「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

LUMIX S1H LUMIX フルサイズ Panasonic カメラ 機材レビュー 海外の評価

LUMIX S1Hは競争力のあるハイブリッドカメラ【海外の評価】

DPReviewが海外で発表されたばかりのパナソニック製フルサイズミラーレス「LUMIX S1H」のレビューやインプレッションを掲載してます。

新機能など

DPReview:Panasonic Lumix DC-S1H review in progress

  • GHシリーズと同じく「H」を冠する豊富な動画機能を備えたカメラだ。
  • センサーは手ごろな価格のS1と非常に似ており、S1と同じくフル画角の4K 30pとSuper35クロップとなる4K 60pに対応している。しかし、アスペクト比や圧縮方法の選択肢、撮影時間、高画質など多くの点で違いが見られる。
  • 例えばLUMIX S1Hは4:2:2 10bitでDCI4K 400Mbpsの撮影が可能だ。S1は4K UHD 150Mbpsまでである。
  • 欠点は他の2400万画素センサーカメラと同じく、読み出し速度が速く無いためローリングシャッターの影響が考えられることだ。(既にDPReviewTVで実証している)
  • センサーはS1と非常によく似ているが、重要なハードウェアとなるローパスフィルターが組み込まれている。静止画の観点では奇妙に聞こえるかもしれないが、動画でモアレを低減するのは非常に重要となってくる。
  • デュアルゲインISOは2つの読み出しモードを備えており、一つはダイナミックレンジを優先し、もう一つはダイナミックレンジを犠牲にしてシャドウノイズを低減する高感度ISOモードだ。他のカメラにおける「デュアルゲインセンサー」との違いはパナソニックはこの回路の存在をオープンにしていることだ。
  • デュアルゲインISO回路はカメラで「手動」指定するか、「自動」切替を選択できる。
  • どちらのデュアルゲインISO回路にも拡張感度「L」設定が存在する。
  ベースISO感度
カラーモード LowI ISO High ISO
V-log 640 4000
標準 100 640
HLG 400 2500
シネライクD2/V2 200 1250

操作性

  • LUMIX S1のように見えるが、隣り合わせると違いは明らかだ。
  • 最も大きな違いはカメラ背面に備え付けられた空冷用の吸排気口である。これにより長時間の動画撮影機能が強化されている。吸排気口によりカメラの耐候性が心配されるように見えるが、実際には通気口からカメラ内部へは混入しない。防塵防滴仕様はそのままだ。
  • 背面モニターはチルト機構とバリアングル機構の両方を採用しており、バリアングルを展開しても左側面のコード類と干渉しない設計となっている。
  • ケージとリグでの使用を念頭に置いて設計されている。カメラ上面と前面には大きなRECボタンが配置され、大掛かりなケージを装着してもアクセスしやすい。
  • 上面のサブ液晶モニタはS1と比べて遥かに大きくなっている。ディスプレイは背面モニターに表示するステータスと非常によく似ている。背景色は黒、または白に変化させることが可能だ。
  • S1やS1RのようなXQD/SDカードスロットでは無く、デュアルSDカードスロットとなっている。動画撮影で2種類のメディアを扱いたくないのでこれは理に適っている。どちらのスロットもV90に対応しており、カメラ出力のビットレートを遥かに超えている。
  • 大部分のビデオカメラに標準装備のタリーランプがカメラ前面と背面に配置されている。完全に無効とすることも出来るし、片方使うことも出来る。
  • GH5Sと同様、タイムコード同期用ケーブルをシンクロソケット経由で装着できるアダプターが付属している。
  • イメージセンサーの位置表示は正確にストラップ金具と同じ配置となっている。ストラップ金具を使ってフォーカスポイントを測定することが可能だ。

LUMIX S1Hは本格的な動画撮影においてS1と比べて幾つかの重要なメリットがある。S1を有償アップグレードで十分と感じる場合もあるだろうが、そうでない場合はS1Hが存在する。S1も非常に優れたカメラだが、S1Hは遥かに優れている。

  • 6K動画
  • 高ビットレート撮影
  • 高フレームレート撮影
  • 無制限録画
  • デュアルネイティブISO
  • 柔軟性のあるビデオスコープ
  • 新し動画設定表示
  • デュアルゼブラ

S1Hは優れた静止画カメラでもある。基本的にはローパスフィルターを搭載したS1なので、2400万画素カメラ市場で競争力があると思われる。実際、S1Hはスチルとビデオの機能を両方持つハイブリッドカメラだ。4000ドルと非常に高価なカメラだが、S1Hがもたらす動画機能を考慮すると価格差分の価値はある。

DPReview:Initial thoughts

スポンサーリンク

とのこと。

GHと似たような動画特化のフルサイズミラーレスですね。外観こそLUMIX Sシリーズですが、実際のところは全く別物のようなカメラにも見えます。DPReviewのみならず、動画系ウェブサイトをチェックしているとS1Hのファーストインプレッションはかなり高い評価を得ている模様。(DPReviewではS1Hの動画仕様についてコメントしているページがあります。)

気になるローリングシャッターの影響ですが、Cinema5DによるLUMIX S1のテストでは競合機種と比べて良好、APS-Cモードなどでは大きく改善するようです。S1と似たセンサーだとすると、S1Hがどのような傾向を示すのか気になるところですね。

チルト+バリアングル機構の背面モニターや多機能なサブ液晶モニタは他の機種にも実装して欲しいと感じるポイント。あと、動画撮影時のミュート機能はLUMIX Gシリーズにも実装して欲しい機能。多少カメラが大きくなってもこれらが実装されるなら買ってしまうかも。

LUMIX DC-S1H 最新情報まとめページはコチラ

LUMIX DC-S1H
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フジヤエービック

関連カメラ

サイト案内情報

LUMIX S1H関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-LUMIX S1H, LUMIX フルサイズ, Panasonic, カメラ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.