SONY α7S III ILCE-7SM3 αE シリーズ カメラ 海外の評価

IMAGING RESOURCEがソニー「α7S III」の実写作例を公開

IMAGING RESOURCEがソニー「α7S III」の実写サンプルギャラリーを公開。日中の風景写真や超望遠ズームを使った野鳥撮影などの作例を掲載しています。

α7S III

IMAGING RESOURCE:Sony A7S III Gallery Images: Real-world samples from Sony’s latest 12MP high-sensitivity full-frame camera

先日、ソニーα7S IIIのファーストショットをラボで撮影したが、ついに街中で実際に撮影する機会を得た。現時点でほとんどの画像はかなり低ISO感度で撮影しているが、α7Sシリーズのカメラの特徴である低解像度と高感度の性質を考慮し、超高ISO感度の作例もいくつか用意した。

新しいソニーα7S IIIは、先代モデルと同様、独自の1200万画素フルサイズセンサーを採用しており、今日の基準では非常に控えめな解像度である。しかし画素数が足りない分、ダイナミックレンジと高ISO性能が高い。ソニーによると、以前のモデルよりもさらに優れた高ISOとノイズ性能を備えた裏面照射型構造の1200万画素 Exmor Rフルサイズセンサーを使用しているそうだ。
α7S IIIは、ISO80からISO102400の信じられないほど広いISO感度をカバーしている。ISOレベルは、拡張でさらにISO 40、ISO 409,600まで利用可能だ。
さらに、ダイナミックレンジは約15段と謳われている。もちろん、静止画撮影の他に、4K 120fps、内部記録の4:2:2 10Bit 600Mbps、HDMI 4Kp60 16Bit RAW出力など非常に強力な組み合わせのハイエンドな動画機能を備えている。

日中の屋外作例に加え、夜間の高感度ISOや超望遠ズームと組み合わせた野鳥撮影シーンでの作例を確認することが出来ます。一般的な風景写真では4Kモニタでギリギリ感のある解像度ですが、ISO 12800の野鳥作例でも余裕が感じられる画質に見えます。JPEG出力はノイズリダクションが適用されているので、RAWをダウンロードして現像ソフトで確認してみるのがおススメ。
個人的には新しい仕上がり設定「クリエイティブルック」の色味に興味津々。従来のクリエイティブスタイルと比べて大分変っているので好みが分かれそう。個人的にはクリエイティブルックの味付けは好みなので、一度使ってみたいところ。(できればもう少し安い機種に導入して欲しいのですが…。)

α7S III デジタルカメラデータベース

ILCE-7SM3
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

サイト案内情報

ソニー関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Z 50 最大2万円 ~2021-1-11 2021-1-29
EOS R/RP  最大1.8万円 ~2021-1-12 2021-1-29

-SONY, α7S III ILCE-7SM3, αE シリーズ, カメラ, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~