Canon関連の情報 カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノンは2021年に2台の8K対応Cinema EOSを投入する?

Canon Rumorsがキヤノン映像システムについて噂情報を発信しています。2021年に8K対応のCinema EOSが複数登場するのだとか。

Canon Rumors:Canon to introduce two 8K Cinema EOS cameras in 2021 [CR2]

キヤノンは2015年のキヤノンEXPOで8K Cinema EOSカメラを発表した。そして今、キヤノンEOS R5が8K機能を持って登場した。
キヤノンの次のステップとして、8K動画機能を備えたCinema EOSカメラを導入することになるだろう。

キヤノンは2021年に1台ではなく、2台の8K Cinema EOSカメラを発表すると聞いている。そのうちの1台は「Aカメラ」を目指したフラッグシップカメラであり、おそらくCanon Cinema EOS C700のフォームファクタになるだろう。

もう一つは、Cinema EOS C300 Mark IIIやCinema EOS C500 Mark IIと同じように、よりモジュール化されたカメラになると聞いている。それがCinema EOSのエコシステムにどのようにフィットするかは、現時点では不明である。

私は、通常4月に開催されるNAB 2021のタイムフレームの頃まで発表は期待していない。

とのこと。
C700と言えば数百万円する高価な映像機器ですね。Super35mm相当の1000万画素CMOSセンサーを搭載。4K 60pの内部記録に対応。
これが8K対応となると、従来と比べてかなり高画素なセンサーを使用することとなります。C700が登場した2016年から5年の間に高画素でも同等のパフォーマンスを得られるようになったのか、それとも4Kモデルも併売するのか気になるところ。

ちなみにC700はグローバルシャッター対応モデル「GS PL」を投入していますが、8K対応モデルでGS版が登場するのかは不明。

また、2020年内にRFマウントのCinema EOSも登場すると噂されており、8Kモデルとは別の非常にコンパクトなボディとなる模様。対応するマウントアダプターも複数用意されるらしい。

サイト案内情報

キヤノン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25

-Canon関連の情報, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER