「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

OLYMPUS Olympus関連の情報 OM-D OM-D E-M1 Mark II カメラ デジタルカメラ総合 噂情報 機材の噂情報・速報 海外機材情報

更新:OM-D E-M1 Mark II用ファームウェアアップデートが2月28日に公開される?【噂】

投稿日:

43Rumorsがオリンパスのミラーレス一眼OM-D E-M1 Mark IIに関する情報を発信しています。

追加情報

43Rumorsにて追加情報

  • アートフィルター”ブリーチバイパス”
  • M.ZD 12-100mm F4 PROで深度合成対応
  • スモールAFポイント
  • プロキャプチャーで最大35コマ
  • プロキャプチャー中の表示
  • フリッカー低減機能
  • 8mm F1.8 PROの魚眼レンズ補正
  • 再生時のズーム比調整
  • プロキャプチャーで使用できるレンズの追加
  • 電池残量表示の改善
  • 親指AF時のレスポンス向上
  • オリンパス キャプチャー使用時の安定性向上
  • 動画撮影時の手振れ補正安定性向上

コメント欄を見ると他にも…

  • 色再現の改善
  • 静止画時のC-AFの改善
  • 静止画時の手振れ補正改善
  • パナソニック LEICA 200mm F2.8装着時の不具合対応

二人のソースが「オリンパスが2月28日にE-M1 Mark II用の新しいファームウェアアップデートをリリースする」という情報を確認した。

ソースの1人はいくつかの新しい機能があるかもしれないと述べている。

  • スモールフォーカスポイントの追加
  • プロキャプチャーモードの大幅な改善
  • 動画撮影時のC-AF改善
  • 手振れ補正の改善
  • 動画画質の改善

とのこと。

これは朗報ですね。フォーカスエリアの大きい121点AFは小さい被写体などにピントを合わせづらかったので、スモールAFポイントの実装は期待大。

業界トップクラスの手振れ補正能力を持っているにも関わらず、さらに手振れ補正の改善出来るのか気になるところ。ひょっとしたら動画時のC-AF改善と同じく、動画時における手振れ補正効果の調整だけかもしれません。

ともかく2月28日が待ち遠しい。

ファームウェアアップデートに関する最初の噂は先月の中頃に登場。あの噂が正しかったとすると、2018年にE-M5 Mark IIIが出る可能性が高まったと言えるかもしれませんね。

サイト案内情報

オリンパス関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

-OLYMPUS, Olympus関連の情報, OM-D, OM-D E-M1 Mark II, カメラ, デジタルカメラ総合, 噂情報, 機材の噂情報・速報, 海外機材情報