「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Canon標準レンズ RFレンズ カメラ レンズ 機材レビュー 管理人レビュー 解像力チャート

RF24-240mm F4-6.3 IS USM 交換レンズレビュー【解像力テスト編】

このページではキヤノン製フルサイズミラーレス用交換レンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の解像力テストとレビューを掲載しています。

RF24-240mm F4-6.3 IS USMレビュー 解像力編

撮影環境

テスト環境

  • カメラボディ:EOS R
  • 交換レンズ:RF24-240mm F4-6.3 IS USM
  • パール光学工業株式会社「【HR23348】ISO12233準拠 8K解像力テストチャート(スチルカメラ用)
  • オリンパス HYRes 3.1 解析ソフト
  • 屋内で照明環境が一定
  • 三脚・セルフタイマー10秒・電子シャッター
  • EOS RのRAWファイルを使用
  • ISO 100 固定
  • Adobe Lightroom Classic CCでRAW現像
    ・シャープネス オフ
    ・ノイズリダクション オフ
    ・色収差補正オフ
    ・格納されたレンズプロファイルオフ
  • 解析するポイントごとにピントを合わせて撮影
    (像面湾曲は近接で測定が難しいので無限遠時にチェックしています)
  • 近接でのテストであることに注意(無限遠側はさらに良好となる可能性あり)

補足

今回はRAW出力を元にしてシャープネスをオフの状態で検証しています。ボディ出力のJPEGやRAW現像でシャープネスを整えるとより数値が向上する可能性があります。今回の数値はあくまでも「最低値」とお考え下さい。

焦点距離別テスト結果

24mm

F値 中央 周辺部 四隅
F4 3946 4105 2385
F5.6 3991 4055 3439
F8 3946 3855 4032
F11 4036 3751 4032
F16 3404 3556 3562
F22 2908 2965 2978

後日別の記事で投稿予定ですが、24mmは歪曲収差が大きいうえにイメージサークルが35mmフルサイズセンサーを満たしていません。ボディ内でソフトウェアによる歪曲収差補正は必須です。補正後はイメージサークルの外周部がトリミングされ、24mm相当の画角に整えられます。

ソフトウェア補正が強めに適用される焦点距離ですが、RAW(未補正イメージ)の解像性能を解析するとこのレンズで最もパフォーマンスが高いポイントであることが判明。

絞り開放F4では四隅がやや甘いものの、1段絞るとグッと解像性能が高まりF16までパフォーマンスが維持されます。フレーム全域での均質性は良好で、F5.6以降のパフォーマンスはRF24-105mm F4Lに匹敵します。

倍率色収差は目立つものの適切に補正することで高倍率ズームながら良好な広角24mmを楽しめるはず。

サンプル F4

35mm

F値 中央 周辺部 四隅
F4.5 3752 3202 2493
F5.6 3793 3701 3058
F8 3999 3833 3246
F11 3456 3479 3528
F16 3419 3220 3219
F22 3004 2831 2706
F25 2736 2756 2493

基本的に24mmと同傾向ですが、歪曲収差の影響は遥かに小さくなります。四隅の解像性能は24mmよりも少し高く、F5.6まで絞るとフレーム全域でとてもシャープな画質となります。解像性能のピークはRF24-105mm F4Lよりも良好。

やはり倍率色収差は若干目に付くのでデジタル補正を適用させておきたいところ。

サンプル F4.5

50mm

F値 中央 周辺部 四隅
F5.0 4030 3649 3025
F5.6 3954 3998 3262
F8 3960 3972 3350
F11 3910 3360 3556
F16 3211 3124 3083
F22 2962 2805 2750
F29 2646 2546 2468

24mmと同じく最も解像性能の高い焦点距離。中央や周辺領域は絞り開放から非常に良好で、四隅もそれほど悪くありません。(むしろ良好な水準)

3000万画素のEOS Rを使う限りでは絞り値による画質変動が小さく、画質の改善はあまり期待できません。被写界深度の調整として使うと良いでしょう。

F5.0サンプル

70mm

F値 中央 周辺部 四隅
F5.6 3516 3979 3554
F8 3623 3518 3370
F11 3569 3032 3406
F16 3317 3211 2839
F22 2972 2750 2616
F29 2520 2417 2320

解像性能のピークは低いものの、フレーム全域の均質性は開放からとても良好。絞っても全く改善せず、パフォーマンスはF11付近まで維持されます。RF24-105mm F4Lの85mm時と比べて周辺や四隅領域の画質がより良好な結果となっています。

