Nikon Nikon Z SONY Z最上位モデル α1 αE シリーズ カメラ デジタルカメラ総合 機材比較

「Z 9」と「α1」の外観やスペックの違い

このページでは「Z 9」と「α1」の外観やスペックの違いを見比べています。

更新履歴

  • 2021-10-30:ニコン「Z 9」が正式発表されたので「α1」と外観やスペックを見比べるページを作成しました。空欄やいくつか調査中の項目があります。
    (記事中では「Z 9」「A1」と呼称します。)

基本情報と価格の確認

Z 9 ILCE-1
発売日 2021年 2021年3月19日
小売希望価格 オープン オープン
初値 ¥628,650 ¥782,633
商品ページ 商品ページ 商品ページ
仕様表 仕様表 仕様表
説明書 説明書 説明書
データベース データベース データベース

Z 9

ポイント

  • グリップした状態で操作できるコントロールが豊富
  • 水平方向にも傾けることが出来る4軸チルト大型モニタ搭載
  • 900秒バルブタイマーやステータスパネル、赤色画面表示が低照度での撮影に便利
  • センサー周辺の保護機能が充実
  • 協調手ぶれ補正に対応
  • CFexpress Type Bカードを利用した高速バッファクリアに対応
  • ISO 64に対応
  • -8.5EVのスターライトAFに対応
  • 生物に加えて乗り物の被写体検出にも対応
  • JPEG・低解像限定で120コマ秒の連写速度に対応
  • 将来的に8K 60pに対応予定
  • 多重露光に対応
  • ボディ内RAW現像に対応
  • Bluetooth Low Energyに対応
Z 9
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon  

α1

ポイント

  • 赤外線リモコンに対応
  • 豊富で自由度の高いボタンカスタマイズに対応
  • 外付けマイクのデジタル接続に対応
  • 効率の良いHEIF形式に対応
  • 手ごろな価格のSDカードを利用可能
  • 高周波フリッカーに対応
  • メカニカルシャッターを使用可能(同調1/400秒)
  • 30コマ秒の連写速度に対応
  • 大型・高解像・高フレームレートのファインダー搭載
  • ピクセルシフト式の高解像撮影に対応
  • USB 3.2 Gen2の高速転送に対応
  • 2×2 MIMOのWi-Fiに対応
  • 比較的バッテリーライフが良好
  • 小型軽量
α1 ILCE-1
ソニー公式
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
ソフマップ icon e-BEST ノジマ PayPay
ビックカメラ icon ヤマダ PREMOA icon

外観の違い

正面

操作性

  • Z 9は前面にFnボタンを3つ搭載。グリップを握った状態でだFnボタンを簡単に操作できる。
  • Z9は前面左上にシンクロソケットとリモートレリーズ用端子を要塞。
  • Z 9は左側面にAFモードボタンを搭載。

機能性

  • A1はホワイトバランス用センサーを搭載している。
  • A1は赤外線リモコンに対応している。

α1 グリップ装着時

  • A1は縦位置グリップのボタン配置が横位置と同じ。
  • Z 9は縦位置グリップの継ぎ目が無いので防塵防滴仕様で有利。

背面

操作性

  • A1は背面ホイール操作に対応。素早い設定切替に対応。
  • Z 9は4軸チルトで水平方向にもモニタを傾けることが出来る。
  • A1はボタンカスタマイズ箇所と機能が豊富で自由度が高い。

機能性

  • Z 9は音声・画質・ホワイトバランス用の専用ボタンがある。

α1グリップ装着時

  • Z 9はグリップ一体型デザインにより大型モニタや4軸チルト構造を搭載。

上面

操作性

  • ドライブモードはZ 9がボタン式、A1がダイヤル式で左肩に搭載。
  • A1はフォーカスモードダイヤルを左肩に搭載。
  • 撮影モードはZ 9がボタン式で左肩に、A1がダイヤル式で右肩に搭載。
  • 露出補正やZ 9がボタン式でシャッターボタン付近、A1がダイヤル式で右肩に搭載。
  • どちらもシャッターボタン軸の電源スイッチを搭載。ただし、オン/オフの方向が逆。

機能性

  • Z 9は右肩にステータス表示モニタを搭載。ファインダーやモニタを確認せずにカメラの設定を変更可能。
  • A1はホットシューがデジタル接続に対応しており、外部マイクのワイヤレス接続などが可能。

