とるなら~写真道楽道中記~

「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

デュアルカメラ搭載ハイエンドスマホ Huawei Mate 10 PRO レビュー テスト編

   

ro

独自のコンセプトを持つデュアルカメラを搭載するHuaweiのハイエンドスマートフォン「Mate 10 Pro」を手に入れたのでさっそく見ていきましょう。

前回の外観レビューに続き、今回はミニスタジオを使ったカメラ性能のチェック *写真道楽の延長線上にある記事ですのでカメラ道楽的な視線をご了承ください。

実写編

便利なスマホホルダーで三脚に固定

取り敢えず実写環境を整えるために三脚に固定できるスマホホルダーを探すところから始めた。

普通のスマホホルダーでは芸がないのでカメラのサイトらしくアルカスイス互換のクイックリリースプレートがくっついたホルダーをチョイス。Amazonにて1300円ほど。

折り畳み可能で携帯性抜群。

マグネシウム製の頑丈なボディにリードスクリューはステンレス製で錆の心配がない。屋外での使用もやぶさかでは無さそうだ。リードスクリューによる長さの調整は少し手間がかかる。

ワイドアパーチャーのボケ質チェック

デュアルカメラの視差から深度情報を得てそれを被写界深度として反映する機能。

小型なスマホセンサーで一眼レフのようなボケを生成できる夢のような機能だ。

使い方は至って簡単。「絞りマーク」をタップしてワイドアパーチャー機能を有効にしたらアパーチャレベルで表現したいボケの大きさを決めるだけ。

アパーチャレベルの最大は「0.95」で最小は「16」とF値に準じた数値となっている。もちろん「0.95」が最もボケを大きくする設定だ。

ただし、この数値はあくまでも目安で実際のF値と同等なのかは不明。

さらに注意点としてワイドアパーチャー機能をオンにしているとRAW出力が出来ない。また、RAW現像でワイドアパーチャー機能を使う事も出来ない。

通常撮影

小さいセンサーながらレンズがF1.6と明るいので近寄れば通常撮影でも案外ボケる。

さて、これにワイドアパーチャー機能を適用するとどうなるのか…

ワイドアパーチャー

まずは結果をご覧あれ。

画像処理っぽさが無く普通にボケる。

念のために補足すると処理が上手くいかない場合もある。今回はかなり上手くいったほうだ。

ピント位置との距離によってボケ量が変化している点がGood。処理が上手く入ると滲みを伴う美しいボケ味となる。後ボケほどでは無いが、前ボケもそこそこ処理が自然に施されている。

ワイドアパーチャー機能中はその他設定が全てオートとなるためホワイトバランスが安定しないのはマイナスか。

ちなみにEXIF情報へはワイドアパーチャー機能の設定値が記録される。F0.95はF1となるようだ。

ISO感度

ワイドアパーチャー機能と違いPROモードを使えるため、WBを固定しISOとシャッタースピードを変化させながら撮影した。

ISO 800~で露出を1段間違えているため、その点は差し引いてみて欲しい。

一眼カメラの画質を見慣れていると最低感度でもディテールは少し甘い。しかしISO感度を上げても画質の劣化は大きくない。

解像度を重視するのであればISO 50~200がオススメだが、色再現はISO 3200まで良好だ。

今回はJPEG出力の画像を使用したが、念のためにRAW出力のファイルをLightroomで確認している。ISO感度とJPEG画質の関係性はRAW現像でもほぼ同等。

一つ気になったポイントとしてシャドーにノイズが乗りやすい反面、ハイライトは予想以上に粘る。おそらくマイクロフォーサーズシステムと同じようにダイナミックレンジを拡張するためシャドー側に無理をさせているようだ。

つまりシャドー側のノイズが気になる場合には少しハイキーに撮って後から露出を下げる方法が効果的。当然ながらハイライトが白飛びし易くなる点は注意して欲しい。

ホワイトバランス

ディープラーニングされたAIが機能しているのかAWBで十分と言う印象。接写などでフレーム一杯に被写体が写る場合は稀に不安定な時がある。

以下にAWB以外のプリセットモードを掲載。この他に色温度を変更なモードが存在する。

AE

測光はPROモードで「分割測光・中央重点測光・スポット測光」を選択可能。役割はデジタルカメラと同じだ。

タッチAE

タッチAFを使うことでスポット連動測光のような機能が同時に作動する。これを分離する設定は見当たらないのでタッチAF+タッチAEはセットである。タッチAF後に長押しすることでタッチAEのポイントのみ別で指定するモードが用意されているので便利。

