FX D780 Nikon カメラ デジタルカメラ総合 ニコン 一眼レフ

ニコンD780はあらゆる状況に対応できる優れた一眼レフカメラ【海外の評価】

【ニュース】EOS R5正式発表

スポンサーリンク

ePHOTOzineがニコンの新型一眼レフカメラ「D780」のレビューを掲載しています。

Nikon D780 Tested To The Limits Review

  • Z 6にも搭載している裏面照射型2400万画素センサーを使用している。これは他の一眼レフカメラと比べて最高の2400万画素センサーだ。優れた低照度性能を発揮する。
  • 像面位相差AFに対応しているため、ライブビューでの高速AFが利用可能だ。
  • 電子シャッターによる12fps連写にも対応している。
  • D750と主な違いは以下の通りだ。
    ・HDR JPEG+RAW出力
    ・フォーカスシフト撮影
    ・像面位相差AFに対応したライブビュー
    ・AF/AE追従で7コマ秒連写
    ・12コマ秒のサイレントモード
    ・ISO204800まで利用可能な拡張ISO
    ・18万RGB測光センサー
    ・900秒~1/8000秒のシャッタースピード
    ・4K UHD動画
    ・Bluetooth内蔵
    ・USB C端子
    ・2260コマのバッテリー寿命
  • マグネシウム合金ボディでしっかりとした感触のカメラだ。グリップは十分快適である。
  • 重量は840gなので、ミラーレスと比べるとかなり重い。しかし、24-70VRのようなレンズと組み合わせる時、バランスは良好だ。
  • バッテリーやメモリーカードコンパートメントは頑丈で十分な耐候性を備えている。悪天候でテストしたが、カメラは完璧に動作した。
  • D850やD500などに備わっているボタンイルミネーションやジョイスティックは搭載していない。
  • 小さなOKボタンは手袋を装着していると押し辛いかもしれない。
  • オートフォーカスはファインダーで51点、ライブビューで273点のフォーカスシステムを採用している。ファインダーでは顔検出、ライブビューでは瞳検出まで可能だ。
  • ファインダーAFは-3EVの低照度まで対応しているが、非常に暗い場所ではまだ苦労することがある。ライブビューAFは-4EVまで対応しており、ローライトAFをオンにすることで-6EVまで利用可能だ。
  • モニターは230万ドットと高解像だ。リフレッシュレートは適切だが、我々が見てきた中で最速とは言えない。視野角は優れており、明るい屋外でも視認性はとても良好だ。自撮りには対応していない。
  • 写真と動画のメニューシステムは探している設定が見つけやすい。ソニーなど他社もこれを見習ってくれることを望む。
  • バッテリーライフは2260コマだが、BluetoothやWiFiを利用すると短くなる。
  • ファインダーの顔検出は必ずしも正確という訳では無い。ライブビューの顔検出・瞳検出は問題無く機能する。
  • 多くの場合露出は信頼できるが、ファインダーとライブビューで僅かな違いがある。ライブビューはより正確で後処理の必要性が少なかった。
  • ISOノイズ
    ・ISO100~3200で優れたパフォーマンスを発揮する。
    ・ISO6400でディテールの低下が始まる。
    ・ISO12800でさらに低下するが、依然として良好な画質だ。
    ・ISO25600はノイズが目立つものの、使用可能な画質だ。
    ・ISO51200は彩度が低下するので使いたくない場合がある。
    ・H1以上は避けるべきだろう。
    ・D750と比べてノイズ耐性が大きく向上している。
  • 屋外でAWBは優れている。
  • 4K UHDは全画素読出しで良好な画質である。さらに像面位相差AFは良好に動作する。

ニコン一眼レフの優れたエルゴノミクスと操作性に加え、ミラーレスZシステムの最新技術も組み込んだカメラだ。ほぼ全ての撮影シーンに対応でき、優れた結果を生み出すことができる。フルサイズ一眼レフを検討しているのであれば有力候補だ。特に低照度におけるノイズ耐性が優れているので、ウェディングや夜間での撮影が多い場合に重宝するだろう。

長所:優れたノイズ耐性・優れた画質・4K動画の見栄え・見事なバッテリーライフ・頑丈で信頼性の高いボディ・内蔵ヘルプシステム

短所:ファインダーのAFと測光はライブビューほど正確ではない・Bluetoothオンの状態だとバッテリーライフが低下する・内蔵フラッシュが無くなった

ePHOTOzine:Nikon D780 Tested To The Limits Review

とのこと。
像面位相差AFに対応し、Zカメラのシステムを応用したことでとても良好なライブビュー性能を手に入れたみたいですね。ニコン一眼レフのライブビューはD780登場までコントラストAFが主流だったので見違えるようなパフォーマンスに驚くこと必至。かく言う私もD850のモッサリとしたライブビューにイライラしていた一人なので(それが原因でZ 7に乗り換えました)、D780の像面位相差AF対応は羨ましい限り。

センサーはニコンZ 6やソニーα7 IIIに搭載されているものと同じ裏面照射型2400万画素センサーだと思われます。このセンサーは高感度ISOの画質に定評があるので屋内やスポーツ・野生動物の撮影に適していると言えそうですね。私はα7 IIIを使用していますが、確かに高感度画質は優れていると感じます。

Z 6より少し高価なのが悩ましいところですが、光学ファインダーを使った撮影を楽しみたいのであれば良い選択肢と言えそうです。

ニコンD780の最新情報を集めるページはコチラ

D780 ボディー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
e-BEST ヤマダ ノジマ PayPay

Nikon D780とあわせて検討したいカメラの比較記事

スポンサーリンク

サイト案内情報

ニコンD780関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony E 最大5万円 -2020/7/26 2020/8/11
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-FX D780, Nikon, カメラ, デジタルカメラ総合, ニコン 一眼レフ
-

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.