Canonレンズ Canon中・望遠レンズ Canon関連の情報 RFレンズ カメラ レンズ 機材の噂情報・速報 海外の評価

キヤノンRF85mm F1.2L USMはこれまでテストした中で最高の光学性能

Optical Limitsがキヤノンのミラーレス用交換レンズ「RF85mm F1.2L USM」のレビューを掲載。ずば抜けた解像性能で、競合レンズではほとんど太刀打ちできない模様。後ボケは少し騒がしい場合もあるようなので、気になる人はDS版でしょうか。

ずば抜けた解像性能

Optical Limits:Canon RF 85mm f/1.2 USM L - Review / Test Report

  • キヤノンは大口径単焦点レンズが無ければキヤノンでは無い。それにF.12レンズが開発出来るのに、F1.4にこだわる必要は無い。このレンズは全く新しい設計のレンズであり、UDレンズに加えてBRレンズを使用し、優れた色収差補正を実現している。
  • ボケ描写が十分でない場合は、300ドルの追加投資でDSモデルを購入可能だ。アポダイゼーション光学フィルターにより滑らかなボケを実現している。
  • レンズのビルドクオリティは別格だ。外装はベースが金属で高品質なプラスチックパーツと組み合わせて作られている。レンズ重量を考えると外装のパーツに違和感を感じる人もいるかもしれないが、形式的には何の不満もない。
  • 防塵防滴仕様のレンズである。
  • フォーカスリングは滑らかに動作する。
  • コントロールリングには露出補正や絞り値の操作を割り当てることが可能だ。
  • 円形型の大きなレンズフードが付属する。
  • オートフォーカス性能はカメラに依存するところが大きいものの、EOS Rとの組み合わせで良好なフォーカス速度だ。ただし、スポーツ用レンズでないのは明らかだ。フォーカスレンズの重量がボトルネックとなっている。リング型USM駆動はノイズが少ないものの、ナノUSMやSTM駆動ほどでは無い。
  • マニュアルフォーカスはバイワイヤで動作するがとても正確に動作する。フルタイムマニュアルにも対応している。
  • 歪曲収差の自動補正は光学補正の不足を隠すのに便利だが、このレンズは補正無しでも完璧だ。
  • 周辺減光は歪曲収差のようにはいかない。物理学には限界がある。前玉はかなり大きいが、F1.2EVで2.2EVの減光が発生する。しかし、このようなレンズとしては比較的穏やかな減光量だ。F2まで絞ると大きく改善し、F4まで絞るとほとんど解消する。
  • 解像性能は息をのむほど完璧だ。中程度の絞り値のみならず、F1.2から非常に優れた中央解像を発揮する。周辺解像も非常に良好な水準だ。絞るとフレーム全体で素晴らしい性能となる。
  • テストした個体のセンタリングはとても良好だ。像面湾曲は極僅かである。
  • 色収差はフレーム端で平均0.3ピクセルと極僅かだ。BRレンズが良好に機能している。
  • 玉ボケは素晴らしい描写だ。F1.2からF2で完璧な円形となり、F2.8まで絞っても絞り羽根の形状はほぼ円形を維持している。
    絞り開放で口径食の問題は目立つが、F1.6まで絞ると広い範囲で改善し、F2で四隅までほぼ改善する。F2.8まで絞れば四隅まで円形だ。
  • 前後のボケは前ボケがバターのように滑らかだが、後ボケは比較して騒がしい。全体的に見て悪い評価では全くないが、コントラストが強い領域では少し問題となるかもしれない。
  • 軸上色収差の補正は非常に優れているが完璧ではない。ただしF1.6で大幅に改善し、F2でほぼ解消する。この傾向は大部分の85mm大口径レンズより優れた結果だ。
  • 絞った際にピント位置が僅かに後方へ移動する。

純粋に卓越した光学性能を備えており、これまでテストした中で最高のレンズと評価できる一本だ。特に極端なほど大口径のレンズであることを考えると、異様な解像性能である。他の85mmで絞った際のピークが、このレンズのF1.2に達するかどうかと言ったところである。さらに倍率色収差は無視できるレベル、歪曲要収差は実質ゼロである。周辺減光の影響はあるものの、ボディ内補正で処理可能だ。

ボケは後ボケがいくらか騒がしく、玉ボケは口径食の影響を受けている。ただし、後ボケの騒がしさはほとんど目立たず、玉ボケは口径食の影響を除けば良好な描写だ。ボケを本当に重視するのであればDS版をおススメする。好みの問題が大きい。

ビルドクオリティは優れているが、この価格帯としては期待以上のものでは無い。ハイクオリティの外装、防塵防滴仕様、とても滑らかなフォーカスリング、追加操作が可能なコントロールリングを備えている。オートフォーカスは電光石火では無いものの、非常に高速だ。

当然ながら強くおススメできるレンズである。

とのこと。
比較的光学性能には辛口のOptical Limitsですが、それでもこのレンズの光学性能はべた褒めとなっていますね。特にF1.2からずば抜けた解像性能を発揮する模様。

指摘しているのは大口径レンズで不可避の周辺減光と口径食のみ。解像性能とボケ質はトレードオフと感じますが、本当に両立したい場合はDS版を購入する必要がありそうです。

RF85mm F1.2L USMのレビュー・作例を集めているページはコチラ

RF85mm F1.2L USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズポーチ LP1424
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズフード ET-89
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズキャップ E-82 II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズダストキャップ RF
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

スポンサーリンク

関連記事

関連レンズ

RFマウント

EFマウント

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Faceboo

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-Canonレンズ, Canon中・望遠レンズ, Canon関連の情報, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材の噂情報・速報, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~