F5.6サンプル

100mm

F値 中央 周辺部 四隅
F5.6 3505 3318 2967
F8 3701 3168 3038
F11 3790 3143 3014
F16 3220 3168 2877
F22 2857 2620 2538
F32 2443 2269 2133

基本的に70mmと同じ傾向ですが中央以外のパフォーマンスはワンランク低下。広角~標準域と比べて倍率色収差が目立たないので、シャープネスは低いですが良像と感じます。RF24-105mm F4Lと互角かそれ以上のパフォーマンスなので何も心配することはありません。

F5.6サンプル

150mm

F値 中央 周辺部 四隅
F6.3 3321 2842 2685
F8 3382 2930 2348
F11 3297 3007 2238
F16 3126 2697 2260
F22 2858 2465 2260
F32 2395 2211 2193
F36 2127 2183 1904

中央領域は依然として健闘している解像性能ですが、周辺や四隅領域の画質は苦しくなります。良像ギリギリの水準で絞っても改善しません。このあたりはデジタルレンズオプティマイザなどで画質をブーストしたいと感じます。

F6.3サンプル

240mm

F値 中央 周辺部 四隅
F6.3 3790 2962 2211
F8 3583 3053 2280
F11 3790 2956 2349
F16 3229 2541 2211
F22 2857 2564 2326
F32 2390 2078 1907
F36 2183 2024 1907

依然としては中央領域はとても良好。被写体を中央に配置するなら全く問題を感じません。高倍率ズームの望遠端と考えると評価できるパフォーマンス。

周辺領域もまずまず良好ですが、四隅はこのレンズで最も甘い領域となり、絞っても全く改善しません。

F6.3サンプル

領域別テスト結果

中央領域

中央領域に限ってみると、ズームレンジ全域で安定したパフォーマンスを発揮しているのが分かります。特に近接の解像力チャートでこの結果を発揮するのは凄い、

中央解像 24mm 35mm 50mm 70mm 100mm 150mm 240mm
F4 3946 3752 4030
F5.6 3991 3793 3954 3516 3505 3321 3790
F8 3946 3999 3960 3623 3701 3382 3583
F11 4036 3456 3910 3569 3790 3297 3790
F16 3404 3419 3211 3317 3220 3126 3229
F22 2908 3004 2962 2972 2857 2858 2857
F32 2736 2646 2520 2443 2395 2390
F36 2127 2183

周辺領域

24~70mmまではとても良好なパフォーマンスですが、100~240mmはワンランク画質が低下していることが分かります。ただし、望遠端240mmでも顕著な画質低下が見られないのはGood。

周辺解像 24mm 35mm 50mm 70mm 100mm 150mm 240mm
F4 4105 3202 3649
F5.6 4055 3701 3998 3979 3318 2842 2962
F8 3855 3833 3972 3518 3168 2930 3053
F11 3751 3479 3360 3032 3143 3007 2956
F16 3556 3220 3124 3211 3168 2697 2541
F22 2965 2831 2805 2750 2620 2465 2564
F32 2756 2546 2417 2269 2211 2078
F36 2183 2024

四隅領域

四隅領域は24~100mmの間で一貫性のある画質を維持し、150~240mmでワンランク・ツーランク画質が低下する模様。特に240mmの四隅はあまり期待しないほうが良いでしょう。

四隅解像 24mm 35mm 50mm 70mm 100mm 150mm 240mm
F4 2385 2493 3025
F5.6 3439 3058 3262 3554 2967 2685 2211
F8 4032 3246 3350 3370 3038 2348 2280
F11 4032 3528 3556 3406 3014 2238 2349
F16 3562 3219 3083 2839 2877 2260 2211
F22 2978 2706 2750 2616 2538 2260 2326
F32 2493 2468 2320 2133 2193 1907
F36 1904 1907

雑感

完璧なレンズからは程遠い結果ですが、光学10倍の高倍率ズームレンズと考えると及第点以上の解像性能を維持していると感じます。特にRF24-105mm F4L IS USMの守備範囲は互角かそれ以上に良好なパフォーマンスを発揮しています。一部の収差は目立ちますが、補正しやすい収差を残しているので過度に心配する必要は無し。

歪曲収差や倍率色収差はソフトウェア補正に依存しているため、RAW現像は適切に補正出来るかどうかが鍵となります。ボディ内JPEG出力やプロファイルを適用できる現像ソフトなら問題ありませんが、手動補正を強いられる現像環境では注意が必要。

今回使用した機材

EOS R
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo ヤマダ
RF24-240mm F4-6.3 IS USM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo

サイト案内情報

キヤノンレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-Canon標準レンズ, RFレンズ, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 管理人レビュー, 解像力チャート

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.