Canon EOS R6 EOS Rシリーズ SONY α7 IV ILCE-7M4 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材比較

「α7 IV」と「EOS R6」の外観やスペックの違い

このページでは「α7 IV」と「EOS R6」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2021-10-23:ソニーが「α7 IV」を正式発表したので「EOS R6」との比較ページを作成しました。(空欄は調査中です

基本情報と価格の確認

ILCE-7M4 EOS R6
発売日 2020年 8月27日
小売希望価格 オープン オープン
初値 ¥301,950
商品ページ 商品ページ 商品ページ
仕様表 仕様表 仕様表
説明書 説明書 説明書
  データベース データベース

α7 IV

ポイント

管理人のおススメ

  • 豊富なコントロールとボタンカスタマイズ
  • 第四世代でアクセサリー共有可能
  • デジタル接続対応でワイヤレスマイクを使用可能
  • 3300万画素の高解像センサー
  • CFexpress Aを使用した高速バッファクリア
  • リアルタイムトラッキングによる高い追従性
  • ALL-Iに対応した高画質な4K
  • 豊富なパラメータによるJPEG・動画の仕上がり
  • 高速転送に対応したWi-Fi
  • バッテリーライフ
  • Eマウントの豊富なレンズラインアップ
ILCE-7M4(簡易検索)
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon
ILCE-7M4K(簡易検索)
ソニーストア icon
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

EOS R6

ポイント

管理人のおススメ

  • 撮影時に使いやすいボタンレイアウト
  • 手ごろな価格の赤外線リモコンに対応
  • 高解像な背面モニタ
  • 効果的なボディ内手ぶれ補正
  • センサーの除塵ユニットが超音波式
  • 素早くBモードへ移行可能&Fvモード対応
  • 最大100%カバーの位相差AF
  • 人体・動物・鳥を検出しやすい
  • 最大20コマ秒の高速連写
  • 画質最大で12コマ秒連写に対応
  • 多重露光に対応
  • ボディ内現像に対応
EOS R6・ボディー
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す
EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ キタムラで中古品を探す

外観の違い

正面

操作性

  • どちらも電源オフ時のシャッター閉幕機能に対応。

機能性

  • R6は前面にカスタマイズ可能なFnボタンを一つ搭載。前面に何もボタンが無いM4と比べると撮影時の素早い機能呼び出しで有利。
  • R6はグリップにリモコン受光部を搭載。M4は赤外線リモコンに非対応となっている。

背面

操作性

  • どちらも背面モニタの可動方式はバリアングルを採用。
  • R6のファインダーアイカップは固定されているが、M4は交換可能。

機能性

  • ボタン数は同程度だが、自由度の高いボタンカスタマイズに対応している点で圧倒的にM4が有利。

上面

操作性

  • 電源スイッチはM4がシャッターボタン同軸、R6が左肩に独立して配置されている。
  • どちらもモードダイヤルにロック構造は無い。

機能性

  • M4は第3のコマンドダイヤルを搭載。カスタマイズで好きな機能を割り当てることが出来る。
  • どちらもP/A/S/Mモードダイヤルを搭載しているが、M4は静止画/動画/S&Qモードの切替スイッチを独立して確保している。このため、動画モードでも素早い露出モードの切替が可能。
  • どちらもシャッターボタンの後ろに2つのカスタマイズ対応ボタンを搭載。さらにR6はシャッターボタンすぐ横にも押しやすいFnボタンを搭載している。
  • M4のみ、デジタル接続に対応したアクセサリーシューに対応している。これにより、ワイヤレスでの外部マイクを使用可能。

スペックの違い

イメージセンサー

ILCE-7M4 EOS R6
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センサー形式 裏面照射型 DP CMOS
有効画素数(万画素) 約3270万画素 約2010万画素
最大記録画素 7008 x 4672 5472×3648
アスペクト比 3:2
×1.6
1:1
4:3
16:9
ローパスフィルター なし あり
手振れ補正(補正段数) 5.5 8
光学IS連携(補正段数) - 8
除塵機能 帯電防止コート
センサーシフト
シャッター閉幕機能
シャッター閉幕機能
超音波

