「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

Nikonレンズ Nikon中・望遠レンズ カメラ レンズ

ニコン AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G 交換レンズデータベース

更新日:

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G」の情報を収集しています。

データベース

レンズの特徴

中央解像力 開放 良好
ピーク とても良好
周辺解像力 開放 良好
ピーク とても良好
中央解像ピーク F4-F5.6 周辺解像ピーク F5.6-F8
軸上色収差 やや目立つ
F3.5で改善傾向
倍率色収差 良好
球面収差 問題無し コマ収差 軽微
非点収差 とても良好 歪曲 ほぼゼロ
周辺減光 開放で1.5段
F4で改善
逆光耐性 やや弱い
AF 静音・正確 MF回転角 100度
最大撮影倍率
最短撮影距離
0.12倍
0.8m
手ぶれ補正
フィルター 67mm 重量 約350g
ボケ傾向 前後ともに滑らか・玉ボケは滑らかだが口径食の影響あり
備考

購入早見表

AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフトケース CL-1015
楽天市場 Amazon キタムラ
Yahoo
レンズキャップ67mm LC-67(スプリング式)
楽天市場 Amazon キタムラ
Yahoo
バヨネットフード HB-62
楽天市場 Amazon キタムラ
Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

レンズデータ

レンズ仕様

型式 ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-Sレンズ
焦点距離 85mm
最大口径比 1:1.8
レンズ構成 9群9枚
画角 28°30′(35mm判一眼レフカメラ、FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
18°50′(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時:
127.5mmレンズの画角に相当(FXフォーマット/35mm判換算)
撮影距離情報 カメラへの撮影距離情報を出力可能
ピント合わせ IF(ニコン内焦)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
撮影距離目盛 ∞~0.8m
最短撮影距離 0.8m
最大撮影倍率 0.12倍
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
絞り方式 自動絞り
最大絞り f/1.8
最小絞り f/16
測光方式 開放測光
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 67mm(P=0.75mm)
マウントアダプターFT1適否 AF駆動可
寸法 約80mm(最大径)×73mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約350g

MTFチャート

nikon85mm18mtf

レンズ構成図

nikon85mm18lens

紹介

『AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G』の弟分の様な存在のレンズ。

光学設計の理念もF1.4と同様で、特殊レンズを使わない光学の摂理に基づいた設計となっている。その為、ボケも素直で滑らか。インナーフォーカスを採用しているので全長の変化が無く、比較的高速にピント合わせが出来る。

海外サイトでの評価も高く、解像力や諸収差なども良好でF1.4を上回る面もある。

評価の底上げをしているのはそのお手頃な価格。85mmの大口径にして、発売も2012年とかなり新しいレンズの割に実売4万円ちょい。これはニコンFマウントを使っているのであれば持っておいて損はしないレンズ。

さらに、重量が350gと軽量。レンズの塊のようなF1.4が595gで1.7倍の重量がある。中望遠という画角から、アングルを変えるにはフットワークを要するレンズだけに軽量である事の利便性は高い。

最短撮影距離が80cmと寄ることが出来ない点は気をつけよう。

競合レンズ

海外の評価

Lenstip

  • このレンズはキヤノンEF85mm F1.8 USMと比べて遥かに太くやや全長が長い。
  • 金属マウントで後玉は前後に動かずマウント面に配置されている。
  • 鏡筒はプラスチック製だ。
  • フォーカスリングは滑らかで良好な抵抗感だが僅かにアソビがある。回転角は100度だ。場合によってこの回転角でMFの精度を出すのは難しいかもしれない。同スペックのレンズで200度を超える回転角のレンズも存在する。
  • レンズ前面の67mmフィルタースレッドは動かず回転しない。
  • 付属品はフード・ソフトケースだ。このクラスのレンズとしては豪華である。
  • 解像性能:
    ・中央:絞り開放から30~31lpmmの良像となりF2.8まで絞るととてもシャープな画質となる。F4-F5.6で最良の結果となる44lpmmに達する。このクラスのレンズでこれ以上のパフォーマンスを期待するのは難しいだろう。
    ・APS-C枠:中央と同様に肯定的な結果だ。絞り開放でも実用的で少し絞るととても良好となる。
    ・FF四隅:F1.8-2.0はギリギリ基準値を下回り、F2.5まで絞らないと上回らない。しかし、この結果はより高価なF1.4と比較して特に恥ずかしいパフォーマンスではない。面白いことに中央はF1.4よりも良く、端はF1.4よりも悪い。
  • 軸上色収差は絞り開放で目立ち、1段絞ってもまだ顕著だ。2段絞ると中程度まで減少する。
  • 倍率色収差ははるかに良好だ。開放でさえあまり騒がしく無く、F1.4Gよりも少し良好だ。
  • 球面収差は良好に補正されている。
  • 歪曲は他の85mmが樽型であるのに、本レンズは糸巻き型の傾向を示している。ただし、無視できる量である。
  • コマ収差は良好に補正されている。より高価なF1.4Gよりも良好だ。
  • 非点収差は2.9%と不満を述べるのが難しい。F1.4Gと全く同じ結果だ。
  • このレンズのボケはとても心地よい。このレンズのボケは賞賛に値するものだ。
  • 周辺減光はF1.4Gよりもやや悪く、キヤノンのEF85mm F1.8よりも良好だ。
  • ナノクリスタルコートを採用していない本レンズは逆光時にフレアが発生しやすい。褒められないパフォーマンスだ。
  • オートフォーカスは静かだが速度は際立ったものでは無い。ピント距離全域をほぼ1秒で移動する。精度に関して批判すべきことは無い。

長所:優れた中央画質・とても良好なAPS-C枠・FF端の画質・僅かな倍率色収差・無視できる歪曲収差・コマ収差が小さい・僅かな非点収差・僅かなDX枠の周辺減光・静かで正確なAF

短所:軸上色収差が目立つ・逆光耐性・FF枠で周辺減光が目立つ

このレンズはF1.4Gと比べてとても肯定的な評価となるレンズだ。素晴らしい画質、良好な色収差補正とコマ収差補正。互角の非点収差補正と歪曲補正。唯一F1.4Gに劣るポイントは逆光耐性くらいだろう。逆光耐性の結果は間違いなく我々が不満と感じたポイントだ。

価格は35mm F1.8や50mm F1.8よりも遥かに高い。キヤノンのEF85mm F1.8も安価である。キヤノンがとても古いレンズと考慮し、本レンズの価格はもう少し下がると予測できる。もしも値下がりしたら、我々は確実にこのレンズをおススメするだろう。

サイト案内情報

ニコン関連ページ

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-Nikonレンズ, Nikon中・望遠レンズ, カメラ, レンズ