Canon Canon関連の情報 EOS R3 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

キヤノン「EOS R3」の追加画像と比較【更新】

EOS R3の追加画像がネット上で出回り始めました。1DX3のようなAF-ONボタンの赤外線コントロールも搭載しているようですね。ひとまず1DX3とR5の比較画像を用意しました。

ついにEOS R3の背面レイアウトが明らかとなりましたね。従来の縦位置グリップ一体型モデルと異なり、バリアングルモニタを搭載している点が特徴的と言えそうです。1DX3のような下部のサブ液晶モニタはない模様。ただし、赤外線センサーを搭載したスマートコントローラー対応のAF-ONボタンを搭載しています。

EOS-1D X Mark IIIと比較すると、少々の違いがあるものの、ボタンレイアウトに大きな変化は無さそうですね。一眼レフからスムーズな移行ができそうに見えます。一眼レフからの移行を意識したデザインなのか、それとも1D Xのデザインが洗練され過ぎてこれ以上の改善が出来ないのか…。少なくとも、個人的には非常に使いやすそうなカメラに見えます。もしくは視線入力AFのためにアイカップを大きくする必要があったのかもしれません。

EOS R5と比べるとコントロールが充実しており、ワンランク上のカメラデザインに見えます。縦位置グリップ一体型デザインにより、ジョイスティックなどの配置に無理が無いのは良いですねえ。ミラーレスカメラでこのデザインは貴重な存在。

縦位置グリップが別売りオプションのソニー「α1」と比べるとご覧の通り。ジョイスティックやAF-ONボタンの位置に無理が無いようなデザインに見えます。グリップの形状にもこだわりがあるように見えますね。また、ファインダーアイカップのサイズが明らかに異なり、眼鏡着用者でも利用しやすい形状となっている模様。

参考までに、ミラーレスカメラとしては初めて縦位置グリップ一体型モデルとなるOM-D E-M1Xとの比較。4/3型の小型センサーを搭載するカメラですが、エルゴノミクスを重視するとこのようなデザインになると言うことかもしれません。

最新情報と噂のまとめ

キヤノン「EOS R3」最新情報・噂まとめページ

開発発表

  • 自社製フルサイズ裏面照射積層CMOSセンサー
  • 高性能映像エンジン DIGIC X
  • 電子シャッター 最高30コマ/秒のAF・AE追従撮影
  • 瞳と胴体を検知機能を追加
  • 視線入力対応ファインダー
  • EOS-1D系と同等の防塵・防滴性能
  • 縦位置グリップ一体型
  • Mobile File Transfer対応
  • ハイアマチュアモデル(プロモデルではない)

  • 「解像度のトリック」
    ・ピクセルシフトマルチショット?
  • 次世代のデュアルピクセル CMOS AF
  • 6000ドル未満

参考:開発発表時のプレスリリース

PRTIMES:フルサイズミラーレスカメラ“EOS R3”を開発 高速・高感度・高信頼性によりユーザーの撮影領域を拡大

現在開発中の“EOS R3”は、高速・高感度・高信頼性をコンセプトとしたモデルです。デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」(2020年2月発売)に代表される「EOS-1」シリーズと、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」(2020年7月発売)に代表される「EOS 5」シリーズに加え、新しいラインのカメラとして投入予定です。動体撮影を含む静止画、動画撮影ともに本格的な作品づくりを行うプロやハイアマチュアユーザーのニーズに応えるカメラを目指しています。

EOSシリーズ初搭載となる、新開発の35mmフルサイズ裏面照射積層型CMOSセンサーによる高速読み出しと、映像エンジン「DIGIC X」の高速画像処理により、電子シャッター撮影時においてAF/AE 追従で最高約30コマ/秒(※1)の高速連写と高感度を両立しています。加えて、電子シャッターによる像の歪みを大幅に抑制するとともに、室内や夜景など暗いシーンでもノイズを抑えた動体撮影を実現しています。また、各画素が撮像と位相差AF の両方の機能を兼ねる「デュアルピクセル CMOS AF」により、高速・高精度・広範囲なAFを提供するとともに、ディープラーニング技術を活用したアルゴリズムの強化により、人物の頭部・瞳の検出機能の向上と新たに胴体の検出を実現し、ポートレートや被写体の動きが大きいスポーツなどの撮影シーンでも高い被写体追尾性能を発揮します。新たに検出が可能となる被写体の追加に向けた開発も進めています。さらに、キヤノンのデジタルカメラで初めて視線入力機能(※2)を搭載し、静止画撮影時において、ファインダーを覗いた瞳の動きに合わせてAFフレームを動かすことができるため、ピントを合わせる被写体を素早く切り換えながら快適な撮影が可能です。

「EOS-1」シリーズで培った防じん・防滴性能や、縦位置グリップ一体型ボディーなど、信頼性と操作性を踏襲するとともに、本日発表したプロの撮影現場におけるワークフローの高速化に寄与するモバイルアプリケーション「Mobile File Transfer(※3)」に対応し、プロの高いニーズに応えます。

「EOS Rシステム」は、今後も魅力的なカメラと「RFレンズ」のラインアップを拡充することで、ユーザーの撮影領域の拡大を目指していきます。

※1 組み合わせるレンズや撮影条件によっては連続撮影速度が低下する場合があります。
※2 サングラスやミラーサングラスなど特殊コーティングが施された眼鏡、ハードコンタクト、遠近両用メガネを使用した場合や、目の大きさやまぶたの厚さ、まつ毛の長さなどの個人差や、使用環境などにより、視線入力機能が使用できないことがあります。
※3 iOSのみに対応。“EOS R3”に対応するバージョンは有償。有線・無線接続に対応し、有線接続には通信に対応したUSBケーブルが別途必要です。
* IOS は、米国およびその他の国々における Cisco 社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

ハイライト

  • 自社製フルサイズ裏面照射積層CMOSセンサー
  • 高性能映像エンジン DIGIC X
  • 電子シャッター 最高30コマ/秒のAF・AE追従撮影
  • 瞳と胴体を検知機能を追加
  • 視線入力対応ファインダー
  • EOS-1D系と同等の防塵・防滴性能
  • 縦位置グリップ一体型
  • Mobile File Transfer対応

参考リンク

EOS R3関連記事

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
E-P7&レンズ 景品&Giftカード -2021/9/30 2021/10/14
EOS R5 景品 -2021/7/26 2021/8/31
EOS R/M 最大3万円 -2021/7/26 2021/8/31
Z 5 & Zレンズ 最大2万円 -2021/6/7 2021/7/31
LUMIX S5 最大3.5万円 -2021/6/7 2021/6/18
LUMIX GH5 II 最大2万円 -2021/8/29 2021/9/12

-Canon, Canon関連の情報, EOS R3, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER