「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikonレンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ニコンNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sはズームレンジ全域で一貫した描写性能【海外の評価】

更新日:

Lesnumeriqueがニコンの交換レンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

一貫性のある良好な描写

  • 他のZシリーズと同様、総金属製で防塵防滴仕様のレンズだ。控えめだが上品なデザインである。我々の見解としては大成功のように見えるが、ズーム内筒に接合部の切れ目が見えるのが僅かな欠点だ。
  • Z 24-70mm F4 Sと比べて倍ほど重いが、F2.8と考慮すると許容できるサイズに収まっている。
  • ズームリングは少し硬めの操作だが、フォーカスリングは本当に良好だ。
  • 手前に配置されたコントロールリングはとても滑らかだが、かなり緩いので誤操作に気を付ける必要がある。また、割当機能は露出補正と絞り値のみと残念だ。
  • OLEDパネルは小さすぎて使い勝手が悪い上、さらにZ 7やZ6にはサブ液晶モニタで正確な情報を確認できる。
  • L-Fnボタンはとても有用な機能だ。
  • 解像性能は他のNIKKOR Zと同様、非常に良好だ。絞り開放から気兼ねなく使うことが出来る。絞り値全域で実用的であるのみならず、ズームレンジ全域でも安定した描写傾向だ。注意すべきはF16以降の回折くらいだろう。
  • 歪曲収差はレンズプロファイルを内蔵しているためとても良好に補正されている。
  • 逆光耐性は問題無い。
  • 周辺減光はF2.8で目に付くが、全体的に良好な性能を考慮すると目に付く短所と言えるだろう。
  • 玉ボケは周辺で口径食の影響を受ける。また、中央でも完全な円形となっていないのはハイエンドなレンズとしてはやや残念だ。
  • オートフォーカスは高速で静かに動作する。

長所:絞り値全域、ズームレンジ全域における光学性能・L-Fnボタン・良好なビルドクオリティ・防塵防滴・マニュアルフォーカスリング・歪曲や色収差の補正

短所:F2.8の周辺減光・AFは完璧な静かさではない・コントロールリングに適用できる機能が少ない・OLEDパネルの必要性を感じられない・玉ボケが不完全

OLEDパネルとコントロールリングを許容できれば全体的に優れたパフォーマンスのレンズである。絞り値全域、ズームレンジ全域で一貫した光学性能はこのレンズの強みとなるはずだ。

とのこと。

欠点が無いわけではありませんが、Lesnumeriqueは総合評価で5点満点と高いスコアを付けているようです。辛口な評価となることが多い解像性能の結果がかなり良かったようですね。

コントロールリングの機能性は確かに改善して欲しいポイント。シームレスな拡大機能やAFモードの変更などに利用できると便利そうなのですけどねえ…。

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
バヨネットフード HB-87
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズキャップ82mm LC-82B
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

関連レンズ

Zマウント

Fマウント

社外製レンズは要動作確認

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価