SIGMAレンズ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー

シグマ24-70mm F2.8 DG DN Art レビュー【コマ収差編】

シグマのフルサイズミラーレス用交換レンズ「24-70mm F2.8 DG DNレビューページにコマ収差テストの結果を追加しました。

スポンサーリンク

コマ収差

コマ収差とは?

細かい話は抜きにして、点光源が一方に尾を引いて彗星のように写る現象。主にフレーム四隅で収差が大きくなり、これを解消するためにはF値を大きくして絞り羽根を絞る必要があります。

主に影響を受けるシチュエーションは「イルミネーション」「天体」「夜景」など、絞り開放付近を使う機会が多く、強い点光源を写す場合に気を付けたい収差。

このレンズでどのような収差量となるのか実際に見てみましょう。

24mm

四隅にコマ収差の影響を確認することが出来ます。歪曲収差の補正で四隅が部分的にトリミングされるため、実際にはもう少し影響が小さいはず。

完璧とは言えないコマ収差補正ですが、四隅を大きく拡大しない限り目立つことはありません。実写で問題となる機会はめったに無いと思われます。

35mm

基本的に24mmと同じ。ただし放射状に延びる光が緩和しているので、1段絞ればほぼ解消します。

やはり全体における影響度合いは僅かなので、大きく拡大しない限り問題ありません。

50mm

基本的に24mmや35mmと同傾向。

広角側と比べて口径食の影響が小さいものの、コマ収差の緩和には繋がっていない模様。どちらにせよ特に大きな問題とならないコマ収差の影響量です。

70mm

他の焦点距離と同傾向。特筆すべき点はありません。

各焦点距離におけるF2.8の作例

雑感

ズームレンジ全域でコマ収差の影響を確認できるものの、絞り開放から影響は僅かで気になる収差量とは感じません。設計の難しい標準ズームレンズでここまで抑えているのであれば十分と言えるでしょう。ただし、24-70mm F2.8クラスはコマ収差を良好に抑えているレンズが多いため、それらと比較すると少し目に付く収差量と感じるかもしれません。

新品・中古レンズを探す

シグマ 24-70mm F2.8 DG DN 交換レンズ徹底レビューページはコチラ

24-70mm F2.8 DG DN Sony E
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
24-70mm F2.8 DG DN Leica L
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

シグマレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-SIGMAレンズ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~