FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 噂情報

富士フイルムX-H2は4K 60pとFHD 120pに対応する?

Fuji Rumorsが来る富士フイルムX-H2に関する噂情報を発信。X-H2Sと異なり4Kは60pまで、FHDは120pまでとなるみたいですね。その代わりに高解像の8K動画に対応する模様。

Fuji Rumors:LEAKED: Fujifilm X-H2 Additional Video Specs: 4K/60P and 1080/120p (in addition to 8K/30p)

X-H2が8K/30p動画に対応することは既に報告した。
今回は、X-H2の動画スペックに関する最新情報と、X-H2Sの性能を比較することにする。

  • X-H2:
    ・8K 30p
    ・4K 60p
    ・FHD 120p
  • X-H2S:
    ・8K 非対応
    ・4K 120p
    ・FHD 240p

できるだけ高解像度の動画を求めるなら、8K動画を搭載したX-H2にした方がいい。しかし、スローモーションやローリングシャッターをできるだけ少なくすることを優先するのであれば、X-H2Sを選択するのがベストである。

とのこと。
非積層型の高解像センサーと言うことでX-H2Sほどハイフレームレートの動画撮影は出来ないみたいですね。とは言え、4000万画素の高解像センサーで4K 60pに対応しているのは嬉しいですね。他社を見渡しても、4000万画素以上の高画素機で4K 60pに対応しているカメラは限られています。積層型CMOSセンサー搭載のミラーレスを除けばEOS R5やS1R、Z 7IIなどフルサイズセンサーでX-H2よりも高価な機種ばかり。APS-Cミラーレスで8K 30pに対応しつつ4K 60pも利用できるカメラは貴重な選択肢となりそうです。ただし、8Kオーバーサンプリングを利用する場合は4K 30pまでとなるかもしれませんね。

ポイント

太字は確定的な情報

X Summit NYC 2022

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • X-H2Sよりも安く、2500ドル以下
  • 4000万画素 CMOSセンサー
    ・X-Trans CMOS 5 HR
    ・積層型ではない
  • ベースISOが160よりも低くなる(ISO 125)
  • 1/180000秒
  • 8K 30p
  • ピクセルシフトマルチショット
  • ISO感度性能が向上している
  • ロゴ以外のデザインはX-H2Sと全く同じ
  • 1999ドル

X-T5

  • 4000万画素 非積層型CMOSセンサー
  • 積層型CMOSセンサーモデルは登場しない
  • ベースISOが160よりも低くなる
  • 縦位置グリップがない
  • 9月のX Summitでは登場しない

その他

  • XF8mmF3.5:2023年
  • XF30mmF2.8 Macro:2022年
  • XF56mmF1.2 II:2022年
  • GF20-35mm:2022年
    ・X Summit 2022 NYC
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年
    30mmF4
    ・21mmF4

(Via XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

参考情報

X Summit OMIYA 2022

関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, 噂情報
-,