「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikonレンズ Nikon標準レンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sは理想的なトラベルレンズ【海外の評価】

投稿日:

PhotographyBlogがニコンZの交換レンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

フレーム全域で良好なパフォーマンス

  • 新しいNIKKOR Zレンズ3本はどれもほぼ同じ形状・重さ・重量である。24-70mmの特徴は沈胴機構を採用していることだ。
  • 防塵防滴仕様に加えて、フッ素コーティングが施されている。
  • オートフォーカスはとても高速で静かな動作である。動画撮影に最適だ。極僅かなハンチングで被写体へ簡単にロックする。非常に低照度な環境ではオートフォーカスが遅くなる。
  • 色収差が発生しているのを見つけるのはとても難しい。一般的なプリントサイズでは確認できないはずだ。
  • 周辺減光は24mmの絞り開放で僅かな低下が見られる。28mm、35mm、50mmでは問題とならない。70mmの絞り開放は目立つ。
  • 歪曲は最小限に抑えられている。
  • シャープネス:
    24mm:絞り開放から素晴らしいシャープネスだ。F5.6でexcellent、F8で少しソフトになり、F11でさらにソフトになるがそれでも依然としてvery goodだ。F16-F22で回折の影響を受ける。フレーム全体で優れたシャープネスだが、四隅でベストなシャープネスはF8-F16だ。
    35mm:F4でfantastic、F5.6-F8でexcellent、F11で少し柔らかくなり、F16でさらに低下する。F22は最も甘くなる。フレーム全体で優れたシャープネスだが、四隅でベストなシャープネスはF8-F16だ。
    50mm:F4で並外れた結果となり、F5.6-F8でexcellent、F11で少し低下し、F16でも依然としてvery goodだ。全体的に問題はないとても良好な画質である。四隅でベストなシャープネスはF8-F16だ。
    70mm:F4-F5.6でexcellent、F8で僅かに低下し、F11でさらに低下する。全てのイメージはプリントサイズやwebサイズならgreatだ。四隅でベストなシャープネスはF8-F16だ。

トラベルレンズとして理想的な標準ズームだ。F4の絞り値とズームレンジが妥協点となるが、画質はとてもシャープである。デザインはシンプルで操作が簡単なレンズだ。

999ポンドと非常に高価だが、Z 7やZ 6のキットレンズとして手に入れる場合は遥かに安くなる。

比較的コンパクトなF4ズームレンズですが、解像性能はとても高いレンズとのこと。PhotographyBlogの評価で「fantastic」の単語を見るのは珍しいですね。ズームレンジを考えると少し高価な標準ズームですが、パフォーマンスは良さそうです。

私が手に入れた個体も似たような結果です。広角端と望遠端の周辺減光が気になるくらいで、逆光耐性は鬼のように強力、解像性能はズームレンジ全域で良好。絞り開放の画質が良すぎるためか、回折影響が出始める絞り値が早いように感じます。

理想的なトラベルレンズと評価していますが、個人的には少しズームレンジが足らないかなと。望遠レンズと組み合わせたいところですねえ。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

ニコンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-Nikonレンズ, Nikon標準レンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価