センサーサイズ

  • どちらもフルサイズフォーマットのイメージセンサーを搭載。
  • M4は裏面照射型CMOSセンサーを採用しており、集光性能の強化で低照度に強いと言われている。
  • R6は従来の表面照射型だが、キヤノン独自のデュアルピクセル方式を採用している。

有効画素数

  • M4はこのクラスでは高解像な3300万画素センサーを搭載。APS-Cクロップを1400万画素ほどの解像度で利用することが出来る。
  • R6はこのクラスとしては比較的低解像で、APS-Cクロップ利用時は1000万画素を下回る。

ローパスフィルター

  • 今のところM4に関して公式の仕様は確認できないが、海外の情報サイトによると「ローパスフィルターレス」と言われている。
  • R6はローパスフィルターを搭載している。モアレや偽色に対して耐性があるものの、もともと低解像なうえに細部のディテール再現性はローパスフィルターレスに劣る。

手ぶれ補正

  • どちらもボディ内手ぶれ補正を搭載しているが、公称値はR6のほうが8段分と効果が高い。
  • さらにR6はレンズ側の光学手ぶれ補正と協調補正に対応している。

センサー除塵ユニット

  • M4はセンサーシフト式の除塵ユニットを搭載。
  • R6は超音波式の除塵ユニットを搭載。
  • 個人的な経験則で言えば超音波式のほうが有利。ソニーα1やα7S IIIが超音波式の除塵ユニットを導入したことからも、超音波式の優位性があると思われる。

プロセッサー

ILCE-7M4 EOS R6
画像処理エンジン BIONZ XR DIGIC X
RAW出力形式 14bit
圧縮
ロスレス圧縮
非圧縮
14bit
RAW
C-RAW
その他出力 HEIF HEIF
記録メディア SD UHS-II
CFexpress A
SD UHS-II
メディアスロット 2 2

画像処理エンジン

  • どちらもメーカーの最新プロセッサを搭載。ブランドが異なるので、処理エンジンのみでの比較は難しい。

RAW形式

  • M4は3種類のRAW出力に対応。
  • R6は2種類のRAW出力に対応しており、非圧縮RAWの選択肢がない。
  • R6は海外の評価テストによると、シャドウにノイズリダクションが適用されており、これはRAWにも当てはまる。また、電子シャッター使用時にダイナミックレンジが狭くなる傾向アリ。

その他出力形式

  • どちらもHEIF出力に対応しているが、キヤノンはHDR画像でのみ利用可能。

記録メディア

  • M4はスロット1でCFexpress Aに対応している。バッファクリアの速度はSD UHS-IIカードとは段違いなだけに10コマ秒止まりの連写速度が惜しい。

露出

ILCE-7M4 EOS R6
測光方式 1200分割 384分割
測光方式 マルチ
中央重点
スポット
画面全体平均
ハイライト重点
評価測光
部分測光
スポット
中央重点
測光範囲 -3~20 -3~20
露出モード AUTO
P
S
A
M
C3枠
AUTO
FV
P
S
A
M
B
C3枠
常用ISO感度 100~51200 100~102400
拡張ISO感度 50
204800
50
204800
露出補正 ±3
フリッカー低減 対応 対応
DR補正 5段階 2段階

測光方式

  • 分割点数が異なるものの、スペックシート上だけで測光の精度を比較することは出来ない。

露出モード

  • M4のモードダイヤルはAUTOとP/A/S/M、そしてカスタム3枠とシンプル。バルブモードも利用可能だが、Mモードでシャッタースピードを30秒以上に設定しなければモード移行できない。少し不便。
  • M4は静止画/動画/S&Q切替スイッチが独立しており、動画撮影における露出モードの操作はR6よりも簡単。
  • R6はモードダイヤルにバルブや動画モードも内包している。バルブへの移行は簡単だが、動画撮影時の露出モード切替は少し不便。
  • R6はキヤノン独自の「Fvモード」に対応している。しかし、これを活かすには専用のボタンカスタマイズが必要。

