Nikon Nikon Z Nikon関連の情報 Z 7II カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報

ニコン「Z 7II」最新情報・噂情報まとめページ

【広告】Yahoo!ショッピングでソフトバンクホークス優勝セール開催中

このページでニコン「Z 7II」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

特集記事

購入早見表

関連カメラ

関連記事

海外の評価

DPReview

DPReview:Nikon Z6 II and Z7 II: what you need to know

  • ニコンが同社のデジタルカメラに「Mark II」とネーミングするのは初めてだが、理にかなっている。Z 6II・Z 7IIは既に確立したカメラに少し手を加えたものだ。全体的な仕様に劇的な変化はないが、更新と改善により、従来機で指摘されていた重めの問題に対応している。
  • Z 6・Z 7はリリース以降にファームウェアアップデートでソフトウェアの改善が施されてきたが、今回登場したZ 6II・Z 7IIはハードウェアの更新だ。
  • 最も明らかな仕様変更の一つはデュアルカードスロット化だ。どちらのカメラもXQD/CFexpress Bスロットに加え、SD UHS-IIカードスロットを搭載している。ご想像の通り、2スロットを使ったバックアップやオーバーフロー、RAWとJPEGの振り分けが可能となっている。静止画と動画を振り分ける機能は無い。
    この仕様変更で大きな違いが生じることは無いが、一部のワークフローで遥かに実用的となる可能性がある。
  • Z 6・Z 7にも縦位置グリップは用意されている。しかしそれは、操作部が全くない、シンプルなバッテリーグリップである。
    この新しいMB-N11はメインコマンドダイヤルとAFジョイスティックを搭載した、きちんとした縦位置グリップだ。ボディ側のバッテリーコンパートメントに差し込み、バッテリーを追加で1つ搭載することが出来る。ホットスワップに対応しているため、動画を停止することなく、撮影し続けながら交換することが可能だ。グリップにもUSB-C端子があるため、こちらで給電しつつ、ボディ側のUSBポートからデータを送信することも可能だ。
  • 前モデルとボディ形状が同じであるため、MB-N10をはじめ、ケージやブラケットなどのアクセサリを使い回すことが出来る。
  • バッテリーは最新EN-EL15cを使用する。既存「b」タイプと比べて大容量となっている。従来のEN-EL15でもカメラは動作するが、最高のパフォーマンスを得るには「c」タイプの使用が必須だ。
    バッテリーは大容量だが、デュアルプロセッサ化により、撮影枚数の向上は5~10%にとどまっている。
  • 「Mark II」最大の変更点はデュアルEXPEED 6を搭載していることだ。処理能力が倍増し、連写速度やバッファが向上している。
  • AFの動作が大幅にリニューアルされ、ワイドエリアAFで瞳検出に対応した。ニコンによると、これはデュアルプロセッサの処理能力に依存しており、ファームウェアアップデートで従来機に導入する可能性は低いとのことだ。
    さらにニコンは追従性と全体的なAFが改善されていると主張している。
  • 低照度AFも改善され、既存モデルと比べて1段分向上している。
  • 引き続き369万ドットOLEDファインダーパネルを使用しているが、連写時のブラックアウト時間は改善しているそうだ。さらにレスポンスも良くなっているそうだが、具体的な数値は提示していない。見事な0.8倍の光学系について、自社製であることは強調している。
  • USB経由での給電操作に対応した。ただし、USB-C~USB-Cケーブルを使う必要がある。これにより、長時間の動画撮影やタイムラプス撮影の可能性が広がっている。
  • Z 7IIは4K 60pに対応した。センサー全幅の93%を使い、ラインスキップまたはピクセルビニングで対応する。
  • Z 6IIは4K 60pドットバイドットに対応予定だ。これは2021年2月のファームウェアアップデートまで待つ必要がある。
  • 外部レコーダーを使っている人にもいくつか重要な変更点がある。
    一つ目はN-Logに加えてHLG動画機能も備えていることだ。パナソニック「S5」の場合はさらに内部記録にも対応している。さらに4K 30pに制限される点に注意が必要だ。
    どちらもRAW動画出力に対応している。Z 7IIの場合はDXフレームの4K RAW、もしくはフル画角に近いFull HD RAWに対応している。ProResRAWにしか対応していないが、2021年2月のファームウェアアップデートでBlackmagicRAWにも対応予定だ。
  • 長秒露光の設定時間が30秒から900秒にまで増大している。
  • インターバル撮影に加え、タイムラプス動画生成機能も備えている。
  • フォーカスリングの回転方向を切り替えられることも同社では画期的だ。
  • 基本的にカメラのエルゴノミクスや操作性に変更は見られない。これは歓迎すべき決定だと思う。

一部のZ 6.Z7ユーザーは乗り換える理由を見出せないかもしれないが、一眼レフからミラーレスへ切り替えを検討していた人にとって、より現実的な選択肢となった。AFや動画機能が他の製品と比べてどれほど優れているのかまだ不明だ。少なくともスペックシート上では競争力があるように見える。プロセッサのパワーが2倍となっていることを考えると、将来的にファームウェアアップデートで強化される可能性もあるだろう。
もしもデュアルカードスロット、強化された連写性能が必要無い場合、今後数か月で安くなる可能性を秘めた第一世代のZカメラを検討するのも一つの手だ。

