FUJIFILMレンズ 海外の評価

XF18-120mmF4 LM PZ WRはズーム全域で非常に良好な中央解像性能

PhotographyBlogが「XF18-120mmF4 LM PZ WR」のレビューを公開。ズーム全域で良好な中央解像と、F4でソフトな周辺解像と指摘しつつ、動画向けのズームレンズとして優れた選択肢になると評価しています。

PhotographyBlog:Fujifilm XF 18-120mm F4 LM PZ WR Review

外観・構造:

  • ビルドクオリティは良好だ。X-H2のようなボディと一致する。
  • レンズマウントは金属製だ。
  • 外装は防塵防滴構造となっている。
  • ズーム操作で電動音がハッキリと聞こえる。
  • プラスチック製の花形レンズフードが付属する。

携帯性:

  • 全長123.5mm、重量460gの小型軽量なズームレンズだ。
  • インナーズームのため鏡筒は伸びない。
  • 重心に変化が無いのでジンバルに搭載しやすい。

操作性:

  • ズームリングとフォーカスリングのほか、ズームレバーを搭載している。
  • 二つのリングは滑らかに動作する。
  • Z/Fボタンで定速ズームにも対応しているが、ボタンをカスタマイズすることも可能だ。
  • 従来の絞りリングは無い。

フォーカス:

  • リニアモーター駆動で動作する。
  • AFは高速かつ静かで、静止画・動画どちらにも適している。
  • 最短撮影距離は60cm、最大撮影倍率は0.2倍だ。

手ぶれ補正:

  • 光学式の手ぶれ補正は非搭載だ。

解像性能:

  • 18mmの中央はF4から非常にシャープだ。フレーム端は中央ほどでは無く、F4でソフト、F8~F11で最適となる。
  • 50mmの中央はF4から非常にシャープだ。フレーム端は中央ほどでは無く、F4でソフト、F8~F11で最適となる。
  • 85mmの中央はF4から非常にシャープだ。フレーム端は中央ほどでは無く、F4でソフト、F8~F11で最適となる。
  • 120mmの中央はF4から非常にシャープだ。フレーム端は中央ほどでは無く、F4でソフト、F8~F11で最適となる。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • F4のズームレンズとしては魅力的なボケだ。

色収差:

  • コントラストが高い領域のみ色収差が現れる。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 後処理が必要な歪曲収差がズーム両端にある。

周辺減光:

  • 特に広角側のF4で目立つ周辺減光が発生する。
  • 解消するには3段絞る必要がある。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • F16-F22で素敵な光条が発生する。
  • フード装着時でもフレアの影響を受けやすい。

作例集

総評

  • 富士フイルムの豊富なレンズラインアップの中でも、特にビデオカメラマンに多くのものを提供する革新的なレンズだ。
  • 万能ズームを求めるスチルカメラマンにとっても、多彩な焦点距離と小型軽量を組み合わせた点が高く評価されるだろう。
  • ズーム全域の中心部がシャープだが、周辺部の性能はそれほど良くなく、最良の結果を得るためには少なくともF8まで絞る必要がある。
  • パワーズームのモーター音はかなり聞こえる。

全体として、このレンズは動画を意識した個性的なズームレンズだ。ボディ内手ブレ補正を搭載したX-H2・X-H2Sと組み合わせる優れた選択肢となるだろう。

とのこと。
滑らかなズーム操作に対応した動画向けの高倍率ズームレンズですね。従来のXFレンズと比べて異なる点が多く、かなり特殊なレンズとなっている模様。インナーズームは便利ですが、標準ズームとしては全長がかなり長いので、X-H2のような大型ボディ以外で扱うには少し大きすぎると感じるかもしれません。(望遠ズームの「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」よりも全長が長い)

光学性能はズーム全域で中心がとても良好である一方、フレーム端は少しソフトとなる模様。ただし、テスト機として4000万画素のX-H2を使用しているので、少し厳しめの評価となっている可能性あり。実写作例を確認してみると、フレーム端はF4で少しソフトに見えます。絞れば改善するものの、回折の影響を受けやすいX-H2で最適なバランスを見出すのは少し難しいかもしれません。

PhotographyBlogは色収差補正やボケ質の評価が高いものの、サンプルギャラリーを確認してみると、最近のズームレンズとしては色収差が少し目立ち、ボケも状況によって騒がしく見えます。全体的に操作性や機能性を重視した動画向けのパワーズームという印象が強いレンズ。この辺りはもう少し他のレビューを見てみたいところですねえ。ズーム操作時の駆動音が動画撮影に影響しないのかどうかも気になるところ。

富士フイルム XF18-120mmF4 LM PZ WR 最新情報まとめ

XF18-120mmF4 LM PZ WR
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古在庫を探す

レンズの仕様

レンズの仕様
発売日 2022年9月 初値 117,810円
マウント X 最短撮影距離 0.6m
フォーマット APS-C 最大撮影倍率 0.2倍
焦点距離 18-120mm フィルター径 72mm
レンズ構成 12群15枚 手ぶれ補正 -
開放絞り F4 テレコン -
最小絞り F22 コーティング S.EBC
絞り羽根 7枚 円形絞り
サイズ・重量など
サイズ 77.3×123.5mm 防塵防滴 対応
重量 460g AF リニア
その他 パワーズーム
付属品
キャップ・フード・クロス

関連レンズ

関連記事

-FUJIFILMレンズ, 海外の評価
-