ホワイトバランスと同様で基本的に良好。よほど暗いシーンでない限り夜景でも適切な露出を算出してくれる。

タッチAFやAEの範囲は変更できないため、細かいポイントを指定することが出来ないのは残念だ。そのため、タッチAEを使った場合にAEが不安定となりローキーの傾向がある。

PROモードの注意点

注意点はPROモード時の「シャッタースピード AUTO」は下限が1/13秒となっているため、屋内や夕景夜景でのスローシャッターにAUTOが対応していない。そのようなスローシャッターを使うシーンでは「夜景モード」を使う事で正確なシャッタースピードを割り出してくれる。ただし、夜景モードではRAW出力に対応していないのがネック。

実際に夜景モードを使っていただくとお分かりになると思うが、イルミネーションや夜景で驚くほど正確なAEである。

ダイナミックレンジ

前述した通り、ダイナミックレンジはハイライト重視のチューニングで白飛びにとても強い。その一方でシャドーの諧調は余裕が無い。適正露出からRAW現像時に暗部持ち上げはオススメ出来ないレベル。

もしも光量がフラットなシーンを撮影するのであれば、少しハイキーで撮影して後から露出を下げると良い感じ。

彩度

  • 標準…他の2つと比べてコントラストが弱く、彩度は「ソフトな色」と同程度
  • 鮮やかな色…標準よりもコントラストが強く、「ソフトな色」よりもマゼンダ系の輝度と彩度が上がる。色飽和しやすいビビッドな設定
  • ソフトな色…標準よりもコントラストが強く、「鮮やかな色」よりもマゼンダ系の輝度と彩度が低い。

と言った感じ。標準は家族など人物を撮る場合に良さそうだが、風景などではコントラスト不足で少し眠い描写となる。使い方にもよるが、家族メインならば標準とソフトを使い分け、風景ならば鮮やかとソフトの使い分けが良さそうだ。

まとめ

  • ワイドアパーチャー機能は効果的な機能だがRAW出力には対応していない
  • ワイドアパーチャー機能使用時の数値はEXIF情報に記録される
  • 解像度を重視する場合はISO 50~200
  • 色再現はISO3200まで良好
  • ハイライト重視のダイナミックレンジで白飛びし難いがシャドーがノイジー
  • AWBはそこそこ優秀
  • AEは良好だがシャドーの画質を重視する場合には少しハイキーで撮影
  • 仕上がり設定の大きな違いはコントラストとマゼンダの輝度・彩度

全体的に基本性能は中々良さそうだ。

画質は一眼カメラなど高級デジカメほどでは無いが、安価なコンパクトデジタルカメラの代わりは十分に務まる。さらにワイドアパーチャー機能を使う事で一眼カメラに匹敵するボケを生成できるのは魅力的だ。ボケ質は思ったほど不自然では無く十分実用的で場合によっては一眼カメラ以上にボケる場合もある。

おまけにタッチUIは使いやすく、本格的なカメラで使う設定が粗削りながら実装されている。

自動制御が優秀なので無理にPROモードを使う必要は無いが、RAW形式の出力はPROモードしか対応していないのは今後のアップデートでなんとかして欲しいところ。

次回は実写編

この記事を作成中に色々と屋外で写真を撮っていた。

そこで次回は実写作例に感想を添える記事を公開予定。

購入早見表

Mate 10 Pro
楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
Mate 10 Pro ミッドナイトブルー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
チタニウムグレー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
参考:その他Huawei製スマホ
楽天市場 Amazon カメラのキタムラ Yahoo
Mate 10 lite グラファイトブラック 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
オーロラブルー 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
P10 Plus Dazzling Gold 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Greenery 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
P10 Mystic Silver 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Dazzling Blue 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Graphite Black 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Prestige Gold 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
P9 Mystic Silver 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Blue 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Red 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Titanium Grey 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Mate 9 Champagne Gold 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
Moonlight Silver 新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報
新品・中古情報

サイト案内情報

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

 - HUAWEI, スマートフォン, 機材レビュー, 管理人レビュー