「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Carl Zeissレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

ツアイスTouit 2.8/50Mは優れた光学性能だが玉ねぎボケに注意【海外の評価】

Sony Alpha Blogがカールツアイスの交換レンズ「Touit 2.8/50M」のレビューを掲載しています。

スポンサーリンク

価格は高いが優れたシャープネス

  • ビルドクオリティは本当に良好だ。被写界深度指標や絞りリングは存在せず、すべてボディ側でコントロールされる。
  • フォーカスリングはとても粉塵が付着しやすい。
  • オートフォーカス程よい速度だがBatisほどではない。駆動音が発生し、特にAF-Cや動画撮影中では顕著だ。
  • シャープネス:α6000 2400万画素
    ・中央:F2.8-F11でexcellent、F16で回折の影響を受ける
    ・四隅:F2.8でvery good、F4-F11でexcellent、F16で回折の影響を受ける
    ・光学性能は優れている
  • 周辺減光はF2.8で中程度、F4で解消する。
  • 歪曲は小さい。
  • 色収差はゼロに近い。
  • フレア耐性は良好だ。
  • 玉ボケはまずまずで四隅の変形と非球面収差の影響がある。後ボケはとても素敵で柔らかい。
  • 発色は実に良好だ。

Touit 50mm F2.8 Macroはとても良好な光学レンズだ。

「優れたシャープネス、素晴らしい発色、素敵な後ボケ、とても良好なビルドクオリティ、とても良好なマクロ、色収差が無い、低歪曲」など優れた特性を持っている。

しかし一方で「APS-C用レンズとしては非常識な価格設定でフルサイズ用レンズが買えてしまう、玉ねぎボケ、絞り開放の明るさが控えめ、AFモーターはとても速くはない」と言った点には注意が必要だ。

とのこと。

高価ですがそれ相応のパフォーマンスを持っているようです。ただし、非球面レンズの影響で玉ねぎボケが出ているのが気になるところ。

実際に作例を見てみると、確かに玉ねぎボケの傾向は見られますがそこまで大きな影響でも無いように感じられます。

Touit 2.8/50Mのレビュー・作例を集めているページはコチラ

スポンサーリンク

購入早見表

Touit 2.8/50M Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
Touit 2.8/50M FUJI X
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

サイト案内情報

カールツアイス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Carl Zeissレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.