D850 Nikon関連の情報 噂情報

ニコン D850の後継モデルは登場するのか?しないのか?

Nikon RumorsがD850の後継モデルについて考察。Z 9が登場するまではD850後継モデルの噂を受け取っていたものの、ここ最近は信頼できる情報がなく、D850で打ち止めになると推測しています。

Nikon Rumors:Will there be a Nikon D850 replacement?

約2年前まで、D850後継モデルに関する噂を一貫して入手していたが、ニコンがミラーレス(正確にはZ 9)に集中することを決めたときにすべてが止まってしまった。今年でD850が登場したから約5年になるが(D850は2017年7月に発表された)、後継モデルの可能性について報告できる信頼できる噂はない。

すべては、ニコンユーザーがどれだけ早くデジタル一眼レフからミラーレスに乗り換えるかにかかっていると思う。もしニコンがこの数字に満足しているのであれば、今後発売されるデジタル一眼レフカメラやレンズのことは忘れていいだろう。他にも、生産制限や現在の部品不足の問題もある。

私の個人的な意見として、Z 9の記録的な売り上げを見て、ニコンはデジタル一眼レフカメラから撤退したと考えている。最後の記念モデルとして、レトロなデザインのデジタル一眼レフカメラが登場するかもしれないが、これはあくまでも私の個人的な推測だ。もちろん、他のデジタル一眼レフカメラやFマウントレンズの状況もよく似ている。

ここ数ヶ月、D850の在庫はなかなか確保できない。すでに過去に何度かニコンD850の一時的な値下げがあったが、また別の値下げがあるかもしれない。

この記事がきっかけとなって、情報源からのヒントやニコンからの回答が得られることを期待している。願わくば「現在の市場状況とお客様の需要を見て検討する」以外の回答が得られることを。

とのこと。
D850は2017年に登場したフルサイズ一眼レフ。Z 7に繋がる4500万画素の高解像CMOSセンサーを搭載し、D5と同じ153点AFシステムを採用、さらに(当時は)高画素機として珍しい最大9コマ秒の連続撮影に対応した高級機でした。スペックから「40万円かも…」と言われていましたが、実際は35万円ちょっとで、人気を博したことを覚えています。実を言えば、私も発売当時のD850ユーザーでした。

しかし、D850が登場した翌年、似たような4500万画素センサーを搭載したミラーレスカメラ「Z 7」が正式発表され、さらに2020年には改良モデルの「Z 7II」も発売。特にピント精度が求められる高画素機ユーザーは像面位相差のZシステムへ移行したと思われます。D850のライブビューAFが非常に低速のコントラストAFだった点もミラーレスへの移行に繋がったのかなと。私もライブビューを多用していたので、Z 7登場を切っ掛けにZシステムへ移行。

2018年以降に数多くのZカメラ・Zレンズが登場する中、D850の後継モデルが登場することはありませんでした。個人的にはNikon Rumorsと同じ意見であり、D850を売り切って終了の可能性が高いのかなと。

まぁ、一眼レフカメラとしてはD850で完成形と言っても過言では無く、さらに改良するとしたらZ 7の良い部分をライブビューシステムに取り込むくらいでしょうか?今さらマイナーチェンジモデルを投入するくらいであれば、現D850ユーザーがZシステムへ乗り換える切っ掛けとなるような「Z 7III」の登場に期待したいところ。

Nikon D850 ボディ
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
  キタムラで中古品を探す
Z 7II
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon キタムラで中古品を探す

ニコン関連記事

-D850, Nikon関連の情報, 噂情報
-