Tamronの情報 Tamronレンズ カメラ レンズ 噂情報 機材の噂情報・速報

タムロンの新しいEマウントレンズは高倍率ズームの可能性が高い?【噂】

Sony Alpha Rumorsがタムロン予告の新製品について噂情報を発信しています。大方の予想通り高倍率ズームレンズとなる可能性が高そうですね。個人的にはタムロンらしく28-300mmを期待したいところですが…。

二人の信頼できるソースによると、新しいタムロン製FEレンズはソニー「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」に近いスペックのレンズとなるようだ。

これは私の推測だが「28-280mm F3.5-6.3」あたりになるのでは無いかと思う。

Sony Alpha Rumors:The new Tamron zoom specs are damn close to the one of the Sony 24-240mm FE!

私のソースによると、ティザー動画のレンズはF2.8ズームレンズでは無く、手ごろなトラベルズームレンズのようだ。

SAR読者によるティザー動画の解析でレンズサイズは「28-75mm F/2.8 Di III RXD」と同じと推定される。レンズ口径が小さくズームレンジの広いレンズとなるだろう。

個人的にはソニー「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」より良いレンズになることを期待している。ちなみに2020年にはタムロンからさらに2本のレンズが登場予定だ。

Sony Alpha Rumors:The next Tamron FE lens is an affordable travel superzoom and has the same size of the 28-75mm FE

とのこと。
キャッチコピーから高倍率ズームになる可能性が高いと予想していましたが、噂サイトも同様の情報を掴んでいる模様。

キヤノンやソニーはミラーレス用高倍率ズームレンズとして「24-240mm」を投入、ニコンは「24-200mm」とやや狭いズームレンジを採用しています。タムロンはどうするか?
個人的には「28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD (Model A010)」を踏襲して300mmをカバーするズームレンズになると便利そうだなと。とは言え、高画素化でAPS-Cクロップしやすくなり、長焦点側はどうとでもなる可能性あり。となると後処理出来ない広角側が重要な気もします。もしくは24mm以上の広い画角を備えていると面白そう。

どちらにせよ、200mm以上の望遠域をカバーしているのであれば、光学手ぶれ補正は搭載して欲しいところ。ソニーαのボディ内手ぶれ補正だとちょっと心もとないのですよね…。

「従来通り67mmフィルターで統一されている」と仮定した際のサイズ比較は以下の通り。

標準大口径F2.8ズームと同程度のサイズ感ですね。

サイト案内情報

タムロンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
OM-D&PRO 最大5.5万円 ~2021-1-13 2021-1-27
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29
EOS M 最大2.5万円 ~2021-1-12 2021-1-29
X-T4&XF 最大3万円 ~2021-1-11 2021-1-25
Sony α 最大7万円 ~2021-1-11 2021-1-25
LUMIX S・G 最大12万円 ~2021-2-14 2021-2-28

-Tamronの情報, Tamronレンズ, カメラ, レンズ, 噂情報, 機材の噂情報・速報

© 2021 とるなら~写真道楽道中記~ Powered by STINGER