ISO感度

  • R6は常用ISO感度がM4よりも1段幅広い。

フリッカー低減

  • どちらもフリッカー低減機能に対応しているが、高周波フリッカーには対応していない。

オートフォーカス

ILCE-7M4 EOS R6
AF方式 ハイブリッド DPCMOS AF II
測距点 759点 1053点
クロスセンサー - -
F8対応 F22 F22
カバーエリア 約94% 最大100×100%
測距輝度範囲 -4~20
(F2 レンズ)
EV-6.5~20
(F1.2レンズ)
フォーカスモード AF-S
AF-A
AF-C
DMF
MF
ワンショット
サーボ
AIフォーカス
測距エリアモード ワイド
ゾーン
中央
フレキシブル(S/M/L)
拡張フレキシブル
ロックオン
顔+追尾優先AF
スポット1点
1点
領域拡大
(上下左右)
領域拡大
(周囲)
ゾーン
ラージゾーン
(縦/横)
顔検出 対応 対応
瞳検出 対応 対応
追従特性カスタマイズ 追従感度 被写体追従特性
速度変化追従性
Case1~4
Case Auto
被写体検出機能 動物瞳
鳥瞳
リアルタイムトラッキング
EOS iTR AF X
人(瞳・顔・頭部)
動物(犬・猫・鳥)
MFアシスト ピーキング
フォーカスマップ
フォーカガイド
ピーキング
ライブビュー拡大 11.0倍

AF方式

  • M4は像面位相差とコントラストAFのハイブリッド方式を採用。
  • R6はデュアルピクセル方式を採用しており、センサー全面で像面位相差AFに対応している。
  • どちらもF22まで追従AFに対応している。

測距点

  • M4は最大759点の像面位相差AFに対応。
  • R6は1053点のAFに対応しているが、全面で位相差検出に対応しているので、より小刻みにAFエリアを操作することが可能。(6072ポジション)

カバーエリア

  • M4の像面位相差AFは約94%のエリアをカバーしている。
  • R6のデュアルピクセルCMOS AFは最大100%のエリアをカバーしている。(オートエリア時)

測距輝度範囲

  • スペックシート上は使用しているレンズが異なるので比較が難しい。同じ明るさのレンズであれば違いはあまりないように見える。

検出機能

  • どちらも動物や鳥の検出に対応しているが、M4は瞳のみ対応。瞳が検出できない場合は初動の掴みが出遅れる可能性あり。
  • R6は動物や鳥の身体でも検出可能。

ドライブ

ILCE-7M4 EOS R6
シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子先幕シャッター 1/8000~30秒 1/8000~30秒
電子シャッター速度 1/8000~30秒 1/8000~0.5秒
フラッシュ同調 【35mm】
~1/250秒
【APS-C】
~1/320秒
~1/200秒(メカ)
~1/250秒(電子先幕)
高速連続撮影 AF/AE固定 ~10コマ/秒
(圧縮RAW)
6コマ/秒
(非圧縮RAW)
~12コマ秒(メカ)
~20コマ秒(電子)
高速連続撮影 AF/AE追従 ~10コマ/秒
(圧縮RAW)
6コマ/秒
(非圧縮RAW)
~12コマ秒(メカ)
~20コマ秒(電子)
連続撮影枚数 6fps 非圧縮RAW
RAW:1000
非圧縮RAW:1000
RAW
約 110枚
(SD UHS-I)
RAW 約240枚
(SD UHS-II)
シャッター耐久 30万回
低速限界設定 対応
オート調整あり
対応
オート 7段階
プリ連写機能 - -
セルフタイマー 2/5/10秒 2/10秒

