「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONY関連の情報 カメラ 噂情報 機材の噂情報・速報

ソニー新型センサーをフル活用するためにはSLVS規格への対応が必須?【噂】

Sony Alpha RumorsがSR5の格付けで情報を発信しています。

スポンサーリンク

新型センサー導入のハードルは高い?

先週、私は3つのセンサーについて仕様を発信した。これらはサードパーティ企業が購入できるものだ。しかし、これには重要な注意点があると情報提供者が教えてくれた。

最新センサーのポテンシャルを出し切るためには、ソニーのSLVS-ECインターフェースも購入する必要がある。これ無しではセンサーのポテンシャルをフル活用はできない。ニコンにしろ、パナソニックにしろ、SLVS-ECインターフェースをすぐに使い始めることは無いだろうと情報提供者は語っている。

”SLVS-ECは従来のsub-LVDSよりも大きなスループットと広い帯域幅を発揮し、16bit ACと高フレームレートを実現する。しかし、SLVS-ECインターフェースはsub-LVDSよりも大幅にコストがかかる”

この新情報により、α7S IIIやα9 II、α9Rのような未来のソニー製カメラに導入される可能性が高まった。ニコンやパナソニックはおそらく同センサーを使うだろう、しかし機能は不完全となる。

とのこと。

SLVS-ECとは高解像度CMOS向けの高速シリアルインターフェースの規格です。一方で従来のLVDSは1994年にナショナルセミコンダクタが提案した規格。(SLVSはLVDSの派生規格)

とても魅力的で凄いセンサーでしたが、最大限のパフォーマンスを引き出すためには同社のSLVS-EC規格のインターフェース導入が必須のようです。もともとリークされた仕様書にSLVS規格の文字がありましたね、そういえば。

噂のように他社がSLVS-ECインターフェースをまだ導入しないとなると、最初に化け物スペックで登場するのはソニー製ミラーレス「α」シリーズかもしれませんね。

スポンサーリンク

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャンペーン 特典 対象期間 応募締切
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31
フルサイズα 最大4万円 -2019/9/30 2019/10/15
APS-C α 最大1.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
ソニーRX 最大1万円 -2019/9/30 2019/10/15
Nikon全般 最大4万円 -2019/10/7 2019/10/31
EOS R/RP/RF 最大3.5万円 -2019/9/30 2019/10/15
GFX50R&GF 最大15万円 -2019/9/30 2019/10/11
E-M1 II+PRO 最大7万円 -2019/9/30 2019/10/15
フジX・XF 最大3万円 -2019/9/30 2019/10/11
EOS Kiss M 最大5千円 -20119/9/30 2019/10/15

-SONY関連の情報, カメラ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.