差はとても良好に補正されている。
  • 周辺減光は目立つが、後処理で問題とはならないはずだ。F1.4で目立ち、F2まで絞れば解消する。F2.8以降では一定だ。
  • 歪曲収差は奇妙にも0.4%の糸巻き型となる。数値が小さいので実写ではほとんど歪まないだろう。
  • オートフォーカスは無限遠から近接までほぼ1秒と高速だ。
  • 24mm F1.4としては最軽量のレンズだが、ビルドクオリティは優れており、さらに防塵防滴に配慮した設計となっている。
  • 絞りリングはデクリック機構が備わっているので動画撮影に最適だ。
  • レンズフードは逆さ付け可能だがフォーカスリングが隠れてしまう。

純正24mm F1.4としては古いキヤノンやニコンの競合レンズと同等かより安いくらいだ。優れたシャープネス、良く補正された歪曲、色収差、サジタルコマフレア、など良好な光学性能を備えている。唯一の欠点は周辺減光が強いことくらいだろう。2018年のベスト広角単焦点レンズであることは明らかだ。

とのこと。

多くのレビューサイトが高く評価している本レンズはIMAGING RESOURCEも同様の模様。欠点はやはり強い周辺減光のようですが、各所の作例や作品をみる限りでは許容範囲かな、と言う印象です。

何より、携帯性の良いサイズと重量は強みとなりそう。小型軽量なα7シリーズと相性が良いGMレンズですね。価格が純正24mm F1.4としては高すぎないのもGood。

FE 24mm F1.4 GMのレビュー・作例を集めるページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

サイト案内情報

ソニー関連レンズ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY広角レンズ, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.