シャッター

  • どちらも基本的に「30-1/8000秒」だが、R6は電子シャッター時の長秒露光が0.5秒までに限定されている。

連写速度

  • M4はシャッター方式に関わらず10コマ秒まで。さらに、圧縮方式によっては連写速度に制限がある。
  • R6は圧縮方式に関わらずメカニカルシャッター時に12コマ秒、電子シャッター時に20コマ秒の連写速度を実現。ただし、メカシャッター時はバッテリーの状態などにより連写速度に変化がある。
  • R6の電子シャッター時は強制的にダイナミックレンジが低下するので、必要ないときはメカニカルシャッターに切り替えたほうが良い。
  • R6は画質を最大化した状態で12コマ秒の連写が可能。

連続撮影枚数

  • スペックシート上の連続撮影枚数は連写速度が異なるので比較が難しい。とは言え、CFexpress Aカードに対応しているM4の優位性は間違いない。

プリ連写機能

  • どちらもプリ連写機能は実装していない。

ファインダー・モニター

ILCE-7M4 EOS R6
ファインダー方式 0.5型 OLED 0.5型 OLED
ファインダー解像度(ドット) 369 369
アイポイント(mm) 18.5 23
最大ファインダー倍率 0.78 0.76
視度調整範囲 -4~+3m-1 -4~+2m-1
フッ素コーティング 対応
フレームレート 60/120 fps 60/120fps
モニター形式 TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 104 162
モニターサイズ 3.0型 2.95型
可動方式 バリアングル バリアングル
タッチパネル 対応 対応
サブ液晶モニタ - -

ファインダー解像度

  • どちらも369万ドットのOLEDパネルを搭載。

ファインダー倍率・アイポイント

  • ファインダー倍率はM4が僅かに大きい。
  • アイポイントはR6のほうが長い。眼鏡着用者に比較的優しい仕様。

モニター解像度

  • M4は104万ドットで、この価格帯のモニタとしては少し低解像。
  • R6は162万ドットで、この価格帯としては一般的。

モニター可動方式

  • どちらもバリアングルモニタを採用している。

モニタータッチ操作

  • どちらもメニューシステムの操作に対応。
  • どちらもマルチタッチに対応している。

動画

ILCE-7M4 EOS R6
映像記録方式 MPEG-4 AVC/H.264
MPEG-H HEVC/H.265
H.264/MPEG-4 AVC
H.265/HEVC
音声記録方式 LPCM
AAC
LPCM
AAC
記録形式 XAVC S
XAVC S-I
XAVC HS
MP4
8K - -
4K ~60p
UHD
~600Mbps
~60p
UHD
~230Mbps
FHD ~60p
~222Mbps
IPB
~180Mbp
ハイスピード ~120fps FHD 119.88fps
動画クロップ なし(4K 30p)
S35(4K 60p)
1.07倍
クロップ対応
連続撮影時間 30分
内部記録
外部出力
【USB】
4K 15p
FHD 60p
【HDMI】
4:2:2 10bit
4K 59.94fps
タイムラプス動画 - 4K
動画撮影機能 美肌モード
ガンマ表示アシスト
TC/UB
ゼブラ
ピーキング
動物瞳AF
鳥瞳AF
フォーカスマップ
ブリージング補正
DPCMOS AF II
人物検出
動物検出
温度上昇緩和
タイムコード
ドロップフレーム
音声メモ
ゼブラ
ウインドカット
アッテネーター
トランスコード
縦位置撮影情報
切り出し
動画プロファイル PP1-11 Canon Log
(全対応)
電子手ぶれ補正 アクティブ 対応

