とるなら~写真道楽道中記~

「撮るなら…ここだ!こうだ!これだ!」を探し求めてカメラ片手に写真・機材道楽の備忘録

世界最広角 EF11-24mm F4L USM

      2016/11/24

世界最広角のフルサイズ対応レンズ

Canon公式より

Canon公式より

魚眼レンズを除いた35mmフルサイズ対応のズームレンズでは、世界最広角となる焦点距離11mmの超広角レンズだ。非球面レンズを4枚採用していたり、スーパーUDレンズやUDレンズを採用して色収差や滲みを徹底的に除去。ASCとSWCなどのコーティングによりフレアやゴーストの発生を抑制しつつフッ素コーティングによるレンズへの汚れの付着などを防いでいる。レンズ性能のみならず、超音波式モーターによる素早いピント合わせを可能にしていたり、フルタイムマニュアルフォーカスによるピントの微調整も可能だ。最短撮影距離が24mm時に0.28mとかなり寄る事が出来るのでフルタイムマニュアルフォーカスで微調整をする機会も多いだろう。

更に防塵防滴構造による対候性能も上々。これぞ「Lレンズ」ら しい贅沢な仕上がりとなっている。もちろん、お値段も広角レンズの中では群を抜いており現在30万円以上とかなりの高額レンズだ。14mmの単焦点で20 万円しちゃったりするので、画角の調整できるこのズームレンズに置き換えればまあ悪い買い物ではないはず。1.18kgとかなりヘビー級のレンズであった り、前玉がかなり尖っているのでぶつけないかと冷や冷やしたりと常用する上で不便な点は多々あると思う。F4通しと言うこともあって「小三元」と呼べば良 いのか、値段的には大三元だったりする。

妥協するならばSIGMAから「12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」というフルサイズ対応レンズが発売されている。しかも実売6万ちょいだったりしてこのレンズとの価格差は30万円近くある(乾笑。あとは魚眼か純正の単焦点が14mmで20数万である程度だ。
ちょっと画角が狭くなるが小三元のEF16-35mmF4L IS USMと言う使い易い広角レンズが10万円ちょいで販売されている。まあ普通に使うならこれでも十分だと思いますがね。

いやはや、EFマウントは沼が深いですなあ(Kマウントユーザーの声)

ユーザーレビュー

価格.comレビュー
楽天市場レビュー
Amazonレビュー
カメラのキタムラレビュー

関連記事

関連外部リンク

購入早見表

楽天市場 Amazon カメラのキタムラ
EF11-24mm F4L USM 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズダストキャップ E 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズキャップ 11-24 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
レンズポーチ LP1424 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

レンズ構成図

Canon公式より

Canon公式より

レンズ仕様

画角(水平・垂直・対角線) 117°10’~74°00′ 、 95°00’~53°00′ 、 126°05’~84°00′
レンズ構成 11群16枚
絞り羽根枚数 9枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.28m(24mm時)
最大撮影倍率 0.16倍(24mm時)
フィルター径 後部挟み込み式
最大径×長さ φ108.0mm×132.0mm
質量 約1,180g
手ブレ補正効果 なし

 - Canonレンズ, Canon広角レンズ, カメラ, レンズ