「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ソニーFE 85mm F1.4 GMは優れた解像性能とボケが両立した稀有なレンズ【海外の評価】

Admiringlightがソニー「FE 85mm F1.4 GM」のレビューを掲載しています。

Admiringlight

  • GMシリーズらしい頑丈な造りのレンズだ。コアの金属パーツと周辺部のプラスチックパーツで構成されしっかりと組み立てられている。
  • 小さなFEレンズと比べて操作性が厄介なものの、グリップ周りのクリアランスは良好だ。
  • ロック機構を持つレンズフードはプラスチック製で逆さ付け可能だ。
  • オートフォーカスは最速とはいかないものの、まずまずだ。ファームウェアアップデートすると程よい速度となる。素早く動く被写体を追従しない限り問題は無いだろう。フォーカシング中に駆動音が発生する。
  • 想像通り、とてもシャープなレンズだ。絞り開放からとてもシャープでCanon 85mm F1.2Lよりも少し優れている。F2まで絞るとフレーム全域がとてもシャープとなり、さらに絞ってもあまり改善しない。そしてこのパフォーマンスはF11まで維持される。
  • 四隅はF2からF2.8まで絞ったときに少し甘くなる。これは像面湾曲が起因していると思われる。多くの状況で問題となる現象では無いが、フラットな被写体を撮影する時は注意するべきだろう。
  • 非常にシャープなレンズはボケが滑らかでは無いことが多いものだが、このレンズはピント距離全域で素晴らしいボケ質だ。これは本当に優れたレンズである。
  • コントラストと発色はとても良好だ。絞り開放からパンチの効いた鮮明な描写である。
  • 多くの大口径レンズと同じように色収差の問題は存在する。倍率色収差はうまく補正されているが、軸上色収差は場合によって発生する。
  • 直線が多い被写体を撮影すると糸巻き型歪曲に気が付く。
  • 逆光耐性は良好だ。
  • 周辺減光は比較的大きい。

長所:とても頑丈に作られたレンズ・絞り開放から優れたシャープネス・絞り値全域で美しいボケ・優れた色とコントラスト・倍率色収差が小さい・良好な逆光耐性・正確なAF・クリックのある絞りリング

短所:AFはノイズが発生し速度が中程度・目立つ周辺減光・軸上色収差・防塵防滴用シールがマウント面に接着しない・高価

このレンズはとてもシャープで素晴らしいボケを持ち、良好な色とコントラストを備えている。高価なレンズだがそれだけの価値はある一本だ。

とのこと。

各所でべた褒めの85GMはAdmiringlightでも同様の評価みたいですね。やはりサイズや価格について言及していますが、それでもこのレンズの価値は揺らがないようです。

個人的に試してみたい一本。

FE 85mm F1.4 GMのレビュー・作例を集めるページはこちら

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.