スペックの違い

イメージセンサー

Z 9 ILCE-1
センサーサイズ フルサイズ フルサイズ
センサー形式 積層型 積層型
有効画素数(万画素) 4571 5010
最大記録画素 8256×5504  8640 x 5760
アスペクト比 FX
DX
1:1
16:9
3:2
16:9
4:3
1:1
ローパスフィルター 不明 不明
手振れ補正(補正段数) 不明 5.5
光学IS連携(補正段数) 6
除塵機能など フッ素コート
センサーシールド
超音波
VRロックあり
帯電防止コート
超音波
シャッター閉幕

センサー

  • どちらもスキャンレートの速い積層型CMOSセンサーを使用。
  • A1のほうがわずかに解像度が高い。ただし、総画素数は何故かZ 9のほうが多かったりする(Z 9:A1=5237万画素:5050万画素)。つまりピクセルピッチに大きな差は無いと思われる。

手ぶれ補正

  • Z 9のボディ内手ぶれ補正単体の効果は不明。
  • Z 9はレンズの光学手ぶれ補正と協調補正に対応しており、効果的な補正を実現している。
  • Z 9は電源オフ時に手ぶれ補正をロックする機構を搭載。これにより振動からカメラの故障を予防。

センサー除塵ユニットなど

  • Z 9はセンサー面にフッ素コーティング処理が施されており、メンテナンス性が向上。
  • Z 9は専用のセンサーシールドを搭載している。A1は壊れやすいメカニカルシャッターを使用しているので注意が必要。

プロセッサー

Z 9 ILCE-1
画像処理エンジン EXPEED 7 BIONZ XR
RAW出力形式 14/12bit
ロスレス圧縮
高効率★
高効率
L/M/S対応
14bit
圧縮
ロスレス圧縮
非圧縮
その他出力 - HEIF
記録メディア XQD
CFexpress B
SDXC UHS-II
CFexpress A
メディアスロット 2 2

画像処理エンジン

  • どちらも同社の最新プロセッサを搭載している。

RAW形式

  • A1は非圧縮RAWに対応している。
  • Z 9は独自の高効率RAWに対応している。(画質は非圧縮と同レベルと言われているが詳細は不明)
  • A1の30コマ秒連写は圧縮RAW限定。20コマ秒ならばロスレスRAWや非圧縮RAWにも対応している。
  • Z 9は高効率RAWであれば20コマ秒でも1000枚以上の連続撮影が可能。

その他出力形式

  • A1はHEIFに対応している。

記録メディア

  • Z 9はCFexpress Aカードよりも2倍高速転送が可能なBタイプのカードに対応している。
  • A1はCFexpress Aカードの他に、手ごろな価格のSDカードを利用することが出来る。

露出

Z 9 ILCE-1
測光方式 TTL測光 1200分割
測光方式 マルチパターン
中央部重点
スポット
ハイライト重点
マルチ
中央重点
スポット(N/L)
画面全体平均
ハイライト重点
測光範囲 -3~17 -3~20
露出モード P
S
A
M
AUTO
P
S
A
M
C3枠
常用ISO感度 64~25600 100~32000
拡張ISO感度 32
102400
50
102400
露出補正 ±5 ±5
フリッカー低減 対応 対応
高周波対応
DR補正 5段階 5段階
露出備考

ISO感度

  • Z 9はISO 64に対応している。

フリッカー低減

  • A1は高周波フリッカーに対応している。

オートフォーカス

Z 9 ILCE-1
AF方式 ハイブリッド ハイブリッド
測距点(位相差) 493 759点
測距点(コントラスト) 不明 425点
F8対応 不明 F22
測距輝度範囲 -6.5~19
(F1.2 レンズ)
-8.5~19
(低照度AF)
-4~20
(F2.0 レンズ)
フォーカスモード AF-S
AF-C
AF-F
MF
AF-S
AF-A
AF-C
DMF
MF
測距エリアモード ピンポイント
シングル
ダイナミック
(S/M/L)
ワイド
(S/L)
オート
3D-トラッキング
ワイド
ゾーン
中央
フレキシブル(S/M/L)
拡張フレキシブル
ロックオン
顔検出 対応 対応
瞳検出 対応 対応
追従特性カスタマイズ 横切り反応
被写体の動き
追従感度
被写体検出機能 人物
(顔・瞳・頭部・胴体)
犬・猫・鳥
(頭部・瞳・全身)
車・バイク・自転車・列車
飛行機
(全体・先頭・コックピット)
動物瞳
鳥瞳
リアルタイムトラッキング
MFアシスト ピーキング
フォーカスエイド
ピント距離表示
ピーキング
ライブビュー拡大 ×8.5

