「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikon Nikon Z 7 / Z 6 Nikon関連の情報 SONY SONY関連の情報 α7R III ILCE-7RM3 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材の噂情報・速報 機材レビュー 海外の評価

Nikon Zの手振れ補正はソニーα7R IIIとほぼ同じ性能【海外機材情報】

DPReviewがNikon Z 7とα7R IIIのボディ内手振れ補正の効き目をチェックした記事を公開しています。結果はほぼ同じパフォーマンスとのこと。

どちらも同程度のパフォーマンス

Nikon Z 7とα7R IIIはどちらも5軸ボディ内手振れ補正を備えている。24mm・55mm・200mmで相互にテストしたところ、両方のカメラが同様に使えるものであることが証明された。広角レンズでは2~3段、標準では3~4段、望遠では4~5段(望遠側のISを併用)だ。

*訳注:今回のテストでは「50%以上の成功率を維持することが出来るシャッター速度」が一つの基準となっています。

Nikon Z 7

  • 24mmと55mmは24-70mm F4を使い、200mmは70-200mm F2.8E FLを使用した。
  • 24mmではおよそ2.3段分の補正効果だ。
  • 55mmではおよそ4段分の補正効果だ。
  • 200mではおよそ4段分の補正効果だ。

α7R III

  • 24mmは24-70mm F4 OSS、55mmは55mm F1.8、200mmは70-200mm F2.8 GMを使っている。
  • 24mmではおよそ2.6段分の補正効果だ。
  • 55mmではおよそ3.3段分の補正効果だ。
  • 200mmではおよそ4.6段分の補正効果だ。

とのこと。

ああ、これは荒れるなぁ…と感じましたが、案の定DPReviewのコメント欄は荒れているようです。

基準値を「50%下回るかどうか」としているのでやや曖昧な部分があるように見えます。使用レンズもズームだったり単焦点レンズだったりするので注意。とは言え、ざっくり見るとほぼ同じようなパフォーマンスを持っているのは間違いないようです。

実際にα7 IIIとNikon Z 7を使った私もそう感じます。ニコンは初代にも関わらず凄いパフォーマンス。ちなみにα7 IIIは0.5段分効果が低いとDPReviewは述べており、Z 6がZ 7と同程度だとすると少し効き目が高く感じるかもしれませんね。

ボディ内手振れ補正のみのNikon Zに対して、光学手振れ補正を標準ズームにも搭載するソニーが、連携手振れ補正(パナソニックやオリンパス)に対応するとまた違った結果となるかもしれません。

スポンサーリンク

サイト案内情報

ニコン関連記事

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Nikon, Nikon Z 7 / Z 6, Nikon関連の情報, SONY, SONY関連の情報, α7R III ILCE-7RM3, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材の噂情報・速報, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.