「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY標準レンズ カメラ レンズ

コンパクトでリーズナブルな電動ズーム E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS 交換レンズデーターベース

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2017.10.16:全体的にページを更新しました。
  • 2016.6.28:ページを公開

データベース

購入早見表

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
レンズリヤキャップ ALC-R1EM
楽天市場 Amazon キタムラ Yahoo
フィルター購入早見表
プロテクト C-PL ND ソフト
X-CAP

レンズデータ

レンズ仕様

名称 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
型名 SELP1650
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●APS-Cフォーマット専用
焦点距離(mm) 16-50
焦点距離イメージ(mm) *1 24-75
レンズ構成 (群-枚) 8-9
画角 (APS-C) *1 83°-32°
開放絞り (F値) 3.5-5.6
最小絞り (F値) 22-36
絞り羽根 (枚) 7
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.25-0.3
最大撮影倍率 (倍) 0.215
フィルター径 (mm) 40.5
ADI調光対応 -
手ブレ補正 レンズ内手ブレ補正方式
テレコンバーター (1.4x) -
テレコンバーター (2.0x) -
フードタイプ
外形寸法 最大径x長さ (mm) φ64.7×29.9
質量 約 (g) 116
付属品
フード (型名) -
レンズフロントキャップ
レンズリヤキャップ
ケース -
その他付属品 -

MTFチャート

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS-mtf

レンズ構成図

E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS-lens

紹介

αEマウントのコンパクトなAPS-C用沈胴式ズームレンズ。

解像力は諸レビューサイトでお分かりのように、あまり褒められた性能では無い。とは言っても絞り開放において中央の解像力で言えば広角端で「良好」、望遠端で「まあ良好」と言ったところ。

周辺部がかなり甘いものの、概ねF8まで絞ればなんとか実用範囲まで追いついてくる。望遠端では全体的に広角端よりも描写が甘め。ただし、広角端で使う場合にはしっかり絞らないと周辺部がかなり甘いので、結果「広角端の描写が甘い」と感じてしまうかもしれない。

手ぶれ補正もしっかり効くので、ローライトなシーンでも感度を抑えたり、しっかり絞ってもスローシャッターで持ち堪えてくれるシーンが増える。

電動ズームの為、機械式と比べると操作感が異なる。しかし、広角端から望遠端まではかなりクイックな操作も可能であり、コンパクトデジタルカメラのようなゆっくりしたズームとは別格。

キットレンズながら広角16mm(35mm判換算で24mm)をカバーしているので、ワイドな写真を撮る場合にも便利。(適切に絞る必要があるが)

価格もお手頃な値段で、然るべきボディと組み合わせればオートフォーカスも結構速い。さらにコンパクトなαシリーズと組み合わせると、一眼レフカメラとは比べ物にならない携帯性がある。

いちいちキャップを付け外ししなくても良い自動開閉キャップが存在するので、それを取り付けると更に使い勝手が向上する。

描写性能にはやや妥協が必要だが、それ以上にメリットが存在するレンズだったりする。「高級コンパクトデジタルカメラで良いのでは?」という考え方もあるので、そこは自身のスタイルと要相談。個人的にはズーミングの早さは比較にならないと感じている。

注意点として、デジタル補正ありきのレンズである事。RAWで撮影してパソコンで処理する場合、極めて強烈な歪曲収差と向き合う必要がある。それが特に気にならなければ問題ないが、特に建物など直線的な被写体が多い場合には不快に感じる場合もあるだろう。

関連レンズ

海外の評価

Sony Alpha Rumors

  • ビルドクオリティは問題無い。
  • このレンズはとても小さく、α6000との組み合わせは本当にコンパクトだ。電源を投入するとレンズ内筒が伸びる。
  • オートフォーカスは高速で効果的だが、低照度と50mm F5.6の組み合わせでは苦戦を余儀なくされる。
  • シャープネス:α6000:全体的にキットレンズとしてはとても良好だ。中央はとても優れており、四隅はF8まで絞れば良好となる。ただし、16mm時の四隅は中央から大きく引き離されている。
  • 周辺減光はズームレンジ全域の絞り開放でとても目立つ。(特に16mm)
  • 歪曲収差は16mmで巨大、35mmで穏やかなものとなる。
  • 減光と歪曲は幸いにもLightroomの補正で問題が無くなる。
  • 色収差はとても小さい。
  • 逆光耐性は優れている。
  • 後ボケはとても良好で柔らかいがボケが大きくなるレンズでは無いので期待してはダメだ。玉ボケは小さいがとても丸みを帯びている。
  • 発色は良好だ。

E PZ 16-50mmはこれから一眼カメラを始める人にとって良好なコンパクトレンズだ。シャープさを過度に期待してはいけないが、小型・パワーズーム・光学手振れ補正・良好な発色と色収差補正・逆光耐性を備えている。

ボケが大きいレンズでは無いので追加投資で「E 35mm F1.8 OSS」や「E 50mm F1.8 OSS」を用意すると良い。もしRAW現像するのであれば「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」のほうが良いだろう。

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang
キャッシュバックキャンペーン一覧表
キャンペーン 特典 対象期間 (開始日は要確認) 応募締切
FUJI GFX 最大15万円 -2020/1/13 2020/1/27
FUJI X 最大23万円 -2020/1/13 2020/1/27
トキナーレンズ 最大1万円 -2020/1/15 2020/1/20
サムヤンレンズ 3千円 -2020/1/15 2020/1/20
E-M1X+PROレンズ 最大7万円 -2020/1/13 2020/1/27
α7系+FEレンズ 最大5万円 -2020/1/13 2020/1/29
α6100・α6400 最大1.5万円 -2020/1/13 2020/1/29
EOS Rシステム 最大3.5万円 -2020/1/14 -2020/1/31
Z 50 最大2万円 -2020/1/14 -2020/1/31
LUMIX 最大10万円 -2020/1/13 2020/1/30
α6100 最大5千円 -2020/1/13 2020/1/29
X-A7 最大2万円 -2020/1/13 2020/1/27
EOS M6 Mark II 最大2万円 -2020/1/14 2020/1/31

-SONYレンズ, SONY標準レンズ, カメラ, レンズ

Copyright© とるなら~写真道楽道中記~ , 2019 All Rights Reserved.