AF

  • どちらもハイブリッドAFに対応している。
  • 測距点はA1のほうが細分化されている。
  • Z 9は-8.5EVの測距輝度範囲に対応するスターライトAFを利用可能。
  • Z 9は被写体認識を利用できるエリアモードが限定されている。

検出機能

  • Z 9は人間や動物の身体でも検出が可能。
  • Z 9は生物のほかに自動車や列車、飛行機の検出に対応している。

ドライブ

Z 9 ILCE-1
シャッター速度 - 1/8000~30秒
電子先幕シャッター - 1/8000~30秒
電子シャッター速度 1/32000~900秒 1/32000~30秒
フラッシュ同調 ~1/250秒 FF:~1/400秒
APS-C:~1/500秒
ES FF:1/200秒
ES APS-C:1/250秒
高速連続撮影 AF/AE固定 ~20コマ/秒
30コマ秒
120コマ秒
~30コマ/秒(電子)
~10コマ/秒(メカ)
高速連続撮影 AF/AE追従 ~20コマ/秒
30コマ秒
120コマ秒
~30コマ/秒(電子)
~10コマ/秒(メカ)
連続撮影枚数 ロスレスRAW:79
高効率★RAW:685コマ
高効率RAW:1000コマ以上
RAW:238
ロスレス:96
非圧縮RAW:82
シャッター耐久 - 50万回
低速限界設定 対応 対応
オート調整あり
プリ連写機能 - -
セルフタイマー 2~20秒
1~9コマ
0.5~3秒間隔
2/5/10秒

シャッター

  • Z 9は900秒までのバルブタイマーに対応している。
  • A1はメカニカルシャッターを利用できる。
  • どちらも1/32000秒までの高速電子シャッターを利用可能。

フラッシュ同調速度

  • A1はメカニカルシャッターで1/400秒の同調速度に対応。
  • Z 9は1/250秒の電子シャッターによる同調速度に対応。A1の5msより少し速いスキャンレートを実現している。

連写速度

  • A1は圧縮RAW時に30コマ秒の連写が可能。
  • A1はロスレスRAW・非圧縮RAWで20コマ秒の連写が可能。
  • Z 9はJPEG限定で30コマ秒・120コマ秒の連写が可能。

連続撮影枚数

  • Z 9は高効率RAWを使うことで20コマ秒でも1000枚以上の連続撮影が可能。

ファインダー・モニター

Z 9 ILCE-1
ファインダー方式 0.5型 OLED 0.64型 OLED
ファインダー解像度(ドット) 369 944
アイポイント(mm) 21 約25mm
最大ファインダー倍率 0.8 約0.90倍
視度調整範囲 -4~+3m-1 -4~+3m-1
フッ素コーティング 不明 対応
フレームレート 60/120/240 fps
モニター形式 TFTカラー TFTカラー
モニター解像度(ドット) 210 144
モニターサイズ 3.2型 3.0型
可動方式 4軸チルト チルト
タッチパネル 対応 対応
サブ液晶モニタ あり なし
赤色画面表示

ファインダー

  • A1は大型で高解像で高フレームレートのファインダーを搭載。
  • Z 9は連写時もライブビューに特化した画像処理が可能と主張している。A1とどのように差別化できているのか今のところ不明。

モニター

  • Z 9は大型で高解像なモニターを搭載。
  • Z 9は水平方向にも傾けることが出来る4軸チルトを採用。
  • Z 9は夜間撮影で便利な赤色画面表示に対応。

動画

Z 9 ILCE-1
映像記録方式 H.264
H.265
ProRes 422 HQ
MPEG-4 AVC/H.264
MPEG-H HEVC/H.26
音声記録方式 LPCM
AAC
LPCM
AAC-LC
記録形式 MOV
MP4
XAVC S
XAVC HS
8K ~30p
UHD
約400Mbps
~30p
~400Mbps
4:2:0 10bit
4K ~120p
UHD
約400Mbps
~120p
UHD
4:2:0 10 bit
~600Mbps
S/SI
FHD ~120p
約190Mbps
~120p
4:2:0 8 bit
222Mbps
ハイスピード ~120fps ~240fps
動画クロップ なし
×2.3クロップも可能
フル画角 8K・4K
4K 120p(10%)
全画素読出し(Super35)
連続撮影時間 125分 無制限
外部出力 8K 4:2:0 8bit
タイムラプス動画 -
動画撮影機能 TC
ゼブラ
ピーキング
アッテネーター
ゼブラ
AF速度
追従感度
瞳AF
TC/UB
ゼブラ
ピーキング
アクティブ電子IS
ハイブリッドAF
HLG
プロキシ
AFトランジション速度
AF乗り移り感度
フレキシブル露出設定
動画プロファイル N-LOG
HLG
PP1-PP11
(S-Log2/3)
S-Cinetone
電子手ぶれ補正 対応 対応
備考 -