出力形式

  • M4のみALL-I(XAVC S-I)に対応している。

解像度・画質

  • どちらもDCIには対応していない。
  • M4は最大で7Kオーバーサンプリングに対応。
  • R6は最大で5.1Kのオーバーサンプリングに対応。

連続撮影時間

  • R6は連続撮影時間が30分まで。

作画機能

ILCE-7M4 EOS R6
HDR撮影 対応
多重露光 - 2~9枚
加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
インターバル撮影 撮影間隔
回数
高解像撮影 - -
ブラケット AE/WB/DRO AE/WB/フォーカス
ボディ内RAW現像 - 対応
レンズ補正 周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
周辺光量
歪曲収差
DLO
(強め対応)
色収差
回折
カラープリセット 10種
PP1-11
8種
仕上がり設定 カスタム6枠
コントラスト±9
シャドウ±9
ハイライト±9
フェード~9
彩度±9
シャープネス~9
S.レンジ~5
明瞭度~9
・シャープネス 7段
・細かさ 5段
・しきい値 5段
・コントラスト 8段
・色の濃さ 8段
・色あい 8段
・明瞭度
ホワイトバランス オート 3種
太陽
日陰
曇天
電球
蛍光灯 4種
フラッシュ
色温度
(2500~9900)
色フィルター
カスタム 3枠
水中オート
AWB 2種
太陽光
日陰
くもり
白熱電球
白色蛍光灯
ストロボ
マニュアル
色温度
(2500~10000K)
WB補正

HDR・多重露光・インターバル撮影・ブラケット

調査中

RAW現像

  • M4はボディ内現像に対応していない。
  • R6はボディ内現像に対応している。

カラープリセットと仕上がり設定

  • M4はプリセット数が多く、パラメータの調整項目が多い。

ホワイトバランス

  • M4は専用のホワイトバランスセンサーを搭載している。

インターフェース

ILCE-7M4 EOS R6
デジタル端子 USB 3.1 Gen2
Micro B
USB-C 3.1 Gen2
特殊端子 - -
シンクロ端子 - -
HDMI端子 A D
外部マイク端子 3.5mm 3.5mm
ヘッドフォン端子 3.5mm 3.5mm
リモコン端子 USB Micro B E3
ワイヤレスリモコン BR-E1
WiFi 802.11a/b/g/n/ac 802.11b/g/n
Bluetooth 4.1 4.2
NFC -
GPS - -
環境センサー - -
テザー撮影 Imaging Edge EOS Utility
フラッシュ -
電子水準器 2軸 2軸

USB

  • どちらもUSB 3.1(USB 3.1 Gen2)に対応しているが、M4のみMicro USBにも対応している。

HDMI

  • M4はフルサイズHDMIポートを搭載している。

マイク・ヘッドホン

  • どちらも3.5mmヘッドホン・イヤホンケーブルに対応している。

リモートコントロール

  • R6のみ赤外線受光部を搭載。リモコンに対応している。
  • M4はBluetoothのリモコンのみ対応している。
  • どちらも有線リモコンに対応している。

無線通信

電源・ボディ

ILCE-7M4 EOS R6
バッテリー NP-FZ100 LP-E6NH
縦位置グリップ VG-C4M BG-R10
USB充電 PD対応 PD対応
USB給電 PD対応 PD対応
撮影可能枚数 520枚EVF
580枚LCD
約360枚
(60fps時)
約250枚
(120fps)
ボディ材質 トップカバー
フロントカバー
内部フレーム
ポリカーボネイト
(外装)
マグネシウム合金
(フレーム)
ボディサイズ 幅 131.3 138
ボディサイズ 高 96.4 97.5
ボディサイズ 奥 79.8 88.4
質量(メディア・バッテリー含) 658g 680
質量(ボディのみ) 598
防塵防滴 配慮した設計 対応
動作温度 0℃~40℃ 0℃~40℃

バッテリー・ライフ

  • バッテリーライフはM4のほうが遥かに良好。
  • どちらもUSB-PD製品を使った充電・給電に対応している。
  • どちらも縦位置用バッテリーグリップに対応している。

ボディ材質

  • M4は部分的にマグネシウム合金を採用。
  • R6はポリカーボネート製だがフレームはマグネシウム合金。

サイズ・重量

  • 厳密には異なるが、驚くような差は無い。

比較記事

-Canon, EOS R6, EOS Rシリーズ, SONY, α7 IV ILCE-7M4, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較
-,