Xitek

Xitek:进一步完善 尼康Z7II Z6II相机评测

  • Z 7・Z 6が2018年にリリースされ、ニコンが正式にフルサイズミラーレス以上へ参入した。それから2年の間にZ 50・Z 5を投入し、ローエンドユーザーの市場を拡大していった。
  • フルサイズ市場は激しい競争下にあり、製品の更新サイクルが早くなっている。今では2年更新が業界で一般的だ。そしてニコンは10月14日にZ 7IIとZ 6IIを正式発表した。
  • ハード面の主なアップグレードはデュアルEXPEED 6プロセッサとCFexpress+SDデュアルカードスロットだ。これにより連写速度・連続撮影枚数・AF検出機能が改善している。さらに4K 60pにも対応した。
  • さらに新型EN-EL15cバッテリーを採用して撮影枚数の向上を図っている。
  • Z 7IIとZ 6IIのボディデザインはZ 7・Z 6と非常によく似ている。類似性は95%以上と言えるだろう。フルマグネシウム合金製のボディは防塵防滴仕様で堅牢だ。ペンタ部の意匠がいくらか異なり、そしてモデルネームのロゴに「II」が追加されている。
  • 電子ファインダーの仕様は従来通りだ。369万ドットのOLEDパネルに約0.8倍のファインダー光学系を備えている。解像度を上げないのは消費電力や連続撮影時のファインダー体験を維持するためだと思われる。ニコンは連写時の視認性を高め、より自然で光学ファインダーの体験に近づけているようだ。
  • 背面ボタンレイアウトは従来機と全く同じだ。チルトモニタのデザインも一貫している。ただし、チルトモニタ使用時にアイセンサーを自動的にオフに切り替える機能を実装した。
  • デュアルカードスロット化は「II」の大きな変更点の一つだ。キヤノンはXQDと互換性のないカードスロットを使用しているが、ニコンは引き続きXQDカードにも対応している。
  • バッテリーはZ 5と同じ新型EN-EL15cを使用する。古い型番のバッテリーと同じ形状だが、容量は20%増加している。容量は増えたがデュアルプロセッサによる消費電力増でZ 5ほど撮影枚数の増加は感じられない。
  • USB-Cポート経由でバッテリーを充電出来る他、給電にも対応している。
  • バッテリーコンパートメントには電子接点があり、新しい縦位置グリップ「MB-N11」を装着することで縦位置グリップでのカメラ操作に対応する。
  • メニューシステムは従来通りだが、いくつか機能が追加されている
    ーMモードで最大900秒のシャッタースピード設定
    ー動画撮影時の瞳検出
    ーフォーカスリングの回転方向設定
    ーUSB給電
    ー省エネモード
    ーMB-N11のカスタマイズ
    ーピント位置を記憶
    ーデュアルスロットの書き込み設定
    ーSnapBridgeを介したファームウェアアップデート
  • 瞳検出機能が改善し、特に近距離での追従性能が向上している。ワイドエリアAFにも検出が可能となっている。
  • Z 7II画質
    ー同じ露出設定もZ 7IIのほうが少し明るくなった。
    ーノイズリダクションのアルゴリズムは従来通りに見える。
    ーISO12800を超えるとどちらもノイズが酷く見える。
  • Z 6II画質
    ー同じ露出設定でイメージはほぼ同じ明るさとなる。
    ーノイズリダクションのアルゴリズムは従来通りに見える。
    ーどちらもISO25600を超えるとノイズが酷くなる。
  • 動体追従の14コマ秒連写では被写体の動きに対応できていた。

デュアルカードスロットや大容量バッテリー、検出AF機能など、従来機におけるいくつかの欠点を克服している。とは言えセンサーは据え置きのため、キヤノンR5・R6ほど画期的なカメラでは無い。キヤノンのEOS R第一世代はいくらか不足が感じられる機種だったが、第2世代のEOS R5やR6はとても革新的なカメラとなった。それに対し、ニコンは少し保守的だ。この場合、価格設定が重要となり、大幅に値上げすると競争力が大きく低下しています。その意味でZZ 6IIの価格設定は許容範囲内だ。

長所:動画での瞳検出・ワイドエリアの瞳検出・デュアルスロット・EN-EN15c・高速連写・USB給電・バッファ・無線通信でのファームウェアアップデート・4K 60p/50p

短所:センサー据え置き・内部記録でのN-LigとHLGは非対応・シングルAFでの追従性は改善の必要あり・撮影距離が離れている場合の瞳検出精度・手ぶれ補正の性能は据え置き・ファインダー仕様が据え置き