調査中

作画機能

Z ILCE-1
HDR撮影 対応 HLG撮影
多重露光 加算
加算平均
比較明合成
比較暗合成
-
インターバル撮影 対応 撮影間隔
回数
高解像撮影 - ピクセルシフトマルチ撮影
ブラケット AE/WB/ADL/Flash AE/WB/DRO
ボディ内RAW現像 対応 -
レンズ補正 周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
周辺光量
倍率色収差
歪曲収差
回折補正
カラープリセット 7種+20種 10種
PP1-11
仕上がり設定 輪郭協調 9段
明瞭度±5
ミドルレンジS
コントラスト±3
明るさ±2
彩度±3
色相±3
フィルター
調色
(各0.25段で調整可)
コントラスト ±9
ハイライト ±9
シャドウ ±9
フェード ~9
彩度 ±9
シャープネス ~9
シャープネスレンジ ~5
明瞭度 ~9
ホワイトバランス ・AWB 3種
・自然光オート
・電球
・蛍光灯 7種
・晴天
・フラッシュ
・曇天
・日陰
・マニュアル 6枠
・色温度
(2500~10000)
可視光+IRセンサー
・オート 3種
・太陽
・日陰
・曇天
・電球
・蛍光灯 4種
・フラッシュ
・色温度
(2500~9900)
・色フィルター
・カスタム 3枠
・水中オート
デジタルフィルター - -

調査中

インターフェース

Z 9 ILCE-1
デジタル端子 USB 3.0
Type-C
USB 3.2
Type-C

Micro USB
特殊端子 LAN 1000BASE-T LAN 1000BASE-T
シンクロ端子 - -
HDMI端子 A A
外部マイク端子 3.5mm 3.5mm
ヘッドフォン端子 3.5mm 3.5mm
リモコン端子 10ピン USB Micro B
ワイヤレスリモコン RMT-DSLR2
WiFi 802.11b/g/n/a/ac 802.11b/g/n/a/ac
2×2 MIMO
Bluetooth 5 LE 5
NFC - 対応
GPS 対応 対応
環境センサー
テザー撮影 Camera Control Pro 2 Imaging Edge
フラッシュ -
電子水準器 2軸 2軸

USB

  • A1は高速転送が可能なUSB 3.2 Gen2に対応。
  • A1はリモートレリーズ用のMicro USBを搭載。ただし、従来モデルのように充電には対応していない。

HDMI

  • どちらも壊れにくいHDMI A端子に対応している。

マイク・ヘッドホン

  • どちらも3.5mmヘッドホン・マイクに対応。
  • A1はさらにホットシューでのデジタル接続に対応している。

リモートコントロール

  • どちらもBluetoothリモコンと有線レリーズに対応。
  • A1のみ赤外線リモコンを使用可能。

無線通信

  • どちらも5GHz Wi-Fiに対応しているが、A1のみ2×2 MIMOに対応。
  • どちらもBluetoothに対応しているが、Low Energyで常時接続に対応しているのはZ 9のみ。

電源・ボディ

Z 9 ILCE-1
Z 9 ILCE-1
バッテリー EN-EL18d NP-FZ100
縦位置グリップ 一体型 VG-C4EM
USB充電 PD対応 PD対応
C端子のみ
USB給電 PD対応 PD対応
C端子のみ
撮影可能枚数 700枚EVF
740枚LCD
430枚EVF
530枚LCD
撮影可能動画 約170分
ボディ材質 マグネシウム合金 トップカバー
フロントカバー
リアカバー
内部フレーム
ボディサイズ 幅 149 128.9
ボディサイズ 高 149 96.9
ボディサイズ 奥 90.5 80.8
質量(メディア・バッテリー含) 1340 約737g
質量(ボディのみ) 1160 約652g
防塵防滴 対応 配慮した設計
動作温度 -10℃~40℃

バッテリー・ライフ

  • A1は縦位置グリップ搭載でバッテリーを2個利用した場合にZ 9よりも良好なバッテリーライフとなる可能性あり。

サイズ・重量

  • A1のほうが小型軽量で収納性・携帯性が良好。

比較記事

-Nikon, Nikon Z, SONY, Z最上位モデル, α1, αE シリーズ, カメラ, デジタルカメラ総合, 機材比較
-,