Nikonレンズ Nikon広角レンズ Nikon標準レンズ Z NIKKOR カメラ レンズ

NIKKOR Z 50mm F1.2・14-24mm F2.8は動画に適した仕様で来週中に発表?

Nikon Rumorsが近日登場と噂されている「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」について情報を発信。来週発表、どちらも動画撮影でも使いやすい仕様となりそうですねえ。

来週中に登場か?

Nikon Rumors:Additional information on the Nikkor Z 50mm f/1.2 S and 14-24mm f/2.8 S lenses, announcement next week

来週発表されるNIKKOR Z 50mm F1.2 SとNIKKOR Z 14-24mm F2.8に関する本物の噂だ。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S

  • 内部に多くのレンズを詰め込んだ大きなレンズ
  • 2枚のEDレンズと3枚の非球面レンズを含む15群17枚
  • フォーカスブリージングについて言及
  • NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」と同じLCDモニタが搭載される
  • NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」と同サイズ
  • Fnボタンあり
  • サイズ:90mm×150mm
  • 防塵防滴
  • 50mm F1.2にもNoctと命名される可能性がある

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

  • Fマウント版より小さく軽い
  • 「動画対応」
  • 滑らかで静かなAF
  • フォーカスブリージングやズーム中のフォーカスシフトほぼ無い
  • ほぼフラットな前玉
  • 通常のフィルター使用可能
  • フィルターサイズは112mm
  • リアフィルターソケット
  • 異なるレンズフードが存在する(DX・FX)

ニコンがこれら2つのレンズに加え、何か他の新製品を発表するのかどうかは分からない。

【広告】AmazonにてProGrade Digital CFexpressがセール中

とのこと。
どうやら2つの新しいレンズは来週にでも発表される可能性が高そうですね。どちらもフォーカスブリージングに言及し、動画に適した仕様が期待できます。
特に広角レンズで画角変化が抑えられているのは凄い。「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」をテストした際はブリージングがほぼ皆無となるまで抑えられていたので、同等の性能を期待したいところ。動画のみならず、静止画でも接写時に使いやすいのです。
Z 50mm F1.8のインタビューによると、各レンズに適したフォーカス方式を採用し、ブリージングや滑らかなAFを目指しているとのこと。色調に変化が無いのも嬉しい統一感ですね。

今のところ価格設定は不明。どちらも非常に高価なレンズとなりそうですが、キヤノンRFマウントの同等レンズよりは安くなるのでは?と予想しています。

参考:Zシステム ラインアップ・ロードマップ

カメラ

レンズ

ロードマップ

サイト案内情報

ニコン関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Nikonレンズ, Nikon広角レンズ, Nikon標準レンズ, Z NIKKOR, カメラ, レンズ
-,

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2020 All Rights Reserved.