7artisans カメラ レンズ 機材レビュー 海外の評価

七工匠 7Artisans 35mm F1.2 II 交換レンズデータベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「7Artisans 35mm F1.2 II」に関する情報を収集しています。

データベース

最新情報

  • 2020-09-07:「7Artisans 35mm F1.2」後継モデルが登場したので専用のデータベースを作成しました。光学設計が見直され、レンズの作りも全体的に改善しているみたいですね。

レビュー

作例

  • 公式

参考サイト

  • 公式

購入早見表

レンズデータ

レンズ仕様

  • 重量:218g
  • 全長:39.7mm
  • フィルター:46mm
  • 絞り:10枚
  • 最短撮影距離:28mm

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

関連記事

海外の評価

Sony Alpha Blog

Sony Alpha Blog:7Artisans 35mm F1.2 II

  • このレンズには以前にテストした「」の新しいバージョンだ。
  • レンズの仕様:
    ・重量:218g
    ・価格:未定
    ・全長:39.7mm
    ・絞り羽根:10枚
    ・最短撮影距離:28mm
  • フルマニュアルレンズなので、絞りリングとフォーカスリングが備わっている。電子接点は存在しない。
  • レンズは総金属製でビルドクオリティは比較的良好だ。フォーカスリングは滑らかに動作するが、クリック付き絞りリングは少し壊れやすいように感じる。
  • シャープネス:
    ・α6000:2400万画素
    ・中央:絞り開放で平凡、F1.4で良好、F2~F2.8で優れた結果となる。
    ・四隅:F2まで悪いが、F4まで絞ると非常に良好だ。
    ・フレーム全体で優れたパフォーマンスを発揮するのはF8だ。
    ・ある程度の像面湾曲が見られるため、絞り開放で四隅にピントを合わせると中央がシャープとならない。その逆も然り。
  • 周辺減光は絞り開放で適度に発生し、F2.8で解消する。
  • 歪曲収差は中程度から強い影響が見られる。
  • 逆光耐性は良好だ。
  • 色収差は絞り開放で目に付く。
  • ボケはとても良好だが、F2まで絞ると10枚羽根の形状が現れる。
  • 後ボケは柔らかく素晴らしい描写だ。
  • 発色はとても良好である。
  • I型との比較
    ・中央のシャープネスはI型のほうが良好だ。F2.8で同等となる。
    ・I型の個体が特に良かった可能性がある。
    ・歪曲収差と周辺減光はII型で改善している。
    ・逆光耐性はII型が遥かに優れている。
    ・色収差は同等だ。
    ・玉ボケはII型のほうが優れている。
    ・発色はII型のほうが自然な描写だ。
    ・動画撮影ではクリックレスのI型が好みだ。
  • 実写ではボケと発色がとても優れている。ただし、解像性能が不足している。F5.6まで絞ればストリートや建築物、風景撮影に使えるシャープネスがフレーム全体で実現されている。

APS-C用の35mmとしてはとても素晴らしいボケ描写のレンズだ。F2以下のシャープネスは平凡だが、F4まで絞ると優れた結果を得ることが出来る。
I型と比較すると、いくつかの点で改善しており、玉ボケ・逆光耐性・発色・周辺減光が良好だ。
残念ながら、F2未満のシャープネスとクリック付き絞りリングの影響で動画には適していない。

長所:F2.8で優れた中央シャープネス・F4で良好な四隅シャープネス・非常に良好なボケ・非常に良好な発色・逆光耐性

平凡:ビルドクオリティ・中程度の周辺減光・色収差・像面湾曲・歪曲収差・絞り羽根

短所:F1.2~F1.4のシャープネス・F2.8までの四隅シャープネス・クリックレスの絞りリングでは無い

サイト案内情報

7Artisan関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
Sony FE 最大5万円 -2020/10/11 2020/1026
EOS M/Kiss 最大2万円 -2020/10/6 2020/10/19
OM-D 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/14
Nikon Z 最大2万円 -2020/9/30 2020/10/16
Fuji 最大6万円 -2020/9/27 2020/10/12

-7artisans, カメラ, レンズ, 機材レビュー, 海外の評価
-

© 2020 とるなら~写真道楽道中記~