FUJIFILMレンズ FUJIFILM関連の情報 レンズ 新製品情報

富士フイルムが開発中の30mm・110mmのGFチルトシフトレンズ

富士フイルムは2022年9月9日に開催したX Summit NYC 2022において、開発中の「GF30mmF5.6 Tilt/Shift」「GF110mmF5.6 Tilt/Shift」をお披露目しています。

1:13:00あたり

GFチルトシフトレンズの開発はX Summit OMIYA 2022で明かされていますが、しっかりと実物をお披露目するのはこれが初めてですね。焦点距離は噂にあった30mm F5.6(F4ではない)と、初耳となる110mm F5.6を開発中とのこと。今のところ発売時期や価格に関する言及もありません(ロードマップでは2023年)。どちらも44×33mmセンサー用のチルトシフトレンズとしてはコンパクトに見えます。フルサイズより大きなセンサーのカメラに対応するチルトシフトレンズは数少ないので、これらを必要とする商業カメラマンには魅力的な選択肢となりそうです。

ポイント

太字は確定的な情報

X-T5

  • 4000万画素 非積層型CMOSセンサー
  • 積層型CMOSセンサーモデルは登場しない
  • ベースISOが160よりも低くなる
  • 縦位置グリップがない
  • 9月のX Summitでは登場しない
  • 2022年内

その他

  • XF8mmF3.5:2023年
  • XF30mmF2.8 Macro:2022年
  • GF55mmF1.7:2023年
  • GFチルトシフトレンズ:2023年
    ・30mmF5.6

    ・21mmF4
    110mmF5.6
  • タムロン望遠ズームレンズ

(Via XレンズロードマップGFレンズロードマップFuji Rumors)

参考情報

X Summit NYC 2022

X Summit OMIYA 2022

関連記事

-FUJIFILMレンズ, FUJIFILM関連の情報, レンズ, 新製品情報