FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 カメラ デジタルカメラ総合 海外の評価

FUJIFILM X-T5はX-T4の市場データから縦位置グリップを用意しなかった

PhotographyBlogが富士フイルム「X-T5」の初期レビューを公開。X-T4の市場データを元に縦位置グリップを用意しなかった、スチル重視だが動画機能も十分に強化されているなど。

PhotographyBlog:Fujifilm X-T5 First Impressions

ビルド・外観

  • X-T5を初めて手にしたとき、前モデルと見分けがつかない

バッテリー

  • 前モデルでは縦位置バッテリーグリップに対応し、ポートレートモードでの操作性を向上させるとともに、バッテリー駆動時間を大幅に延長することができた。
    (X-T5は縦位置グリップに非対応で駆動時間の延長はできない)

インターフェース

  • 記載なし。

携帯性

  • X-T4と比べると明らかに小さくなっている。
  • X-T5は50gの軽量化も実現しており、X-T4が大きすぎ、重すぎと思われていた方も、きっと満足することだろう。
  • X-H2・X-H2Sという強力なハイブリッドモデルを投入しており、X-T5を主にスチルカメラに特化したカメラとして位置づけ直そうとしていることが表れている。

グリップ

  • X-T5は底面に電子接点を備えておらず、縦位置バッテリーグリップに対応していない点は物議を醸すだろう。
  • 富士フイルムはX-T4ユーザーの多くがグリップを購入しなかったという市場データをもとに、このような決断をしたようだ。
  • ボディ単体ではグリップが小さすぎると感じる人は、オプションのメタルハンドグリップMHG-XT5を購入可能だ。

操作性

  • X-H2のデジタル一眼レフカメラに近いインターフェースに尻込みしていたのなら、マニュアル操作を備えたX-T5は間違いなくあなたのためのカメラとなる。

手ぶれ補正

  • 記載なし。

ファインダー

  • 記載なし。

モニター

  • 液晶モニターがバリアングル式からチルト式になった。
  • 我々は、自撮りやモニタ保護に役立つバリアングル式が好みだ。

メニューシステム

  • 記載なし。

フォーカスシステム

  • AFのスペックはX-T4とよく似ているが、高価なX-H2と全く同じ被写体検出機能を備えており、動物、鳥、車、バイク、飛行機、列車を自動検出することが可能だ。
  • オートフォーカスのアルゴリズムもさらに改善し、X-T4よりも3倍速く、旧モデルよりも優れた瞳/顔検出機能を備えていると言われている。

連写性能

  • 電子シャッターで20fps、メカニカルシャッターで15fpsの連続撮影が可能だ。
  • しかし、スローダウンするまでに撮影できる枚数はX-H2が最大400枚のRAWファイルだったのに対し、X-T5ではわずか19枚のRAWファイルとはるかに少なくなっている。
    訳注:仕様の数値がごちゃ混ぜとなっているので誤解を生む可能性あり。メカニカル15fpsで「非圧縮RAW+JPEG」の撮影枚数はX-T5が19枚、X-H2が104枚です。それでも十分に大差と言えますが…)
  • スポーツ、野生動物、アクション写真全般、特にRAWで撮影する場合は、新型のX-T5はあまり向いていない。
  • X-T4ユーザーも、連続撮影を最も重要視するのであれば、X-T4にこだわったほうがいいだろう。新しいX-T5を凌駕している。
  • X-T5の電子シャッター使用時の最高シャッター速度1/180000秒は非常に便利だ。
  • 1億6000万画素相当のピクセルシフトマルチショットに対応している。

解像性能:

  • X-H2と全く同じ4000万画素CMOSセンサーへの大幅なアップグレードだ。
  • 2600万画素の前モデルに比べ、解像度が大幅に向上している。
  • 最新のX-Processor 5も搭載されており、富士フイルムはX-T5がX-H2と全く同じ画質を備えていると主張している。EXIFデータ以外では見分けることは不可能だそうだ。

高感度ISOノイズ

  • 記載なし。

ダイナミックレンジ

  • 記載なし。

画質・仕上がり機能

  • 記載なし。

動画

  • フォトグラファーのためのカメラと主張しているが、X-T4にはない6K収録とノンクロップの4K 60p収録が可能だ。
  • 最大14ストップ以上のダイナミックレンジを持つ新しいF-Log2プロファイル、12bit RAW出力、デジタルズーム機能を備えている
  • X-H2と同等とまではいかないまでも、非常に高性能なハイブリッドカメラであることは間違いない。

総評

X-T5とX-H2の主なな違いは、8K動画撮影に非対応、バッファが小さい、メモリーカードの書き込み速度が遅い、EVFが低スペック、フルサイズのHDMIや3.5mmヘッドホンソケットがない、外部冷却ファンや縦位置グリップをサポートしていない、などだ。

X-T4で定評のある操作系を継承しつつ、X-H2の先端的な機能をほとんど取り入れた、X-T4とX-H2をバランスよく融合させたカメラが、新型X-T5の印象だ。ハイブリッドなX-H2よりも明らかにスチル撮影に重点を置いているが、それでも前モデルよりも動画撮影に適したカメラに仕上がっている。

とのこと。
X-T4と比べると小型軽量化され、モニターもバリアングル式から3Wayチルト式に回帰したスチル重視の最新モデルですね。中身はX-H2とよく似ていますが、冷却構造やストレージの種類、モニタの可動方式などから明確に区別されているように見えます。X-H2と比べて大きく省略されているのは動画機能ですが、スチル重視のユーザーであれば特に心配することは無いでしょう。

ただし、CFexpress非対応のため、X-T5で連続撮影をするとバッファが詰まりやすいく、4000万画素の大きな画像ファイルをSD UHS-IIに書き込むのに時間がかかる点には注意が必要です。また、縦位置グリップに対応していないので、長時間の撮影時は外部給電用の電源や予備バッテリーが必須となる点もあらかじめ理解しておく必要があるでしょう。

富士フイルム X-T5 最新情報まとめ

FUJIFILM X-T5 ボディ ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
FUJIFILM X-T5 ボディ シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
FUJIFILM X-T5 レンズキット ブラック
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す
FUJIFILM X-T5 レンズキット シルバー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

関連カメラ

関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, カメラ, デジタルカメラ総合, 海外の評価
-,