FUJIFILM FUJIFILM関連の情報 Xシリーズ 一眼 デジタルカメラ総合 噂情報

富士フイルムX-H2Sは最大40fpsの高速連写に対応している?

Fuji Rumorsが富士フイルムに関する噂情報を発信。噂の「X-H2S」は最大40fpsの高速連続撮影に対応しているとのこと。従来通り×1.25クロップなのか、フル画角で対応しているのか気になるところ。

Fuji Rumors:BREAKING: Fujifilm X-H2S to shoot 40 fps Bursts

信頼できるソースによると、2600万画素の積層型BSIセンサーを搭載したX-H2Sは、電子シャッターで最大40fpsの撮影が可能とのことだ。私が間違っていなければ、フルサイズの積層型CMOSセンサーよりも10~20fps速い。

5月31日に私が見たいのは、この40fpsがどの程度機能するか、つまり富士フイルムがどれだけオートフォーカスを改善したかである。ソニー、キヤノン、ニコンはこの分野ではより良い仕事をしている。

少なくとも80%以上の成功率を得ることができる場合のみ意味がある。そうでなければ、スペックシート上の機能であり、実際の使用には適さない。

とのこと。
第四世代のXシリーズは1.25倍のクロップで最大30fpsの高速連写が可能となっていますが、X-H2Sではこれが40fpsまで拡張するのでしょうか?それとも全画素で40fpsに対応しているのか気になるところ。従来のセンサーでボトルネックとなっていたのが読み出し速度であれば、積層型CMOSセンサーのX-H2Sで解決する可能性はありそう。

やはり気になるのはFujiRumorsが指摘しているように連写中のAF-C性能でしょうか?噂の被写体検出AFとあわせて、良好な成功率のAF性能を実現しているのであれば、従来のXカメラとは別次元のパフォーマンスを発揮するかもしれませんね。今後の追加情報に期待。

噂のまとめ

太字は確定的な情報

X Summit

  • 2022年5月31日

X-H2S

  • 2022年にフラッグシップカメラが登場
  • 先に積層型モデルが登場し、その後に高解像モデル
  • 2種類の縦位置グリップが存在する。
    ・片方は非常に高価
  • 新型センサー搭載
    X-Trans CMOS
    積層型+裏面照射型
    ・空冷ファンは搭載されない
  • X-H2sのセンサーは2600万画素(積層型BSI)
  • 新型プロセッサ搭載
  • 動物/物体の被写体検出AF
  • 最大40fpsの高速連写
  • GFX100Sのようなコントロールレイアウト
  • 6K
  • 4K 120p
  • X-H2Sはバリアングルモニタを搭載
  • D-Pad搭載
  • X-H2SはCFexpressとSD UHS-IIカードに対応
  • 2500ドル以下
  • 外付けのアクティブ冷却ユニットが存在する。

X-H2

  • X-H2S登場後に発表される
  • 4000万画素 CMOSセンサー

その他

  • XF150-600mmF5.6-8:2022年
  • XF18-120mm:2022年
  • GF20-35mm:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年

(Via X Summit PRIME 2021XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

フジフイルム関連記事

-FUJIFILM, FUJIFILM関連の情報, Xシリーズ 一眼, デジタルカメラ総合, 噂情報
-,