DPReview

DPReview:Nikon Z7 II initial review

  • ニコンの高解像フルサイズミラーレスとしては2台目となるモデルだ。モデルネームが示す通り、これはZ 7のリニューアルモデルである。
  • 従来通り4570万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しているが、デュアルEXPEED 6プロセッサを新しく採用している。
  • 外観にほとんど変化は無いが問題は無いだろう。我々はこのカメラのエルゴノミクスを気に入っている。
  • 注目すべきポイントはデュアルEXPEED 6プロセッサだ。これにより、最高10コマ秒の連写速度に対応し、バッファは3倍も深くなっている。さらにファインダーのブラックアウトも低減した。
  • 瞳検出機能は「オートエリアAF」のみならず、「ワイドエリアAF」でも利用できるようになった。これは複数の人物がフレームに入っている場合に役に立つ。同様に動物瞳検出も利用可能だ。
  • F2のレンズで-3EVまでのAFに対応している(ローライトAFがオフの場合)。
  • 動画機能はZ 7よりもかなり優秀だ。僅かなクロップ(×1.08)で4K 60pを撮影できるようになっている。さらに互換性のある外部レコーダーに10BitのN-LogやHDRフッテージを出力可能だ。さらにDXクロップで4K RAW出力に対応した。ただし、動画ユーザーであればZ 6IIのオーバーサンプリング4Kも検討すべきだろう。
  • デュアルメモリーカードスロットを採用している。一つはCFexpress B、もう一つはSD UHS-II対応だ。
  • バッテリーはEN-EL15cに対応、CIPA420コマの撮影枚数に対応している。コントロールのある縦位置グリップMB-N11との互換性もある。さらにUSB-C経由での給電も利用可能だ。
  • SnapBridge経由でのファームウェアアップデートに対応した。
  • Z 7を隣に置くと、Z 7IIと区別するのは難しい。唯一の違いはデュアルカードスロットにより大きくなったカバーだけだ。
    とは言え、元から操作性に大きな問題は無かったので文句を言う筋合いは無い。非常に快適なグリップや適切に配置されたボタン・ダイヤル類を備えている。
  • どちらかと言えばスチル向けカメラであり、敢えてモニタ可動方式をバリアングルにする必要は無いだろう。しかし、X-T3のような3Way方式のチルトモニタが良かった。
  • タッチインターフェースはレスポンスが良い。

驚くようなカメラでは無いが、それでも優れたカメラに違いない。画質やオートフォーカスのテストがまだだが、ざっと見たところおススメしやすいカメラである。ニコンによればAFは改善しているそうだ。
課題があるとしたらロックオンAFだ。まだ「オートエリアAF」の一部であり、我々の見解としては独立したAFモードとして使いたい。ファームウェアアップデートにより改善することを期待している。

Z 7ユーザーはZ 7IIにアップグレードすべきだろうか?個人的には、デュアルカードスロットやバッテリーグリップが本当に必要なプロはアップグレードを検討するのだと思う。しかし、それ以外でアップグレードを検討する人は少ないはずだ。また、一眼レフカメラからミラーレスへの移行を検討している人にとって待ち望んでいたミラーレスと言えるかもしれない。

Digital Camera World

Digital Camera World:Hands on: Nikon Z 6II and Z 7II review

  • Z 6・Z 7の発表から約2年が経過した。これらは非常に高い評価を得ているが、XQDシングルカードスロットなどの仕様が疑問視されてきた。ニコンはフィードバックに耳を傾け、デュアルカードスロットを備えた後継モデルをリリースした。
  • デュアル化したのはメモリーカードだけではない。EXPEED 6プロセッサを2基搭載しており、処理速度が向上している。Z 7IIは連写速度が最速10コマ秒、Z 6IIは14コマ秒まで向上し、連続撮影枚数も増加している。
  • さらに低照度AF性能も向上しているうえ、拡張高速連写時にスピードライトを使用可能だ。
  • ニコンによると、AFや被写体追従も強化されているそうだ。
  • どちらも4K 60pに対応している。ただし、Z 6IIはファームウェアアップデートで対応予定だ。動物瞳AF・人物瞳AFは動画でも動作するようになる。
  • 従来機ではUSB充電しかできなかったが、今回はUSB給電にも対応している。動画撮影やタイムラプスの撮影時に役立つはずだ。
  • ビルドクオリティで大きな違いはロゴに「II」が追加されていることだ。
  • AFモード切替で人物検出と動物検出を切り替えることが可能となった。また、カスタマイズでフォーカスリングの回転方向を切り替えることが可能だ。
  • バッテリーグリップのバッテリーはホットスワップに対応している。
  • プリプロダクションであることを理解して欲しいが、今のところカメラのレスポンスは従来機と同様に見える。違いは無いだろう。かなりの数の作例も撮影したが、画質にも違いは見られないと思う。

Z 6II・Z 7IIはとても効果的な改良が施されたミラーレスだ。競争力のある価格設定だと思う。センサー・AF測距点・ビルドクオリティ・操作性はほとんど変化が無いのでZ 6・Z 7から乗り換える必要はないだろう。しかし、より高速連写に対応し、低照度AF性能や動画機能が強化されている。フルサイズミラーレスを導入していない人にとって、非常に強力な選択肢となるはずだ。

長所:操作性・エルゴノミクス・連写性能・4K 60p

短所:比較的控えめなアップグレード・種類の異なるデュアルカードスロット・チルトモニタ

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-Nikon, Nikon Z, Nikon関連の情報, Z 7II, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報
-,

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~