「ここだ!こうだ!これだ!」写真・機材道楽の備忘録

とるなら~写真道楽道中記~

SONYレンズ SONY中・望遠レンズ カメラ レンズ

ソニーFE 600mm F4 GM OSS 交換レンズデータベース

投稿日:

このページでは一眼カメラ用交換レンズ「FE 600mm F4 GM OSS」の情報を収集しています。

更新履歴

  • 2019-06-11:正式発表されました。現在ページを更新中です。

レンズデータ

購入早見表

2019年6月18日10時 予約販売開始

レンズデータ

レンズ仕様

 

MTFチャート

レンズ構成図

関連レンズ

海外の評価

DPReview Hands on

見出し(全角15文字)

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

  • APS-Cと組み合わせることで300-900mmの画角をカバーするレンズとなる。
  • セールスポイントはズーミングによる鏡筒の伸縮が無いインナーズーム機構を採用していることだ。これは手持ち撮影でバランスを取る際に有利な方式だ。そしてズーミングによりレンズ内にゴミを吸い込む可能性を低減している。
  • 光学手ぶれ補正は3つのモードを備えている。モード1は「標準」で一般的な撮影に適しており、モード2はパン専用、モード3はダイナミックなスポーツ・アクションに最適な手ぶれ補正モードとなっている。
  • 手ぶれ補正スイッチ、フォーカスリミッタースイッチを備えている。
  • 最短撮影距離は2.4mと見事な仕様では無いが、競合他社も同程度である。
  • オートフォーカスはDDSSM駆動を採用し、一般的な光量では非常に高速でほぼ静音のAF駆動だった。
  • レンズ構成は非球面レンズ1枚、EDレンズ5枚を含む17群24枚だ。11枚の絞り羽根は絞っても円形のボケを維持している。
  • 重量は三脚無しで2.1キロとニコン・シグマ・タムロンと比べて僅かに重い。
  • GシリーズはGMasterシリーズと同程度の防塵防滴仕様では無いが、全体的に耐候性が施されている。
  • 200-600mm Gは8月に2000ドルで発売予定だ。

FE 600mm F4 GM OSS

  • FE600mm F4 GM OSSはG Masterシリーズとして妥協の無いレンズ設計となっている。
  • 600mm F4は市販されている同クラスとしては最小かつ最軽量だ。マグネシウム合金を多用した軽量構造となっている。
  • 比較的軽量だが、40.5mmドロップインフィルターと18群24枚と複雑なレンズ構成だ。これはキヤノンEF600mm F4L IS III USMの13群17枚と比べて顕著である。24枚のレンズのうち、3枚は蛍石、2枚はEDレンズだ。
  • 200-600Gと同様に11枚の絞り羽根を備えている。
  • 操作性は200-600Gと同等だ。フォーカスリングのサイズや位置も同じである。
  • 最短撮影距離は4.5mと競合レンズよりも僅かに長い。
  • デュアルXDリニアモーター駆動でピント距離全域において高速で正確なAFだ。人工照明のアリーナで×1.4テレコンを装着しても非常に良好な動作だった。
  • 8月に13,000ドルで発売予定である。

サイト案内情報

ソニーレンズ関連記事

Facebook

Facebookで最新情報やカメラ・レンズのレビューを発信しています。

「いいね!」を押すとFacebookの最新情報が届きます。

関連ページ

Canon EFマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Canon RFマウント RFレンズ一覧表
Canon EF-Mマウント EF-Mシステム一覧
Canon FDマウント レンズ一覧
Nikon Fマウント 広角域 標準域 中~望遠域 
1 NIKKOR(CX) 一覧
PENTAX Kマウント 広角域 標準域 中~望遠域
Kマウント オールドレンズ一覧表
PENTAX 645マウント レンズ一覧表
SONY Eマウント 広角域 標準域 中~望遠域
SONY Aマウント 広角域 標準域 中~望遠域
FUJIFILM Xマウント 広角域 標準域 中~望遠域
マイクロフォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
フォーサーズ マウント 広角域 標準域 中~望遠域
新興レンズメーカー一覧 中一光学 Laowa Samyang

-SONYレンズ, SONY中・望遠レンズ, カメラ, レンズ