FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 噂情報

富士フイルムX-H2の最速シャッター速度は1/180,000秒となる?

Fuji Rumorsが来る富士フイルムX-H2に関する噂情報を発信。電子シャッターの最高速が1/180,000秒になると信頼できる情報を得たようです。日中にF1.0レンズを普通に使えそうな速度ですねえ。

Fuji Rumors:RUMOR: Fujifilm X-H2 Coming with 1/180,000 sec. fastest Electronic Shutter

我々が得た信頼できる情報によると、X-H2の最速電子シャッターは1/180,000秒になるという。現在、富士フイルムのカメラに搭載されている最速の電子シャッターは、1/32,000秒である。

とのこと。
メカニカルシャッターの最高速度は1/8000秒であり、電子シャッター対応モデルはさらに1段(1/16000秒)、2段(1/32000秒)高速なシャッタースピードに対応しているモデルが多いです。最近だと、最高速となる3段分(=1/64000秒)にEOS R3が対応したところですが、多くのカメラはメカシャッターと比べて1~2段高速となっています。富士フイルムも2段分(1/32000秒)までですね。(積層型CMOSセンサーのX-H2Sも1/32000秒まで)

ところが、Fuji RumorsによるとX-H2は1/180000秒まで対応する模様。これは4段分(1/64000秒)、5段分(1/128000秒)を飛び越えてさらに高速シャッターを利用できることを示しています。Fuji Rumorsは信頼できる情報源から得たと述べていますが、これは俄かには信じられない情報ですね。情報が間違いで、実は1/18,000秒なら理解できますが…。

可能性があるとしたら、4000万画素と言われているX-Trans CMOS 5 HRセンサーを既存モデルのように×1.25クロップのようなモードで利用する場合でしょうか?センサー使用領域を限定することで高速シャッターを利用可能となるのかもしれませんね。もしもフル領域で1/180000秒を実現しているのであれば前代未聞ですが、それはあまり期待しないほうが良いのかもしれません。

ポイント

太字は確定的な情報

X Summit NYC 2022

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • X-H2Sよりも安く、2500ドル以下
  • 4000万画素 CMOSセンサー
    ・X-Trans CMOS 5 HR
    ・積層型ではない
  • ベースISOが160よりも低くなる(ISO 125)
  • 1/180000秒
  • ピクセルシフトマルチショット
  • ISO感度性能が向上している
  • ロゴ以外のデザインはX-H2Sと全く同じ
  • 1999ドル

X-T5

  • 4000万画素 非積層型CMOSセンサー
  • 積層型CMOSセンサーモデルは登場しない
  • ベースISOが160よりも低くなる
  • 縦位置グリップがない
  • 9月のX Summitでは登場しない

その他

  • XF8mmF3.5:2023年
  • XF30mmF2.8 Macro:2022年
  • XF56mmF1.2 II:2022年
  • GF20-35mm:2022年
    ・X Summit 2022 NYC
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年
    30mmF4
    ・21mmF4

(Via XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

参考情報

X Summit OMIYA 2022

関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, 噂情報
-