「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canonレンズ Canon標準レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノンRF50mm F1.2L USMは過去最高の50mmだが高価で巨大なレンズ【海外の評価】

投稿日:

PhotographyBlogがキヤノンの交換レンズ「RF50mm F1.2L USM」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

最高の50mmだが非常に高価

  • 重さ950g、長さ11cmのがっしりとした単焦点レンズだ。これはEF50mm F1.2L USMと同等である。
  • EOS Rとの組み合わせでバランスは取れているが左手で支える必要はあるだろう。
  • ビルドクオリティは抜群だ。大部分はプラスチック製のしっかりとした作りである。
  • フォーカスリングは幅広い。
  • オートフォーカスはとても高速でEOS Rとの組み合わせで0.05秒で被写体へロックする。「-5EV対応」と言われている通り、良光でも低照度でもAFが迷う経験は少なかった。駆動音はほとんど無音だ。
  • 色収差はとてもよく補正されている。テストではほんの僅かしか色収差を見つけることが出来なかった。
  • F16-F22でとても良好な光条が発生するが、ゴーストには注意したい。
  • F1.2で目立つ周辺減光が発生する。これを解消するにはF4まで絞る必要がある。
  • 歪曲はとても良好に補正されている。
  • ボケの評価には個人差があるが、我々には大成功を収めているように見える。
  • シャープネスは中央・隅ともにF1.2でexcellent、F1.4-F11でoutstanding、F16-F22で回折の影響を受ける。

RF50mm F1.2L USMは信じられないような値札の付いたびっくりするレンズだ。我々がテストした中で過去最高の50mmであり、それと同時に最も巨大で最も高価なレンズである。もし50mm F1.2が本当に好きな人であればこのレンズとなるが、よりカジュアルなユーザーにとってはEF用50mmを使うことをおススメする。

レンズ口径から期待できるように驚異的な画質だ。隅から隅までシャープ、色収差はほとんど無い。唯一の欠点はF1.2における顕著な周辺減光くらいだろう。ビルドクオリティは優れており、オートフォーカスは静かで高速、そして正確だ。

このレンズの価格やサイズを正当化するのは難しいが、このレンズでしか撮れないものがあると感じることが出来れば買いだろう。

とのこと。

他のレビューサイトと同様、高い評価となったようです。ただし、周辺減光はやはり指摘されていますね。

オートフォーカスはとても良好な模様。ここだけでもEF50mm F1.2L USMから乗り換える価値があるかもしれませんね。ちなみにLensrentalsの分解レビューによるとUSMはEF400mm F2.8L IS III USMと同じものを使っているのだとか。

RF50mm F1.2L USMのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

サイト案内情報

キヤノン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

現在のキャッシュバックキャンペーン一覧表

キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/1 -2019/9/17
ツアイス ミラーレス 最大2万円 -2019/8/18 -2019/8/21
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 -2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/1 -2019/9/17
RX100シリーズ 5千円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony α7 最大3万円 -2019/7/28 -2019/8/13
Sony APS-C α 最大1.5万円 -2019/7/28 -2019/8/13
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 -2019/10/15
Nikon Z 最大4万円 -2019/7/29 -2019/8/23

-Canonレンズ, Canon標準レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価