Canonレンズ Canon中・望遠レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

キヤノン「RF70-200mm F4 L IS USM」優れた中央解像だが四隅が部分的に甘い

【広告】カメラのキタムラ 中古クリアランスセール

Digital Camera Worldがキヤノン「RF70-200mm F4 L IS USM」のレビューを公開。コンパクトサイズを実現しつつ、200mmまで良好な中央シャープネスを評価する一方、四隅のシャープネスや色収差を指摘しています。

驚異的なコンパクトサイズだが

Digital Camera World:Canon RF 70-200mm f/4L IS USM review

レンズの紹介:

  • 世界で最も短い70-200mm F4だ。RF70-200mm F2.8よりさらに短く、軽くなっている。
  • 既存のEF70-200mm F4Lより大幅に高価である。もちろんEF70-200mmをアダプター経由で装着することも可能だ。RF70-200mm F4Lの価格設定が正当化できるのか見ていきたい。
  • 主な仕様
    ・キヤノンRFマウント
    ・デュアルナノUSM
    ・11群16枚
    ・5段分の手ぶれ補正
    ・絞り羽根9枚
    ・最短撮影距離0.6m
    ・最大撮影倍率0.28倍
    ・フィルター77mm
    ・サイズ 83.5×119mm
    ・695g

ビルドクオリティ:

  • Lレンズらしく防塵防滴仕様であると共に耐衝撃性も備えている。
  • ズーム操作で内筒が伸びる仕組みだ。
  • 内筒にシーリングが施されており、防塵防滴性を維持しながらズーム可能である。同様の仕組みを採用しているF2.8Lについて問題があると聞いたことは無い。
  • テレコンバージョンレンズと三脚リングは非対応だ。

携帯性:

  • 注目すべきは間違いなくレンズのサイズだ。わずか83.5×119mmであり、重量は695gだ。
  • RF70-200mm F2.8Lよりも軽く、短い。
  • 一眼レフ用の70-200mmと比べるとさらに印象的だ。EF70-200mm F4Lは780g、176mmである。さらにアダプターを装着する必要がある。
  • カメラに装着したまま小さなスリングバッグに収まってしまう。クレイジーだ。

操作性:

  • 記載なし。

オートフォーカス:

  • フローティング構造のデュアルナノUSM駆動を採用している。
  • 静止画で高速なAFと動画で滑らかなフォーカスを実現している。
  • AFはF2.8Lと同じくらい高速である。
  • フローティング構造のおかげで短い最短撮影距離を備えている。これはEF70-200mmよりも良好だ。
  • フォーカスブリージングの抑制は完璧では無いが、良く抑えている。

マニュアルフォーカス:

  • 記載なし。

手ぶれ補正:

  • レンズのみで光学5段分の補正効果がある。
  • EOS R5やR6に装着すると、最大7.5段分の補正効果を実現する。これはF2.8Lと比べて0.5段分弱いが、それでも印象的な性能だ。
  • モード1は一般的な撮影に、モード2は流し撮り用だ。モード3はアクション撮影に適しており、手ぶれ補正を常時可動させないのでバッテリーも節約できる。

解像性能:

  • 中央は一貫して優れており、望遠端でしばしば低下するシャープネスにも問題は無い。F5.6で最もシャープだが、F4でも非常に良好だ。
  • 四隅のシャープネスは広角端と中間域で期待に達しなかった。被写体によってはそれほど問題とならないと思うが、Lレンズとしては残念だ。
  • ラボテストでも中央シャープネスは焦点距離・絞り値全域で優れている。200mmのシャープネスは特に見事だ。
  • 四隅は70mmで低下するが、100mmで改善する。しかし135mmで再び低下し、200mmで再び立派な性能となる。135mmでの低下は異常なので、個体差の可能性もある。少なくとも四隅のシャープネスは絞り値全域で一貫している。

像面湾曲:

  • 記載なし。

ボケ:

  • 記載なし。

色収差:

  • 135mmを除く全ての焦点距離で色収差が目立つ。カメラ内補正を有効にすることで大幅に低減できるだろう。

球面収差:

  • 記載なし。

歪曲収差:

  • 70mmで穏やかな樽型、100mmから糸巻き型へと変化する。
  • 135mmと200mmでもっとも糸巻き型歪曲が大きくなるが、どの焦点距離にしても目障りな収差量ではない。

周辺減光:

  • 記載なし。

コマ収差:

  • 記載なし。

逆光耐性:

  • 記載なし。

総評

キヤノンRF 70-200mm F4L IS USMは、カメラに装着したままスリングバッグに収まるほど驚異的なコンパクトサイズだ。EOS R5と組み合わせても200mmの中央シャープネスは70mmと同等で、最大7.5段分の手ブレ補正を搭載し、静止画でも動画でもしっかりとした性能を発揮する。
残念なことに、テレコンバーターとの非互換性とコーナーシャープネス、そして価格設定が代償となっている。EFレンズより50%高価であることを考えると後味が悪い。

  • 長所
    ・史上最短の70-200mm
    ・素晴らしい中央シャープネス
    ・高速で静かなAF
  • 短所
    ・テレコン非対応
    ・F4レンズとしては高価
    ・三脚リング非対応

とのこと。
昨年から発売が延期されているレンズですが、Digital Camera Worldの手元にプリプロダクションモデルがあるということは、そろそろ発売かもしれませんね。

70-200mm F4クラスのレンズとしては非常にコンパクトで軽量なモデルですね。それにも関わらず、EOS R5にも耐えうる中央解像を備えている模様。残念ながら四隅のシャープネスや色収差が目立つらしいので、光学性能だけで言えばEF70-200mm F4L IS III USMのコストパフォーマンスが光りそうですね。

とは言え、Digital Camera Worldのラボテストは比較的近い距離のチャートを使っている可能性があり、他のレビューサイトでのテスト結果も確認したいところ。私も一つ予約しているので、手元に届いたらEOS R5と組み合わせてチェックしてみたいと思います。

キヤノン「RF70-200mm F4 L IS USM」交換レンズデータベース

関連レンズ

一眼レフ用

関連記事

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony α 最大7万円 ~2021-5-9 2021-5-24
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER