「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY SONY関連の情報 カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

”8K・16bit・12bit50コマ秒・3600万画素”ソニーのド変態イメージセンサー「IMX435AQJ」仕様書がリークされる?【噂】

投稿日:

Sony Alpha Rumorsが噂情報の信憑性を高めるべく、リークされた仕様書を公開しています。

スポンサーリンク

8K 30p 12bit・8K 60p 10bit

10日前、新型6000万画素・3600万画素の16bit・8Kセンサーについて情報を発信した。一部の人はSR5の噂を信用していないようだ。しかし本日、喜ばしいことに私は新型3600万画素センサーの仕様書を共有できた。

(一部抜粋)

  • IMX435AQJ
  • 35mmフルサイズCMOS
  • 43.582×31.182mm
  • SNR1s=0.05lx
  • ハイスピード像面位相差AF
  • DOL-HDR/SME-HDR
  • 10bit/12bit/14bit/16bit 18-パラレル高速A/D変換
  • 裏面照射型積層センサー
  • イメージサイズ:
    ・総画素:7764×4964=3,854万画素
    ・有効 3:2:7384×4936=3,645万画素
    ・有効 16:9:7734×4356=3,369万画素
  • マルチアスペクト 16:9/3:2
  • フレームレート(3:2時)
    ・36MP+16bit=10.24
    ・36MP+14bit=25.01
    ・36MP+12bit=50.02
  • フレームレート(16:9時)
    ・33MP+16bit=10.96
    ・33MP+14bit=29.97
    ・33MP+12bit=59.94

以前にも述べた様に、これはサードパーティのメーカーが使用できることを意味している。このセンサーの全機能は使えないかもしれないことは念頭に置いておこう。ボトルネックとなるのはプロセッサーや全体的なカメラデザイン(熱対策)だ。

α7S IIIはこのセンサーではない可能性が高く、このセンサーの変種となるかもしれない。

とのこと。

3600万画素(3:2)で50コマ秒(12bit時)を叩き出すぶっ飛びセンサーのようですね。14bitでもα9の20コマ秒を上回っている模様。16:9時は8K 30p 14bit、8K 60p 12bitと動画出力が半端ないことになりそうです。

3:2と16:9のマルチアスペクトとなっているようです。α7R IIIなどは3:2に横幅を合わせた16:9となっていますが、このセンサーでは横幅を変化させて画角を維持しているようです。このため、撮像素子のサイズが少し大きくなっています(例:α7R IIIは35.9×24.0mm)。

凄まじいスペックのセンサーですが、民生機のデジカメサイズでこのセンサーをフル活用するのはまだ難しいかもしれません。カメラ燃えちゃいそうですね。

以前にもソニー自身が述べていたように、これからはイメージセンサーの情報を処理するプロセッサーやカメラの発熱対策・回路設計がより一層重要なものとなりそうです。

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニー関連の最新記事

ソニー関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-SONY, SONY関連の情報, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報